Web Original

白石まるみの「50歳からのおひとりさまデビュー」

白石まるみの
「50歳からのおひとりさまデビュー」最終回

六本木でガッツリ!
ひとりステーキ

 女優の白石まるみさんが、さまざまな場所で“おひとりさま”に挑戦する本連載。ひとまず終了となる今回、最後に選んだ場所は、ガッツリ肉を食べられるお店でした。

肉ではじまり、肉で終わる

この店に行きま〜す♪

「白石まるみの『50歳からのおひとりさまデビュー』」も今回で22回目になりました。読んでくださる皆様のおかげで、記事を出すたびにいつも人気ランキングベスト5に入ることができ、それが励みで毎回楽しく取材させていただいてましたが、今回でひとまず「最後のおひとりさま」になります。

 最後はどこに行こうかなぁ~と考えたのですが、昔から寿司などは 「玉(ぎょく)にはじまり玉(ぎょく)で終わる」というのが粋とか言うじゃないですか~(#^.^#)
ならば私は、この連載がはじまってまもなく行った「ひとり焼肉」にて初のランキング1位を取ったので、肉にはじまり肉で終わろうかと(笑)。
だって私は「肉食女子だから!!」。あはは……。
ってわけで、今回ははじめての「ひとりステーキ」に行ってまいりました。

 ステーキ屋さんっていろいろあるけど、みんなが知ってるチェーン店ではつまらないから、ネットで調べて、できたてホヤホヤ♪な店で気になるステーキを食べてきましたよぉ。

<次ページへ続く>

ライオンがガオーッ!とお出迎え

ライオンと戯れてみました(笑)

 回を重ねるごとに、ひとりでどこにでも入れるようになった私。やってきたのは、六本木『ザ・ステーキ』。店の前に立ち、いつものように戦闘態勢。早速、慣れた手つきでまずは店の外観をパチリ♪ 深呼吸をして、いざ出陣!←(大げさ)

 いきなり正面に大きなライオンの顔が壁に飾ってあってびっくり!!
「なんでライオン?」と聞くと「ライオンのように、肉を食べて欲しいからです」って。

 あ、そういえば、店のHPに「ただ、肉を喰う!ライオンのように、肉を喰らう!!」って書いてあったっけ。
「これ、はく製ですか?」と聞くと「いえ、本物ではありません。でも良くできてるでしょ?(^_-)-☆」と。で、「写真撮ってもいいですか?」と尋ねると「ど~ぞ、ど~ぞ。皆さん、よく撮っていかれますよ。舌も触って見てください。ザラザラして本物そっくりですよ」って教えてくれた関西なまりの店員さん、メッチャ感じがいいの♪

 そこで私は、冗談で「ライオンの肉も出してるの?」と聞いてみたら、「はい。3回に1回は出そうと思ってます」って、普通に答えられた~。やられたぁ(笑)。さすが関西系はノリが良いね。一気にお友だち気分になり、心が開きました。

ステーキで勝負なメニュー構成にびっくり

カウンター席はこんな感じ

 ライオンの口の中に手を突っ込んだり、ひとしきりライオンと遊んだあと席に着いた私。

 店内はテーブル席の他に、長めのカウンターが二本もあって、おひとりさまにはもってこい。迷わず、カウンターの一番端の落ち着く席をキープしてメニューを見ました。

「あれ?メニューこれだけ?」
肉のメニューが、「1ポンドステーキ」(450g)3700円と「1/2ポンドステーキ」(230g)2200円しかないんだもん(・・;)

私、ステーキはせいぜい150gくらいしか食べられないから、量が多すぎる……。どうしようと思ったけど、来たからには食べなくちゃね(汗)。
ライスを小にして、肉は小さい方の230gを注文しました。すると店員さんが「ソースはニンニク入りと、なしとどちらにしますか?」って聞かれたので、すかさず「ニンニク入りで♪」と答えました。
だって、この後、キスする予定もないしねぇ~。わははははっ!!

<次ページへ続く>

ものすごい速さでステーキが登場

「1/2ポンドステーキ」にオリジナルソースをかけたところ、事件が!

 その後、注文して5分もしない内に熱々の赤味リブロースのステーキが目の前に運ばれてきました。その速さにびっくり!!
ミディアムレアで焼かれたステーキに、毎日手作りしてるというオリジナルソースをたっぷりかけて、食事風景を自撮りしてたら服にソースをこぼしちゃって、ドジなまるちゃん(思いのほか、持ってくるのが速くて、エプロンするのを忘れてたの(^_^;))。
そしたら、すかさずお店のスタッフが「大丈夫ですか?」とタオルを持ってきてくれました。優しい♪

 味はというと、まず、肉がメッチャ柔らかい!! そして、にんにくが入った、亜麻色に炒めた玉ねぎのみじん切りの醤油味ソースがとてもサッパリしてて、後をひく美味しさでした(お代わり自由)。ソースがあまりに美味しくてご飯にもかけて食べたほどです(笑)。
絶対残すだろうと思っていたのに、気が付けばペロリと230gを完食してしまいました。これまた、自分で自分にびっくり!!
肉とソースに自信があるからメニューが少ないんだね。最後まで飽きることなく美味しくいただきました。

 また、店内にかかっている曲が「昭和歌謡」だったので妙に落ち着きました。「あ~、この曲が流行った頃、私は何してたかなぁ」なんて昔を思い出しながらひとりステーキを食べる素敵な時間を過ごしました。
お昼は限定「牛すじカレー」を出してるらしいので、絶対また来ようと思います!!

ライオンの顔出しパネルで撮影もできるよ!

【まるみの採点】
レンガと木を使った温かい雰囲気の店内に、おもしろくて優しいスタッフがいて、みなさん感じが良い。料理が出てくるのが速い。そして美味い。女子ひとりで来ても全然大丈夫。
そしてトイレも男女別だし、中におもしろい仕掛けが……。トイレに入ると、自分がライオンになる仕掛けの鏡があるんです(笑)。文句なし!最後にふさわしい美味しい店でした。

今までご購読ありがとうございました。

ひとりでも楽しめる度:★★★
※星の数が多いほどひとりで安心して楽しめます。

■ザ・ステーキ六本木
住所:東京都港区六本木4-10-11 小室ビル 1F/電話番号:03-5413-7945/営業時間:11時半~翌6時(ランチタイムは11時半~カレーがなくなり次第終了)/休み:なし/日比谷線ほか六本木駅6番出口から徒歩3分

2015年5月22日公開

●白石まるみ(しらいし まるみ)/
1962年東京都出身。女優。1978年、ドラマ『ムー一族』主演・郷ひろみの恋人役オーディションで4万人中2位に選ばれ、デビュー。代表作は、ドラマ『意地悪ばあさん』『スチュワーデス物語』『家政婦は見た!』など多数。現在は、ドラマ・映画・バラエティ番組などで活躍。著書『まぁるいシアワセ』(集英社)が発売中。


この他の“おひとりさま”チャレンジをチェック!
白石まるみの「50歳からのおひとりさまデビュー」一覧

<次ページへ続く>

1 2 3 4 5

関連書籍

  • 個室で大切な人と“おもてなし”レストラン
  • 最後の築地
  • ひと味違う 中華街&横浜
  • 大東京23区散歩
  • とっておきの銀座
  • 口福三昧
  • 最強の麺 219軒
  • お値打ちの三ツ星店
  • 移民の宴
  • 綾小路きみまろ公式ファンブック
更新情報
2018/07/23
8月号P106に掲載されていた店名に誤りがありました。『SHIBIRE-NOODLE 蝋燭屋』ではなく、正しくは『SHIBIRE-NOODLES 蝋燭屋』です。訂正してお詫びいたします。
2018/07/23
8月号P106『175°DENO担々麺 GINZa』の店舗情報に誤りがありました。正しくは東京都中央区銀座2-6-16 銀座第2吉田ビル地下1階 (電)03-6264-4044 (営)11時半~22時LO (休)無休 (席)カウンターあり、全21席/全席禁煙 (交)地下鉄有楽町線銀座一丁目駅8番出口から徒歩1分です。訂正してお詫びいたします。
2018/06/14
「最新号の目次」を6月15日発売の7月号に更新しました!
おとなの週末 Select

人気の特集だけを、
電子版限定でセレクトしました

おとなの週末公式アカウントはこちら
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE