MENU
覆面調査で見つけた本当に旨い店が載る「元気が出る食の情報誌」
早稲田名物「ワセカツ!丼」は、ソースカツ丼好きなら必食だ!

早稲田名物「ワセカツ!丼」は、ソースカツ丼好きなら必食だ!

早稲田『ワセカツ!奏す庵』|店名の“ワセカツ!”とは、薄いカツを特製のソースに浸したカツ丼のこと。早稲田の地で生まれたことと、早く揚がるという趣旨の“早生”の両方をかけた名だという。

ワセカツ!奏す庵(最寄駅:早稲田駅)

揚げたてのカツにじゅわっとしみ込むソース味

看板メニューの「ワセカツ!丼」は、厚さ4mmの薄カツと8mmの厚カツの両方をのせたもの。北海道のブランド豚「夢の大地」がカリッと揚げられ、ウスターソースベースの甘口ソースと絡まり独特の味わいを出している。食事の前に出される福井産の梅干し、大根の甘酢漬け、りんご、キャベツの味噌汁など、付け合わせも丁寧に考えられ、食事としての完成度も高い。

ワセカツ!丼
980円

メニューのすべてに、和辛子を利かせてふわりと泡立てた特製からしソースが付く

ポテサラカツ
350円

薄カツ用の肉にポテトサラダをのせて揚げたもの

お店からの一言

スタッフ 小池大貴さん

「他店にはない食感のカツを召し上がれ」

ワセカツ!奏す庵の店舗情報

[住所]東京都新宿区早稲田鶴巻町555-19 鶴屋ビル1階 [TEL]03-6302-1648 [営業時間]11時~15時(LO)、17時~22時(LO)※ランチタイム有 [休日]水・年末年始 [席]カウンター13席/全席禁煙/カード可/予約不可/サ・お通し代なし [交通アクセス]地下鉄東西線早稲田駅1番出口より徒歩6分

電話番号 03-6302-1648
2018年3月号発売時点の情報です。
このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
「成蔵 (ナリクラ)」の「シャ豚ブリアンかつ」はヒレでおすすめは1頭から約3人分しか取れない真ん中の希少部位を使う。[交]JR線ほか高田馬場駅戸山口から徒歩2分 ※ランチタイム有
2代目が揚げるロゼ色に輝くとんかつは火入れが肝要。短時間で揚げて余熱で芯まで火を入れるため、肉が驚くほど柔らかい。
銀座の路地にある小さなビルの階段を降りると、天井がやや低く、どこか懐かしい雰囲気のお店に到着。厨房真ん中の真鍮製の鍋では、注文のたびに衣をまとったカツやエビが入れられ、ジュワ~ッと心地よい音が響く。
『かつ吉』(水道橋)|骨董に囲まれた広い古民家のような内装の、創業56年を迎える老舗とんかつ屋が出す「替わりカツ丼」は、まるで和風ビビンパのような趣き。150℃前後の低温でじっくりと揚げたカツを醬油ベースの特製ダレにくぐらせ、上からとろろをかけている。
創業82年の老舗を切り盛りするのはフレンチで研鑽を重ねてきた3代目。「その経験を生かし、お酒に合うメニューを増やしたり、今のメニューも少し見直しています」というが、カツ丼は従来のままだ。
場所は御徒町のガード下。がらりと戸を開けると、いきなり活気ある厨房の風景が目に飛び込んでくる。
地元鎌倉の人が通う、古本屋にして立ち飲みバー。役者やバンド活動をするスタッフが日替わりで店に立ち、ホワイトボードのメニューも人により日ごと変わる。
JR天満駅から徒歩で約10分。住宅街にある和食「瑞」は、料理通なら心躍らせる食のテーマパークだ。 和食が素材にこだわるのは当然といえば当然。ええもんを、いかにひと手間加えて提供するのか、これが料理人の見せ所だ……。
店主は、千葉県で多店舗展開する『まるは』グループと蔵前の人気店『改』で修業を積んだ経歴の持ち主。「ラーメンは麺を食べるための料理だから」と、開業前から「麺は自家製麺」と決めていたという。
住宅街の細い路地に構える瀟洒な一軒家。1984年に紅茶専門店として開店以来、店主の樋口浩子さんが腕をふるっている。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt