MENU
ログイン
新規登録
カテゴリから絞り込む
すべての記事
本誌紹介
お取り寄せ
まとめ記事
まとメシ オリジナルコンテンツ
居酒屋・ダイニングバー
カフェ・喫茶店・スイーツ
カレー
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
アジア・エスニック料理
中華料理
テイクアウト・手土産
バル・バー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ラーメン・つけ麺
弁当
和食
コラム
覆面取材で見つけた間違いない店だけを掲載しているグルメ専門誌『おとなの週末』
心ときめく「昭和のご馳走」!ハンバーグ部門Best9!(ハンバーグ/東京)

心ときめく「昭和のご馳走」!ハンバーグ部門Best9!(ハンバーグ/東京)

昭和のご馳走といえば大人も子供も大好きなハンバーグにオムライス、そしてケチャップ味が郷愁を誘うナポリタンが定番。その中から今回はハンバーグを大特集!昔懐かしい美味を守る名店9軒へとご案内!

洋食キムラ(最寄駅:桜木町駅)

ハンバーグセット 1320円

特徴はタネに生パン粉と生の玉ねぎをたっぷり入れ、フワッとした食感になるよう工夫された独特の軟らかさ。スパイスが馴染むよう仮焼きしてひと晩寝かせ、提供直前に本焼きしている。隠し味に梅酒を加えた甘めのデミグラスソースは、艶やかな照りとうっとりするほど濃厚なコクがたまらない。  黒い器に黄色く映える卵は貝の中の真珠をイメージし、見た目も楽しく美しく、そして栄養価も考えた。細部まで計算された初代の思いが詰まっている。

神奈川県横浜市中区野毛町1-3 [TEL]045-231-8706 [営]11時半~14時LO、17時~21時LO、土11時半~21時LO、日・祝11時半~20時LO [休]月(祝の場合は営業、翌火休) [席]1階〜3階テーブル席、計80席/全席禁煙/コースのみ予約可/カード不可/サなし [交]JR線ほか桜木町駅西口から徒歩8分

グリル ビクトリヤ(最寄駅:鶯谷駅)

手ごねハンバーグランチセット 1300円(夜は1400円)

人気のハンバーグは、注文を受けると肉を挽くことから始まる。A5ランクの黒毛和牛と栃木の銘柄豚を店内の機械で挽き、つなぎを入れてこね、形成して焼く。だから時間と手間がかかる。だが、それほどまでに挽きたて・作りたてにこだわるのは「肉の臭みが出ないし、より美味しくなるから」と2代目の大原俊一さんは言う。表面はカリッと、中はソフトに焼き上げれば、まさに出来たての味わい。 デミグラスソースは先代から受け継ぐ味を研究して独自に完成させたもの。牛スジや野菜をたっぷり使い、1ヵ月以上かけて仕込む渾身のソースだ。

東京都台東区根岸3-12-18 [TEL]03-3873-4841 [営]11時~14時(13時45分LO)、 17時~21時(20時45分LO) [休]水 [席]カウンター4席、テーブル席18席、計22席/分煙/夜は予約可/カード不可/サなし [交]JR線鶯谷駅北口から徒歩4分

洋食バル ウルトラ(最寄駅:経堂駅)

ハンバーグステーキ温泉玉子付き(ランチ) 1000円

下北沢で33年以上営業し、7年前に閉店した人気店「洋食屋マック」の味を受け継ぐ。店主が他界後、イタリアンなどで経験を積んでいた息子の石田幸路さんが洋食バルとして店名も新たに経堂でオープンした。マックの最後の4年半を父の元で修業した石田さんは「どの店より厳しかった」と振り返る。 伝承するいくつかのレシピの中でも、長年愛されているのがハンバーグ。時季ごとに肉質を見極めて仕入れる合挽き肉を使い、焼く時に白ワインを加えて蒸し焼き風にして仕上げる。ご飯に合うよう日本酒や醤油を入れた特製ソースとも相性抜群だ。

東京都世田谷区経堂1-19-2 松菱ビル1階 [TEL]03-6413-9326 [営]11時~15時、18時~24時(23時LO) [休]日、第1月 [席]カウンター8席、テーブル18席、計26席/ランチは全席禁煙、夜は分煙/夜は19時までの入店は予約可/カード可(VISA・MASTER)/サなし [交]小田急線経堂駅南口から徒歩2分

ハンバーグの店モンブラン浅草店(最寄駅:浅草駅)

鉄板焼きハンバーグステーキ フランス風 950円

国産の牛肩ロース肉100%を使った手ごねハンバーグ。鉄板でジュージューと音を立てて運ばれてくる。基本ソースの味は6種類から選べ、写真はワインとマッシュルームが入ったコクのあるデミグラスソースで味わう「フランス風」。ほかに濃厚チーズソースの「オランダ風」(950円)などがある。家族連れにも人気だ。

東京都台東区浅草1-8-6 [TEL]03-5827-2771 [営]11時~22時 [休]水(祝の場合は営業、翌木が休み)

キッチンパンチ(最寄駅:中目黒駅)

ハンバーグ(ご飯・味噌汁付き) 1050円

街の変化が著しい中目黒で50年近く営業を続ける洋食店。目玉はなんといってもハンバーグ。手ごねにしたタネを、表面はパリッ、中はふんわりと焼き上げる。肉汁あふれるハンバーグに自家製のデミグラスソース、半熟の目玉焼きとよく絡め、コク豊かにして召し上がれ。またフライ類を追加する「のっけ」(330円~)メニューも。

東京都目黒区上目黒2-7-10 [TEL]03-3712-1084 [営]11時半~14時半LO、18時~20時50分LO、土はランチのみ [休]日・祝、第3土、年末年始

じれっ亭(最寄駅:旗の台駅)

ハンバーグじれっ亭風 650円

有名洋食店で腕を磨いたのち、1980年に自身の店をオープン。修業先の味にアイデアを加えた料理はすべて手作りで美味。中でもジューシーに焼き上げるハンバーグ(150g)は細かく刻んだ野菜を酸味あるソースにしたじれっ亭風、和風、ドミグラス、イタリアンなど数種揃う。太麺をよく炒めたナポリタンもおすすめ。

東京都品川区旗の台2-9-22 [TEL]03-3787-8931 [営]11時~15時、17時~21時半 [休]日、年末年始 [交]旗の台駅東口から徒歩2分

洋食屋大越(最寄駅:麻布十番駅)

ハンバーグ(ライス付き) 770円

太麺を使ったスパゲッティと並ぶ人気メニューのハンバーグは、表面を焼いた後、自家製デミグラスでじっくり煮込むタイプ。むっちりとした食感で、しっかり染み込んだコクのあるソースと肉の旨みが重なり合うマイルドな味わいが、クセになる旨さ。

東京都港区東麻布3-4-17 [TEL]03-3583-7054 [営]11時~20時(土~15時) [休]日、年末年始 [交]東京メトロ南北線・大江戸線 麻布十番駅6番出口より徒歩1分。

キッチンチェック(最寄駅:池袋駅)

ハンバーグ(150g・ライス付き) 1000円

牛・豚合挽き肉の柔らかいハンバーグはナイフを入れると肉汁があふれる旨さだ。オープンキッチンなので料理人の華麗な手さばきを眺めながら料理を待つ時間も楽しい。ほかにも「オムライス」900円など定番の洋食メニューが並んでいる。

東京都豊島区西池袋1-37-12 ロサ会館1階 [TEL]03-3985-1926 [営]11時~23時LO [休]年末年始

キッチン アオキ(最寄駅:飯田橋駅)

ハンバーグ(ライス・味噌汁付き) 950円

創業は1968年。フライ類やカレーが人気の洋食店。だが、ハンバーグもファンの多いひと品。なめらかかつ、ほどよい食感が残るように手ごねされたタネをふっくらと焼き上げる。そこに自家製デミグラスをたっぷり。口の中で肉や玉ねぎの甘みとソースのコクや酸味が絡み合い、なんともご飯が進む味わいだ。

東京都千代田区飯田橋4-8-11 [TEL]03-3264-0869 [営]11時~20時50分LO [休]土・日・祝、年末年始 [交]東京メトロ東西線 飯田橋駅から徒歩1分、JR中央線(各駅停車) 飯田橋駅から東口 徒歩2分、都営地下鉄大江戸線 飯田橋駅から徒歩3分、東京メトロ有楽町線・南北線 飯田橋駅から徒歩4分

このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
どんなジャンルであれ商売の世界では、お客様へどれほどの満足と感動をお届けできるかが大事。そしてその世界に到達するには、掛け値なしの日々の努力が肝要だ。そんな 「真の感動」をもたらす取り組み方について語る、人気対談企画の第2回目。今回は四川料理人の菰田欣也さんと、高級化粧品会社の代表・小林章一さんが、熱く共鳴し合いました。
1085views まとめ記事
今日は絶対に肉が食べたい!定期的にそんな日が訪れますよね。ここでは美味しいお肉料理が食べられる人気店を、グルメライターが実食調査して、本当におすすめしたいお店だけをご紹介します!安く味わえるランチの時別メニューも必見です。
博多・天神エリアを中心に、ご当地の名物グルメを知り尽くした現地調査員たちが、本当に旨いお店を厳選!中でも特におすすめしたい情報だけをまとめました。地元の人はもちろん、出張で訪れた際にも、ぜひ参考にしてください!
寒くなると食べたくなる料理の代表といえば「お鍋」!お肉、魚介類、たっぷりの野菜を、各店オリジナルのこだわり出汁でいただけば、至福の時間が訪れること間違いなし!今回はグルメライターが実食して見つけたおすすめ店を、厳選してご紹介していきます。
20279views まとめ記事
グルメ雑誌「おとなの週末」のライターが実際に食べ歩き調査したデカ盛り情報を厳選してご紹介!もちろん量が多いだけではなく、美味しさもお墨付き!定番のラーメン・焼肉・定食から、オリジナリティ溢れる料理まで、魅力的なメニューが続々登場します♪
モツ好きでこの店の味に唸らない人はいまい。備長炭で焼く芳しい串に奥深き味噌味の煮込み、加えてワイワイ陽気な喧騒にハマったら最後、ヤエチカに通うことになる。
東京の寿司店で修業を積み、約10年前に地元・横浜で独立。「わざわざ足を運んでもらうような場所なので、握りもひと工夫しています。
全日本さば連合会が4月末よりスタートした「サバレシピリレー~サバトンをわたそう!~」。 その後も「サバトン」(バトンです……)は、北は北海道、南は鹿児島、さらになんとオーストラリアまで! サバレシピが続々と投稿されている。その数は、現在150を超えた。 和洋中、エスニックと、「サバラエティー」にあふれる多彩なレシピが大集合!
“食堂”をコンセプトとする新ブランドの看板は、ゲンコツと背脂、 バラ肉でとった豚100%の清湯ラーメン。スープは、超クリアな“あっさり”と背脂たっぷりの“こってり”から選択できるが、お店の推しは断然“こってり”だそう。
いま最も注目されている飲み屋街、西成。 そのなかでも昔から西成通に愛されている角打ちがある。 それが、17年前にオープンした「山口酒店」。 「立ち呑みの部分だけ間借りしてます。お酒は隣の酒屋から選んでもってきてくださいね」 という名物ママが仕切る、居心地の良い店なのだ。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt