MENU
ログイン
新規登録
カテゴリから絞り込む
すべての記事
本誌紹介
お取り寄せ
まとめ記事
まとメシ オリジナルコンテンツ
居酒屋・ダイニングバー
カフェ・喫茶店・スイーツ
カレー
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
アジア・エスニック料理
中華料理
テイクアウト・手土産
バル・バー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ラーメン・つけ麺
弁当
和食
コラム
覆面取材で見つけた間違いない店だけを掲載しているグルメ専門誌『おとなの週末』
酒場の昼カレーが熱い! 夜は酒、昼はカレーの店の実力上昇中 !?

酒場の昼カレーが熱い! 夜は酒、昼はカレーの店の実力上昇中 !?

『薬膳カレー』 だけではない。 本格、格安、大盛りと 酒場の昼カレーが熱い! ビジネスマンも絶賛うれし泣き中!

夜は酒、昼はカレーの店の実力上昇中 !?

ビジネスマンの夜の心の憩いの場・居酒屋が、昼は胃袋の憩いの場になっていた!
それも、アルコールの代わりにカレーという刺激的なヤツと共に!

  なんて“居酒屋”などと書きながら、いきなり登場するのはスナック!
それも本格的なスリランカカレーが味わえる武蔵小山の『スナックコスモス』

本格的なスリランカカレーが味わえる

クマラフィッシュカレー 800円

メニューには“クマラ”だの“ベントラ”だの謎の文言が並ぶが、クマラさんというスリランカ人から伝授されたベントラ地方のカレーらしい。

逆に訳わかんなくなるが、旨そう好奇心は絶好調で 「クマラフィッシュ カレー」800円を食べて驚愕。金目鯛の頭の半割り丸ごとインした、魚旨みとスパイス渾然一体となった都内でも食べられる専門店少ないぞこりゃ!ッつう逸品。

それもこの価格だ。わざわざ行く価値ありまくりである





『もつ千赤坂店』のカレーライスはビジネス街のTHEナイスプライス500円のワンコイン。

プライス500円のワンコイン。

カレーライス500円 + カニクリームコロッケ200円

特筆すべきは、辛味パウダーのみならず、生青唐辛子のみじん切りを好きなだけ入れられるスコヴィル値自由自在っぷり‼

その刺激でたっぷり汗をかき、仕事のストレスを蒸散させるべく赤坂エリートが集いまくる。




茅場町の立ち飲み居酒屋『ドラム缶』のカレーは、セルフサービスでゴハンもルウも大盛り自由に盛り付けられて300円という、居酒屋ランチ界の底値といえる破壊価格。

居酒屋ランチ界の底値といえる破壊価格の300円

カレーライス300円+ハムカツ150円

とはいえ、みんな遠慮して普通盛りにしてるはずと予想するも、お客さん、問答無用の大盛りしまくり。場所は日本株式市場の中心・茅場町。英国のEC離脱で大火傷の方々も、この価格で腹一杯なら明日への投機熱もまた沸き上がる⁉


以上、混沌の世界情勢と関係なく燃え上がる居酒屋ランチカレー情勢でした。

今回の記事の店舗情報

スナック・コスモス(最寄り駅:武蔵小山駅)

もつ千 赤坂店(最寄駅:赤坂駅)

ドラム缶(最寄駅:茅場町駅)

このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連するキーワード
関連記事
これほど男心をくすぐるメニューもそうはないハズだ。カツとカレー。かぐわしく食欲をそそり、パンチも十分。とんかつ店からビストロまで、男を誘う逸品を紹介する! 撮影/瀧澤晃一 取材/池田一郎
カツ丼と並び、とんかつをより魅惑的にするカツカレー。その歴史は意外に古く、元祖的な店がいくつかあるのをご存知だろうか?そこでカツカレーの歴史をひも解きながら、その味がいかに普及に貢献していったのかを大調査! 撮影/谷内啓樹 取材/編集部
カレーの魅力は無限大。つまりカレーはどんどん進化するメニュー。そんな進化し続けるカレーには、本格インドの味わいから、日本独自に生まれたミックス系のものまでさまざま。なかでも東京で注目されているカレー店をフィーチャーします!撮影/西崎進也、貝塚 隆(プラウマカレー、Blakes)  取材/岡本ジュン
新宿エリアをグルメライターが食べ歩いて見つけたカレー店をご紹介!老舗の「カツカレー」から人気店の「なすチキン カレー」まで!
本格とか、インド原理主義とかではなく、日本で歴史を刻んだ〈カレーライス〉は、もはや私達の国民食であり、かけがえのない宝物。これぞ名作と言わしめる、そんな至宝のカレーたちを徹底解剖します!
東京の寿司店で修業を積み、約10年前に地元・横浜で独立。「わざわざ足を運んでもらうような場所なので、握りもひと工夫しています。
全日本さば連合会が4月末よりスタートした「サバレシピリレー~サバトンをわたそう!~」。 その後も「サバトン」(バトンです……)は、北は北海道、南は鹿児島、さらになんとオーストラリアまで! サバレシピが続々と投稿されている。その数は、現在150を超えた。 和洋中、エスニックと、「サバラエティー」にあふれる多彩なレシピが大集合!
“食堂”をコンセプトとする新ブランドの看板は、ゲンコツと背脂、 バラ肉でとった豚100%の清湯ラーメン。スープは、超クリアな“あっさり”と背脂たっぷりの“こってり”から選択できるが、お店の推しは断然“こってり”だそう。
いま最も注目されている飲み屋街、西成。 そのなかでも昔から西成通に愛されている角打ちがある。 それが、17年前にオープンした「山口酒店」。 「立ち呑みの部分だけ間借りしてます。お酒は隣の酒屋から選んでもってきてくださいね」 という名物ママが仕切る、居心地の良い店なのだ。
大正14年(1925)創業。代々続くメニューがずらりと並ぶなかでも、このグラタンはいたってシンプル。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt