MENU
カテゴリから絞り込む
すべての記事
おとなの週末 オリジナルコンテンツ
まとめ記事
お取り寄せ
本誌紹介
ラーメン・つけ麺
カレー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
和食
鍋料理(すき焼き・しゃぶしゃぶ)
ニュース
中華料理
洋食・西洋料理
アジア・エスニック料理
居酒屋・ダイニングバー
バル・バー
カフェ・喫茶店・スイーツ
テイクアウト・手土産
弁当
ファーストフード
おいしくて、ためになる食のニュースサイト
名古屋エリア限定グルメ情報(11) 台頭する喫茶チェーンに宣戦布告! 岐阜市にオープンした喫茶店の挑戦

名古屋エリア限定グルメ情報(11) 台頭する喫茶チェーンに宣戦布告! 岐阜市にオープンした喫茶店の挑戦

総務省統計局「経済センサス」(平成26年)によると、岐阜県の人口10万人あたりの喫茶店数は、142.9店と全国2位。ちなみに1位は高知県で156.4店。愛知県は3位で113.1店。と、いうことで、岐阜県も全国屈指の喫茶王国なのだ……。

perm_media 《画像ギャラリー》名古屋エリア限定グルメ情報(11) 台頭する喫茶チェーンに宣戦布告! 岐阜市にオープンした喫茶店の挑戦の画像をチェック! navigate_next

台頭する喫茶チェーンに宣戦布告! 岐阜市にオープンした喫茶店の挑戦/名古屋エリア限定グルメ情報(11)

名古屋は喫茶王国と呼ばれるほど喫茶店が多い。
が、店主の高齢化や後継者不足などで閉店を余儀なくされている店もある。

その代わりに台頭しているのが、喫茶チェーンだ。

東海地方では、1968(昭和43)年に創業した『コメダ珈琲店』が圧倒的なシェアを誇るが、名古屋にチェーン本部がある『支留比亜珈琲店』や岐阜の『さかい珈琲』、東京の『星乃珈琲店』、『元町珈琲』など、今や喫茶チェーンは戦国時代の様相を呈している。


そんななか、第三極となり得る喫茶店が今年9月23日にオープンした。

岐阜市八代にある『cafe しょぱん NAGARA』がそれだ。

総務省統計局「経済センサス」(平成26年)によると、岐阜県の人口10万人あたりの喫茶店数は、142.9店と全国2位。

ちなみに1位は高知県で156.4店。

愛知県は3位で113.1店。

と、いうことで、岐阜県も全国屈指の喫茶王国なのだ。


ひと昔前、愛知県や岐阜県の喫茶店にとって売り上げのメインはランチだった。

が、現在は周囲に牛丼やうどんなどの外食チェーンが進出し、個人経営の店ではとても太刀打ちできない状況にある。


「12時以降はパスタとパン、コーヒー(または紅茶)のセットを用意していますが、正直、ランチにはあまり力を入れていません。

それよりもほかの店のランチが終わる14時以降が勝負だと思っています。この時間帯に食べたくなるようなメニューをいかに充実させるかを考えました」と、オーナー。

その狙い通り、まだオープンから1ヶ月も経っていないにもかかわらず、14時ごろに店へ行くと、店の前には行列ができていた。

しかも、9割以上は女性。

客たちの目当ては、プリン液に浸したバゲットを専用の鉄板で焼き上げた「パンプディング プレーン」(450円)。

ホイップクリームがたっぷりとかかっていて、フワフワの食感。

焦げたカラメルソースのほろ苦さも心地良いアクセントとなっている。

こちらは、大きくカットしたバナナとアイスクリーム、チョコレートソースをくわえた、いちばん人気の「パンプディング チョコバナナ」(650円)。

ベースとなるプリンとホイップクリーム、カラメルソースと、トッピングが複雑に混ざり合うのがパンプディングの醍醐味だろう。


マロンクリームと大粒の栗、アイスクリームをトッピングした「モンブラン」(700円)も人気。

今のところ、レギュラーメニューはこれら3種だが、今後は旬のフルーツなどを使った季節のパンプディングも用意するという。


また、モーニングもすでに口コミで評判を呼び、開店前から行列ができているという。

それもそのはず、なにしろ、ドリンク代(コーヒーは420円)のみで、毎朝オーブンで焼き上げる大きな自家製パンとスープ、ポテトサラダ、メープルシロップのセットが付くのだ。

焼きたての自家製パンは香ばしく、フワフワ&モチモチの食感。男性でもこれ1個で十分に満腹になる。

これがドリンク代のみのサービスとはスゴイ!


「パンプディングとこのモーニングを二本柱に、愛知県にもどんどんチェーン展開していきます」と、オーナーの鼻息は荒い。

東京の喫茶チェーンの進出を地元チェーンによって食い止めることができれば、喫茶王国としての面目を保つことができるというものだ。

cafe しょぱん NAGARA
岐阜県岐阜市八代1-1-29/[TEL]058-201-5333/[営]7時~22時/[休]無




永谷正樹(ながや・まさき)
1969年生まれのアラフィフライター兼カメラマン。名古屋めしをこよなく愛し、『おとなの週末』をはじめとする全国誌に発信。名古屋めしの専門家としてテレビ出演や講演会もこなす。

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
このグルメ記事のライター
永谷正樹

1969年愛知県生まれ。名古屋を拠点に活動するカメラマン兼ライター。地元目線による名古屋の食文化を全国発信することをライフワークとして、グルメ情報誌や月刊誌、週刊誌、グルメ情報サイトなどに写真と記事を提供。https://twitter.com/shuzaiya

関連記事
50歳を過ぎると、コッテリ系のラーメンを受け付けなくなる。町中華で食べるような、アッサリ系のラーメンを探すも、なかなか美味しい店に巡り合うことがない。 そんななか、愛知県三河地方に出張へ行ったある日、見つけてしまったのである。50歳過ぎのおっさんが心の底から求めていた、究極のアッサリ系ラーメンを……!
新型コロナウィルスの影響で、コロナ禍でオープンした店は、コンセプトにまずテイクアウトありきでメニューの構成を考えている。2020年11月、名鉄瀬戸線清水駅前にオープンしたばかりの『すし 葵』もその一つ。 イートインでも、テイクアウトでも、日常使いにぴったりのリーズナブルな寿司店として、この店を紹介しよう。
友達や仲間、恋人とお酒を楽しむのもイイが、がんばって仕事をした後や、なにか考え事をしたいときに、フラッと1人でバーへ立ち寄りたい。 バー応援企画、最終回となる今回は1人飲みにぴったりのバーを紹介しよう。
お酒を飲んでいると、口休めに甘いものを食べて口の中をリセットしたくなることはないだろうか?パフェやアイスクリームのような重たいものではなく、フルーツなどあっさりしたものを欲してしまう。バー応援企画の第2回目は、そんなときにオススメの店を紹介しよう。
新型コロナの新規感染者が減少し、ひと頃と比べると、名古屋の街にも活気が戻ってきたように見える。しかし、まだまだ客足が遠のいたままの業種がある。それがバーだ。そこで今回は、名古屋市内のバーの応援企画として、私、永谷正樹がオススメするバーを全3回にわたって紹介しよう。
最新記事
キンと冷えた汁をゴクリとやると、すぐさますだちの涼しげな香りが鼻腔を抜ける。細打ちの蕎麦は喉をすべり落ち、その冷たさを直接胃まで運んでくれるようだ。
「東京ディズニーリゾート」の魅力は、人気アトラクションや華やかなショーだけではありません。パーク内のレストランなどで提供される料理の数々も、多くの人を惹きつけてやまない大きなポイントのひとつです。東京ディズニーリゾート初の公式レシピ本『Disney おうちでごはん 東京ディズニーリゾート公式レシピ集』(講談社)が刊行されました。本書では、東京ディズニーランド開園初期や東京ディズニーシー20周年記念のメニューまで、数万点の料理の中からパークの超一流シェフ6人が推す計62のレシピを紹介。パークの代表的なスイーツ「チュロス」ももちろん載っています。『おとなの週末Web』では、その中から3品を厳選。3回に分けてお届けします。
約20年前、世界各地を放浪していた私は、カンボジアの首都プノンペンをひとり歩いていたところ、全速力で走ってきた見知らぬおばちゃんに抱きつかれ……。カンボジアとベトナムを股にかけたインドシナの夜を前編・後編に分けてお届けします。
なんだかんだ言って、ジャンクで高カロリーなものって美味しいですよね。でも食べたあとに後悔することもあるわけで……。そんな罪悪感とは無縁かつヘルシーで美味しいものが東京・八重洲地下街の『2foods』でいただけるというお話しです。
get_app
ダウンロードする
キャンセル