MENU
カテゴリから絞り込む
すべての記事
おとなの週末 オリジナルコンテンツ
まとめ記事
お取り寄せ
本誌紹介
ラーメン・つけ麺
カレー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
和食
鍋料理(すき焼き・しゃぶしゃぶ)
ニュース
中華料理
洋食・西洋料理
アジア・エスニック料理
居酒屋・ダイニングバー
バル・バー
カフェ・喫茶店・スイーツ
テイクアウト・手土産
弁当
ファーストフード
おいしくて、ためになる食のニュースサイト
撮り鉄の「食」の思い出(32) 「栗きんとん」の食べ比べと、紅葉の中央西線/2000年~2014年

撮り鉄の「食」の思い出(32) 「栗きんとん」の食べ比べと、紅葉の中央西線/2000年~2014年

関東生まれの私には「栗きんとん」といえば、やっぱりお節料理の定番ですが、中央西線の中津川には、おいしい和菓子の「栗きんとん」があります。今年からは“中津川栗きんとん”と名乗り始めました。たくさんの和菓子屋さんがそれぞれの味を誇っています……。

perm_media 《画像ギャラリー》撮り鉄の「食」の思い出(32) 「栗きんとん」の食べ比べと、紅葉の中央西線/2000年~2014年の画像をチェック! navigate_next

「栗きんとん」の食べ比べと紅葉の中央西線/2000年~2014年


関東生まれの私には「栗きんとん」といえば、やっぱりお節料理の定番ですが、中央西線の中津川には、おいしい和菓子の「栗きんとん」があります。

今年からは“中津川栗きんとん”と名乗り始めました。

たくさんの和菓子屋さんが、それぞれの味を誇っています。


中央本線は東京駅~新宿駅~塩尻駅~名古屋駅を結ぶ400 Km近い路線ですが、このうち塩尻駅~名古屋駅間は中央西線と呼ばれています。

特急列車は名古屋駅と長野駅を結ぶ特急しなの、現在ではステンレスの車両で運転、少し前までは国鉄型の車両で走っていました。


[現在走っている383系電車の特急しなの(2008年撮影)]


[以前は国鉄型の特急381系が走っていた(2000年撮影)]



この国鉄型の特急列車を撮影しに、たびたび訪問していたのが中津川です。

隣の落合川駅はダムの湖畔の駅で、近くに美しい鉄橋があり、丘の上からはダムと列車をいっしょに撮影できます。

[中津川駅~落合川駅間の風景、ダムと列車が撮影できる(2006年撮影)]



秋になれば紅葉です。

この一帯はヒノキなどの針葉樹が有名ですが、沿線には意外なほど広葉樹が多くて秋にはきれいに色づきます。

[紅葉の風景が美しい中央西線沿線(2010年撮影)]



峠に行けば見えてくるのが、紅葉する針葉樹のカラマツです。

色づいた針葉樹も独特な美しさがあって、一面の黄金色に目を奪われます。

[中山道の鳥居峠を行く特急しなの。カラマツの紅葉が美しい(2010年撮影)]


山間部を走る中央西線ならではの撮りどころが「貨物列車」


この路線で鉄道ファンに大人気なのが、貨物列車です。

日本各地で、国鉄のころから走っていた古い機関車が、新型のスマートな車両に変わってきています。

そんななかでも、中央西線には武骨なスタイルの機関車が、急こう配を登るために2両連結して走っています。

大きなモーター音を上げて走る姿を見に、たくさんの鉄道ファンが訪れています。

[国鉄時代の機関車、EF64が2両でけん引する貨物列車(2010年撮影)]


中央西線、中津川の「栗きんとん」は、やっぱり格別!



秋になって、紅葉や貨物列車を求めて中央西線の撮影に行くと、食べたくなるのが“栗きんとん”です。
 
関東生まれの私は「栗きんとん」といえば、むき栗を甘く煮付けて餡をまとわせたものです。

お節料理の定番で、子どものころに真っ先に食べつくし、怒られたアレです。

[関東で「栗きんとん」といえばこれ(我が家のおせちです……)]


ところが、中津川で「栗きんとん」といえば、栗と砂糖だけで作られた、絞った形の和菓子です。

まったくの別物です。

[中津川の「栗きんとん」はこんな感じ(2014年撮影)]



今年(2018年)からは、“中津川栗きんとん”と名乗っています。

パンフレットに記載してある和菓子屋さんだけでも14軒もあります。

街中を歩きながらお店巡りをするのが楽しいと思うのですが、撮影中にそれほど時間はとれません。

ありがたいことに、中津川駅前にある中津川観光センターにぎわい物産館には、各店の商品が並んでいます。

あまりにも種類がありすぎて選べなかったので、地元の方らしき人に尋ねてみましたが、びっくりするくらいそれぞれのオシ店があって、和菓子屋さんを選べません。

[中津川駅。このすぐ横に物産館がある(2006年撮影)]




そんなときは、この物産館で売っている各店の「栗きんとん詰合せ」です。

2種類あって、それぞれ7種の栗きんとんとお茶をセットにしてあります。
 

このときは詰合せを2種類、さらにセットに入っていないもの1種を購入し、結局コンプリートして帰りました。

[2種類の「栗きんとん詰合せ」(2014年撮影)]


[詰合せの中身はこんな感じ(2014年撮影)]



いくつか空けてみ並べてみます。

見た目も、色や残った栗の粒の大きさなど、それぞれです。

食べ比べてみると……おもしろい!

栗そのものを食べているような食感の良いもの。

ほろっとほどけるような食感で薫り高いもの。

マロンクリームのように滑らかなもの。
  ・
  ・
  ・
それぞれに特徴があります。


[見た目も店によって違う(2014年撮影)]



ただ、せっかくパンフレットに味の感想を書きながら食べたのに、そのパンフレットが見
つからなくなり、どの店がどんな味だったのか曖昧になってしまいました。

また改めてチャレンジして、私のオシ店を決めようと思っています。


なお、2018年の詰合わせ発売は、9月1日から12月14日まで。

買いに行く場合は、中津川観光協会のホームページなどでご確認を。







佐々倉実(ささくら みのる)
 鉄道をメインにスチール、ムービーを撮影する“鉄道カメラマン”、初めて鉄道写真を撮ったのが小学生のころ、なんやかんやで約50年経ってしまいました。鉄道カメラマンなのに撮影の8割はクルマで移動、列車に乗ってしまうと、走るシーンを撮影しにくいので、いたしかたありません。そんなワケで年間のかなりの期間をクルマで生活しています。趣味は料理と酒! ヨメには申し訳ないのですが、日々食べたいものを作っています。
 鉄道旅と食の話、最新の話題から昔の話まで、いろいろとお付き合いください。
 ちなみに、鉄道の他に“ひつじ”の写真もライフワークで撮影中、ときどきおいしいひつじの話も出てきます。なにとぞご容赦ください。

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
このグルメ記事のライター
佐々倉実@おとなの週末

鉄道をメインにスチール、ムービーを撮影する“鉄道カメラマン”、鉄道旅と食の話、最新の話題から昔の話まで、お付き合いください。

関連記事
現在、過去を含めて、いちばん好きな鉄道車両は?と聞かれたら、私は即答します。 「日本最大でけた外れの迫力のC62型蒸気機関車(以下C62)」。 これにつきます。 その巨大さと、天をつくような煙、昔レコードで聞いたジェット音にもたとえられる迫力の音に酔いしれました……。
函館本線は函館駅と旭川駅を結ぶ路線です。 この路線の、長万部(おしゃまんべ)駅から小樽駅の間は、通称「山線」と呼ばれていて、名前の通り峠を越えながら山中を走る山岳路線。 この山線の撮影中によく立ち寄るお店で“きのこ王国”があります。 店内は、その名の通りきのこだらけです……。
秋といえばフルーツ。 さすがにフルーツ大国の信州。JRのホームにも、実のなる駅があるんです。ものすごくおいしそうなのですが、ホームの果実を食べるわけにもいきません。  そこで昨年取材で訪れた、信州の鉄道とアルピコ交通撮影時に出会ったフルーツのお話です。
前回は北海道の大地を走り抜けたザ・ロイヤルエクスプレス(以下ロイヤルEXP)の走行と、公開のときに撮影した車内を見ていただきました。 今回は2018年に行われた試乗会の様子です。 実際に旅をして、豪華な食事を出していただきました。
今回は、いつもよりずっと贅沢! 豪華列車のお話です。 2020年夏、鉄道ファンの間で大きな話題になったのが、北海道を走るザ・ロイヤルエクスプレス(以下ロイヤルEXP)です。 通常は横浜駅から伊豆急行線の伊豆下田駅までを8両編成で走るレストラン列車ですが、この夏は北海道の大地を駆け抜けました……。
最新記事
マレー半島を旅しているような気分にどっぷり浸れる店だ。数年前、酷暑のクアラルンプールを歩き、汗だくになりながら有名な肉骨茶専門店を訪ねたことがある。
串焼きされた状態で提供されることの多い焼きとん。が、焼肉のように自分で焼いて楽しませる店も。職人の匠の味には及ばないかもしれないが、火を囲み、好みの焼き加減に仕上げるのは、魅惑の食時間なのだ。
コロナ騒動から始まった2021年は、全国に広がる緊急事態宣言やワクチン接種の開始、東京オリンピック・パラリンピック開催に自民党総裁交代など、1年を通じてどこか落ち着きがなかったかも。そんな2021年を締めくくる12月は、「整える」エネルギーを持つ四緑木星が司る。さあ、心も体も環境もすべて整えて、2022年を迎えよう!
コロッケ大好きな店主が開いたコロッケ専門店。潰したものと角切りのものの合わせ技で、ジャガイモの甘みをしっかり表現したコロッケは、イカスミをはじめとするオリジナル味も楽しい。
野外で楽しむバーベキューといえば夏のイメージですが、寒い季節も人気を集めていることはご存知でしょうか。焚き火や炭火で、グリルに肉を豪快にのせて焼くだけでなく、冬は魚介など旬の食材で鍋料理も魅力です。そんな冬レジャーの新たなトレンド「ウインターバーベキュー(BBQ)」が楽しめる東京都内のBBQ会場で、焚き火の使用が解禁されました(一部会場では12月11日から)。会場は、都内なのでアクセスも便利、しかも手ぶらで行ってもOK!ゆらめく炎を前にゆったりした時間を過ごせば、みんなの心の距離もグッと縮まります。本格的な冬BBQのシーズン到来です。
get_app
ダウンロードする
キャンセル