SNSで最新情報をチェック

台湾ローカルな屋台料理をテーマにしたというこちらは、シェフもスタッフも全員台湾人。食材や、醤油、米酒、八角などの調味料も現地から取り寄せ、カジュアルにして本場の味にこだわっている。

画像ギャラリー

【閉店】台湾MACHI(最寄駅:神田駅)

たとえば、人気の鍋料理「三杯鶏」。生姜や台湾バジルのグッと来る香りに、やや甘辛かつ香ばしい鶏肉の味がなんとも深し。香辛料の刺激に殻付きエビの塩気と香ばしさがいい「塩酥海老」もビールを呼ぶ。いずれも気軽に楽しめるのもいい感じ。サクサクかつ巨大な台湾のチキンカツ「鶏排」や甘辛く煮込んだ角切りの豚バラ肉が乗る「滷肉飯」もウリで、ランチではお得なセットも大人気だ。

三杯鶏、塩酥海老、干し豆腐サラダ

680円、680円、450円

滷肉飯

580円

特製醤油ダレで煮込み、ひと晩置くことで味が染みる。少し甘辛な角切りの豚バラはジューシーでコクあり

鶏排

600円

熱々のサクサクで台湾胡椒が振られてスパイシー。皿から溢れんばかりの大きさ

【閉店】台湾MACHIの店舗情報

[住所]東京都千代田区鍛冶町1-3-7 奥野ビル1階 [TEL]03-5296-8113 [営業時間]11時~15時、17時~23時(土・祝通し営業~21時)※ランチタイム有 [休日]日 [席]カウンターあり、全24席/分煙/予約可/カード可 [交通アクセス]JR中央線ほか神田駅南口から徒歩1分 ※価格はすべて税別

電話番号 03-5296-8113

撮影/貝塚 隆 取材/池田一郎

2020年1月号発売時点の情報です。

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。

この記事のライター

関連記事

あなたにおすすめ

最新刊

少しだけ落ち着きを取り戻してきた今日この頃。ちょっと陽気に外食を楽しみたい!というわけで、トレビアー...