MENU
カテゴリから絞り込む
すべての記事
おとなの週末 オリジナルコンテンツ
まとめ記事
お取り寄せ
本誌紹介
ラーメン・つけ麺
カレー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
和食
鍋料理(すき焼き・しゃぶしゃぶ)
ニュース
中華料理
洋食・西洋料理
アジア・エスニック料理
居酒屋・ダイニングバー
バル・バー
カフェ・喫茶店・スイーツ
テイクアウト・手土産
弁当
ファーストフード
おいしくて、ためになる食のニュースサイト
撮り鉄の「食」の思い出(34) 目指せ! アジフライの聖地! 久しぶりの松浦鉄道訪問/1989年~2018年

撮り鉄の「食」の思い出(34) 目指せ! アジフライの聖地! 久しぶりの松浦鉄道訪問/1989年~2018年

アジフライは何をかけて食べるか論争。 ソース? しょうゆ? タルタルソース? ひとつの回答を、「長崎県松浦市は『アジフライの聖地』を目指します!」と、道の駅で宣言していた松浦鉄道の松浦でみつけました。

perm_media 《画像ギャラリー》撮り鉄の「食」の思い出(34) 目指せ! アジフライの聖地! 久しぶりの松浦鉄道訪問/1989年~2018年の画像をチェック! navigate_next

目指せ! アジフライの聖地! 久しぶりの松浦鉄道訪問/1989年~2018年


アジフライは何をかけて食べるか論争。

ソース? 

しょうゆ? 

タルタルソース? 

ひとつの回答を、久々に訪問した松浦鉄道の松浦で見つけました。


[開業当時松浦鉄道。石造りの橋梁が良い雰囲気(1989年撮影)]



鉄道カメラマンとしては、全国の鉄道をまんべんなく廻りたいと思っているのですが、鉄道路線や車両はたくさん、こちらは一組で、なかなか思うように訪問できないことも起きてきます。

たとえば今回の松浦鉄道。

JR九州松浦線から第3セクター鉄道として生まれ変わった直後に撮影、その後、桜の季節に訪れて以来20年以上のご無沙汰になってしまいました。

[桜の駅として知られる浦ノ崎駅(1995年撮影)]



このころ撮影した車両はいつの間にか廃車になっていて、現在では新しいディーゼルカーが軽快に走っています。

[現在の松浦鉄道車両。シンプルな作りとカラーリングになった(2018年撮影)]




松浦鉄道に乗車すると、車窓に海が見えるところはあるのですが、どうも海といっしょに撮影するポイントが少なくて、ちょっと苦労する路線です。

この日の朝は、伊万里に近い運河沿いで撮影。

天気も良くて、静かな水面に車両が映り、なかなか優しい写真になりました。

[運河沿いを走る松浦鉄道車両(2018年撮影)]




昔撮影した、国道から海と鉄道を撮影できるポイントに移動。

ところが、残念ながら手前の木が大きく伸びて撮影不可能に……。

撮影できる場所を探しながら移動を続けるなか、ひと休みと寄ったのが松浦駅に近い道の駅「松浦海のふるさと館」です。

[道の駅「松浦海のふるさと館」(2018年撮影)]



さて、この松浦ですが、道の駅に書いてある解説によると、アジ・サバの水揚げ日本一を誇る松浦魚市場があるとのこと。

道の駅の中にも魚屋があって、新鮮な魚が並んでいます。

[道の駅には新鮮な魚が並ぶ(2018年撮影)]



もうひとつ。

道の駅に掲げられていたのは、「長崎県松浦市は『アジフライの聖地』を目指します!」の文字。

食堂をのぞいてみると、アジフライ丼定食600円のメニューがありました。

安い! 

ほかにもブリ丼500円など、うれしいお値段です。

悩んで、きびなご天丼定食と、もちろんアジフライ丼定食を頼みました。

[道の駅のアジフライ丼定食600円(2018年撮影)]



出てきたどんぶりは揚げたてで、いい香りがします。

そこで、アジフライ何をかけるか……という問題を思い出して、食堂のお姉さんに聞いてみました。

「アジフライは何をかけるのがおススメですか?」

「醤油もソースも置いてありますけど、このタレがおいしいですよ」
との答え。

地元の方らしき周りのお客さんを見ると、たしかに揚げ物どんぶりにも、海鮮どんぶりにも、このタレをどばどばかけています。

郷に入れば郷に従え。

多めにタレをかけてみました。

まず、アジフライはサクサクで身はふわっとして魚の味も濃くて最高。

そこにこのソースがかかると、魚の味がさらに引き立ちます。

タレ自体の味は、良い感じに醤油とソースが混ざった長野のカツ丼ソースに近いのですが、魚の香りもします(あとで調べると、魚醬も入っていました)。

『アジフライに何をかけるか問題』のひとつの回答かもしれないなどとも思いましたが、もしかすると問題の選択肢が増えただけかもしれません……。

この日のお昼、おいしく楽しく大正解でした。


[同じく、きびなご天丼定食600円(2018年撮影)]




帰り際に、売店でソースのことを訪ねると、販売しているとこのこと。

さっそく購入しました。

商品名は「道の駅の どんぶりの 茶漬けの 醤油」でした。

[道の駅の どんぶりの 茶漬けの 醤油(2018年撮影)]



あとは、どうしても気になっていた新鮮なアジのたたきを購入。

[道の駅で買ったアジのたたき(2018年撮影)]


[車内でいただいたアジのたたき(2018年撮影)]



後日……。

自宅に戻ってアジフライ丼を作りました。
(さすがに、車内で揚げ物はムリがあります)

[大き目アジのさくさくフライを作り(2018年撮影)]


[ごはんに大根の千切りとアジフライをのせて、たっぷりのタレをかけます(2018年撮影)]



おいしい! 

また、自宅常備の調味料が増えました。


次回は松浦鉄道にある日本最西端の駅です。






佐々倉実(ささくら みのる)
 鉄道をメインにスチール、ムービーを撮影する“鉄道カメラマン”、初めて鉄道写真を撮ったのが小学生のころ、なんやかんやで約50年経ってしまいました。鉄道カメラマンなのに撮影の8割はクルマで移動、列車に乗ってしまうと、走るシーンを撮影しにくいので、いたしかたありません。そんなワケで年間のかなりの期間をクルマで生活しています。趣味は料理と酒! ヨメには申し訳ないのですが、日々食べたいものを作っています。
 鉄道旅と食の話、最新の話題から昔の話まで、いろいろとお付き合いください。
 ちなみに、鉄道の他に“ひつじ”の写真もライフワークで撮影中、ときどきおいしいひつじの話も出てきます。なにとぞご容赦ください。


※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
このグルメ記事のライター
佐々倉実@おとなの週末

鉄道をメインにスチール、ムービーを撮影する“鉄道カメラマン”、鉄道旅と食の話、最新の話題から昔の話まで、お付き合いください。

関連するキーワード
関連記事
現在、過去を含めて、いちばん好きな鉄道車両は?と聞かれたら、私は即答します。 「日本最大でけた外れの迫力のC62型蒸気機関車(以下C62)」。 これにつきます。 その巨大さと、天をつくような煙、昔レコードで聞いたジェット音にもたとえられる迫力の音に酔いしれました……。
函館本線は函館駅と旭川駅を結ぶ路線です。 この路線の、長万部(おしゃまんべ)駅から小樽駅の間は、通称「山線」と呼ばれていて、名前の通り峠を越えながら山中を走る山岳路線。 この山線の撮影中によく立ち寄るお店で“きのこ王国”があります。 店内は、その名の通りきのこだらけです……。
秋といえばフルーツ。 さすがにフルーツ大国の信州。JRのホームにも、実のなる駅があるんです。ものすごくおいしそうなのですが、ホームの果実を食べるわけにもいきません。  そこで昨年取材で訪れた、信州の鉄道とアルピコ交通撮影時に出会ったフルーツのお話です。
前回は北海道の大地を走り抜けたザ・ロイヤルエクスプレス(以下ロイヤルEXP)の走行と、公開のときに撮影した車内を見ていただきました。 今回は2018年に行われた試乗会の様子です。 実際に旅をして、豪華な食事を出していただきました。
今回は、いつもよりずっと贅沢! 豪華列車のお話です。 2020年夏、鉄道ファンの間で大きな話題になったのが、北海道を走るザ・ロイヤルエクスプレス(以下ロイヤルEXP)です。 通常は横浜駅から伊豆急行線の伊豆下田駅までを8両編成で走るレストラン列車ですが、この夏は北海道の大地を駆け抜けました……。
最新記事
キンと冷えた汁をゴクリとやると、すぐさますだちの涼しげな香りが鼻腔を抜ける。細打ちの蕎麦は喉をすべり落ち、その冷たさを直接胃まで運んでくれるようだ。
「東京ディズニーリゾート」の魅力は、人気アトラクションや華やかなショーだけではありません。パーク内のレストランなどで提供される料理の数々も、多くの人を惹きつけてやまない大きなポイントのひとつです。東京ディズニーリゾート初の公式レシピ本『Disney おうちでごはん 東京ディズニーリゾート公式レシピ集』(講談社)が刊行されました。本書では、東京ディズニーランド開園初期や東京ディズニーシー20周年記念のメニューまで、数万点の料理の中からパークの超一流シェフ6人が推す計62のレシピを紹介。パークの代表的なスイーツ「チュロス」ももちろん載っています。『おとなの週末Web』では、その中から3品を厳選。3回に分けてお届けします。
約20年前、世界各地を放浪していた私は、カンボジアの首都プノンペンをひとり歩いていたところ、全速力で走ってきた見知らぬおばちゃんに抱きつかれ……。カンボジアとベトナムを股にかけたインドシナの夜を前編・後編に分けてお届けします。
なんだかんだ言って、ジャンクで高カロリーなものって美味しいですよね。でも食べたあとに後悔することもあるわけで……。そんな罪悪感とは無縁かつヘルシーで美味しいものが東京・八重洲地下街の『2foods』でいただけるというお話しです。
get_app
ダウンロードする
キャンセル