Web Original

ドイツ夫と日本人妻の「フードファイト」

新婚1年目!
ドイツ夫と日本人妻の「フードファイト」

日本人妻がドイツでの
新婚生活で感じたこと

ドイツ人の男性と結婚した日本人女性。食生活の違いに戸惑う日々を、イラストとともにお届けする本連載も、今回で最終回。
日本人妻が、ドイツ・ミュンヘンでの新婚生活を振り返ります。

不思議だったドイツの光景にも慣れた

「ねえねえ」
「ん、なに?」
「これまで私ばっかりドイツの食生活やあなたの突拍子もない行動にびっくりしてたけど、あなたからは日本の食文化について何か意見はないの? 最後なんだからなんか言ってよ」
「え~、ないよ。ラーメンも牛丼も唐揚げも最高だし。君の作る日本のご飯もヘルシーですごく美味しいよ」
「納豆は?」
「あっ……」
「梅干しは?」
「あぁっ……」

……ということで、これまで約1年にわたってお届けしてきたこの『フードファイト』ですが、第30回の今回をもって最終回となりました。
ミュンヘンに移住してからも同じく約1年。高級レストランの客席の下で長々と寝そべる大型犬を見ても、ビシッとスーツでキメたイケメンサラリーマンがカフェでひとり巨大パフェをつっついていても、夫が皮をむいただけのまるごとの生ニンジンをお弁当箱につめてランチに持って行っても、「ああ、ドイツらしい食の風景だなあ」と目を細めて眺められるようになりました。

スーパーのレジで何か聞かれたのを理解できず、「ビッテ?」と聞き返したら、いじわるな太ったおじさん店員にレシートを投げつけられたのもいまでは笑って話せる思い出(bitteはドイツ語でどうぞ、どうか、すみません、などといろいろな場面で使える便利な言葉です)。
いまでは、家の中での私たちの会話はドイツ語7割、英語2割、日本語1割といったところで、まだまだ先は長いですが、日常の暮らしにはだいぶ困らなくなりました。

<次ページへ続く>

日本食が食べられず困ったことはほぼ皆無

日本食が食べられなくてさぞかしつらい思いをするだろうと思っていたら、こちらも予想外に問題なし。日本食スーパーに行けば割高ながらも基本的なものは問題なく手に入りますし、きちんと美味しい日本食レストランもいくつも発見。もちろん納豆も、冷凍された2~3倍の価格のものですが、ちゃんと買うことができます。

「納豆は本当にくさい! あんなくさくてネバネバしたものよく食べられるよね。しかも朝から!」
「梅干しはなんでこんなに酸っぱい必要があるの?」
なんて夫の発言を「フフフ。あなたには一生わかるまい」なんて含み笑いしながら、夫の苦手な食材はひとりで大切にいただいています。

右往左往する私を全力で支えてくれ、幼児レベルのドイツ語に根気強くつきあってくれる夫には感謝してもしきれないくらいの気持ち。ところが、「ありがとう」を伝えようと思った矢先、“エコ大王”な彼によって暖房の設定温度が勝手に下がっていたり、炊飯器の保温ボタンが切られていたり、いつまでたってもお湯が出てこなくてバスルームで震えていたら、案の定ガスの元栓が占められていたりと、感謝と怒りが相殺されるような毎日を送っています。

<次ページへ続く>

国と国の違いって面白い!

さて、冒頭の会話の続き。
「納豆や梅干しが苦手なんて普通すぎる。もっとなんかないの?」
「ええ~、そんなこと言われても……。えっとえっと、あ、日本で働いていたころ、日本人の同僚に『これは日本人が大好きなスペシャルな貝なんだ』と言われて、緑色の渦巻き状の貝を食べさせられたけど、あれはつらかった! ほとんど呑み込むようにして食べたよ」
「え、サザエのことかな?」
「そうそう、それ!」
「でもあなた、エスカルゴ大好きじゃん」
「エスカルゴと、そのサザエを一緒にしないでほしいな! あとはね、まだピクピク動いている魚の上にのったサシミ!」
「ああ~、活造りね。それはちょっとわかるなあ。でもね、日本には『シロウオの踊り食い』って料理があって……(動画を見せる)」
「ウワァァァァァ! Nein! Mein Gott!」
……と、こんな具合。

夫の奇矯な行動をどこかに記録して、できればみんなにも驚いたり笑ったりしてほしい、というような気持ちで始めたこの連載。いつしか、国と国の違いがこんなに面白いものなのかと、自分自身がすっかり楽しむようになっていました。ましてや日本とドイツ。同じ経済大国、技術国、さらに言えば敗戦国として、人の気質にも似たところがあると語られる両国です。

外国との、そして外国人との、驚くような違いに出合っても、ひそめかけた眉を開いてアハハと笑って、へえ~とうなって、世界のことをもっともっと知って、どーんと受け止めていきたいと、私は思っています。そしてこのコラムを読んだみなさまにも、そんな風にほんの少しでも感じてもらえたら――それほど幸せなことはありません。

またどこかでお会いしましょう!

イラスト/なをこ

2015年5月24日公開

『フードファイト』の他の回もチェック!
「ドイツ人夫と日本人妻の『フードファイト』」一覧
「パンとハムとチーズの無限ループ」
「デンジャラス!? 日本食に挑戦」
「きっかけはパスタ。声を荒らげて大喧嘩」
「チョコレートモンスター」
「想像以上に大変! 婚姻手続き」
「キッチンで見た夫の“奇行”」
「過酷すぎる新婚旅行」
「“旅人メニュー”に一喜一憂」
「5週間の旅で“最高の夜”」
「渡独できない!? 進撃のドイツ語学習」
「日独ゆで卵の作り方合戦」
「日本では考えられない! ドイツ流ジュースの飲み方」
「想像以上に根深い? ドイツ人へのお土産問題」
「本場オクトーバーフェストでの苦い思い出」
「日本人妻の母が見たドイツの七不思議」
「恐るべし……ドイツの結婚式(前編)」
「恐るべし……ドイツの結婚式(後編)」
「ドイツ人男性は甘いものがお・好・き」
「早い! 長い! ドイツのクリスマス」
「個性爆発! 自由すぎるドイツ語学校の生徒たち」
「食べても減らない! ドイツの“焼き菓子地獄”」
「シンプルすぎるドイツのラクレット」
「ふたりに温度差あり? 日独バレンタインデー」
「ドイツの謎の行事「ファッシング」に迫る」
「日本人妻が震える 寒さに強いドイツ人」
「薄切りがない…… 日本人妻が戸惑うドイツの肉事情」
「日本人妻、ドイツでお米に一喜一憂」
「冗談? 本気? ドイツ人のプレゼント」
「日本人が現地で感じた奥深きドイツパンの世界」

<次ページへ続く>

1 2 3 4 5

関連書籍

  • 個室で大切な人と“おもてなし”レストラン
  • 最後の築地
  • ひと味違う 中華街&横浜
  • 大東京23区散歩
  • とっておきの銀座
  • 口福三昧
  • 最強の麺 219軒
  • お値打ちの三ツ星店
  • 移民の宴
  • 綾小路きみまろ公式ファンブック
おとなの週末 Select

人気の特集だけを、
電子版限定でセレクトしました

おとなの週末公式アカウントはこちら
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE