MENU
ログイン
新規登録
カテゴリから絞り込む
すべての記事
本誌紹介
お取り寄せ
まとめ記事
まとメシ オリジナルコンテンツ
居酒屋・ダイニングバー
カフェ・喫茶店・スイーツ
カレー
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
アジア・エスニック料理
中華料理
テイクアウト・手土産
バル・バー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ラーメン・つけ麺
弁当
和食
コラム
覆面取材で見つけた間違いない店だけを掲載しているグルメ専門誌『おとなの週末』
名古屋エリア限定グルメ情報(21) 名古屋駅中央北口改札の目の前! 帰省シーズンに立ち寄りたい『驛釜きしめん』

名古屋エリア限定グルメ情報(21) 名古屋駅中央北口改札の目の前! 帰省シーズンに立ち寄りたい『驛釜きしめん』

もうすぐ年末年始の帰省シーズン。早朝に到着または出発する電車やバスで名古屋駅を利用される方も多いと思う。朝食に喫茶店で名古屋ならではの豪華なモーニング……もイイのだが、たくさんの荷物を持って歩くのはツライ。そこで、名古屋駅構内にあるとっておきの店を紹介しよう。

名古屋駅中央北口改札の目の前! 帰省シーズンに立ち寄りたい『驛釜きしめん』


もうすぐ年末年始の帰省シーズン。

早朝に到着または出発する電車やバスで名古屋駅を利用される方も多いと思う。

朝食に喫茶店で名古屋ならではの豪華なモーニング……もイイのだが、たくさんの荷物を持って歩くのはツライ。


そこで、名古屋駅構内にあるとっておきの店を紹介しよう。

名古屋駅の中央北口改札を出て、すぐ目の前にある『驛釜きしめん』がそれ。

朝7時から夜11時までの通し営業。

朝、昼、夜と時間を問わず、ひっきりなしに多くの客が訪れている。


開店から朝10時まで朝定食を用意。

写真は「選べるミニきしめん定食」(650円)。

温か冷のいずれかを選べるミニきしめんと天むす、だし巻き玉子、日替わりの小鉢のセットだ。

朝定食は、ほかにも「しらすご飯とミニきしめん定食」(750円)と、「納豆定食」(平日限定・500円)を用意している。

さて、肝心な味だが、もちもちとした麺の食感と、噛むごとにジュワッと広がるつゆの味が心を和ませてくれる。

地元を離れて暮らしている人は、郷里に帰ってきたことを実感するだろう。


ちなみに、麺は創業明治23年の老舗製麺店「よしだ麺」から仕入れている。

小麦と塩のみを使い、昔ながらの製法で仕上げた麺はグミのようなもっちりとした歯ざわりが自慢だ。

ここ、『驛釜きしめん』が面白いのは、メニューごとにつゆが選べること。

写真は大ぶりな海老天がのる「天ぷらきしめん」だが、定番の醤油のほかに味噌も用意しているのだ。

味噌はもちろん、名古屋ならではの豆味噌。

濃厚なつゆが染み込んだ麺もさることながら、赤茶色に染まった海老天の旨いこと!


私なら、ご飯に日替わりの小鉢、漬物が付く「ご飯セット」(260円)か、「天むす」(2個280円)を迷わず注文する。


店の自信作は塩味。自家製の「塩かえし」は、輪島沖舳倉島産と瀬戸内岡山産などの塩をブレンド。

ダシは北海道産昆布と厚削りの鰹を贅沢に使用している。

写真は炙ったコーチンのもも肉をのせた贅沢な「コーチン南蛮きしめん」(1030円)。

ただでさえ美味しいつゆにコーチンの旨みも相まって、旨さは倍増。

つゆは醤油も用意しているが、絶対に塩がオススメだ。


昔ながらのきしめんのつゆは、ムロアジベースのダシにたまり醤油(または白醤油)を合わせたものである。

が、具材の味を引き立てる塩や味噌のつゆは、きしめんの持つ可能性を大きくしたといえるだろう。

驛釜きしめん
愛知県名古屋市中村区名駅1-1-4 名古屋中央通り
[TEL]052-569-0282
[営業時間]7時~23時(22時半L.O.)
[定休日]無休





永谷正樹(ながや・まさき)
1969年生まれのアラフィフライター兼カメラマン。名古屋めしをこよなく愛し、『おとなの週末』をはじめとする全国誌に発信。名古屋めしの専門家としてテレビ出演や講演会もこなす。

このグルメ記事のライター
永谷正樹@まとメシ

名古屋メシの専門家として、実際に食べてみて本当に美味しかったものや、名古屋のグルメ事情について、好き勝手に書き綴る。

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
4、5年前、全国的にブームとなった牛かつ。 それまで名古屋では牛かつを食べる文化はなかったが、数多くの専門店が出店し、ブームの終焉とともに消えていった……。 そんななか、今でも多くの客に支持されている店がある。 それが、名古屋・桜山にある『牛かつ とんかつ じょじょ吉』だ。
名古屋駅前の柳橋中央市場からほど近い和食店『柳橋 魚しゃぶ 濱の季』は、旬の魚介をだしにくぐらせて、ポン酢やごま醤油、土佐醤油など6種類のたれでいただく「魚しゃぶ」が名物。 そんな名店で、夏を迎えるにあたって注目したいのが『濱の季』のテイクアウト。とにかくお値打ちなメニューがいっぱいあるのだ……。
名古屋・柳橋の近くにある『銀座あしべ』は、愛知県・知多半島産の魚介をふんだんに使った寿司と、40日間熟成させた鹿児島県産の北さつま牛の熟成肉が看板メニュー。 これまでは夜のみの営業だったが、4月からランチ営業(11時~14時)とテイクアウトをスタートさせた。いずれも高級店の味がお値打ちに楽しめるとあって、好評を博している。
JR名古屋駅構内でモーニングや味噌カツ、鉄板ナポリタン、あんかけスパなどの名古屋めしを楽しめるのが、名古屋うまいもん通り広小路口にある『なごめしカフェ トラッツィオーネ ナゴヤ』だ。 新型コロナウイルスの感染拡大防止でGW中も閉店していたが、5月14日(木)より併設する『ぴよりんshop』のテイクアウト営業が再開した。
名古屋・今池に24時間営業の居酒屋チェーンの本店がある。その名も『やぶ屋 今池本店』。 名古屋人にとってはなじみ深すぎて、街にあるのが当たり前の居酒屋なのだが、実は定番の名古屋めしから創作系まで実に幅広いメニューがテイクアウトでき、しかもその再現率120%の逸品ぞろいなのだ!
水切り、混ぜる、刻む。 1台3役の調理器具、「Toffy 3WAY サラダスピナー」が便利でいいというハナシを聞いて……。 自粛中ということもあり、ネットでポチっと購入。 さっそくいろいろな料理に使ってみました。
“恵み”を意味する『ALMA』では、東北六県の魚介類や野菜の仕入れにこだわり、各地の魚屋や農家と密に連携し毎日の食材を取り揃えている。写真の自家製の平打ちパスタにごろっと入るのは、もちろん六県各地の漁港から集まった新鮮なムール貝、ホタテ、サザエにツブ貝たち。
店頭の焙煎機で自家焙煎された、オススメのコーヒー豆が壁際に10種類ほど。極力環境にやさしい栽培で、丁寧に収穫された豆を、肩肘張らずに扱っている。
この店の厨房を預かるシェフは御年70歳に近い大ベテラン。その手から生まれるカレーは「昔ながらの優しい味」と店主のチェトリさん。
2020年6月、とんでもなくスペシャルなサバ缶がデビューを果たした。その名は「とろさばプレミアム缶」。お値段はなんと「3缶1万円」! 1缶あたり「3333円」と、おそらく「日本一高いサバ缶」凄さは、価格だけではない。 今回は、素材から製造まで、とことん「プレミアムすぎる」サバ缶の魅力に迫った。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt