MENU
ログイン
新規登録
カテゴリから絞り込む
すべての記事
本誌紹介
お取り寄せ
まとめ記事
まとメシ オリジナルコンテンツ
居酒屋・ダイニングバー
カフェ・喫茶店・スイーツ
カレー
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
アジア・エスニック料理
中華料理
テイクアウト・手土産
バル・バー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ラーメン・つけ麺
弁当
和食
コラム
覆面取材で見つけた間違いない店だけを掲載しているグルメ専門誌『おとなの週末』
コスパ抜群♪接待にもデートにも!隠れ家風寿司屋 湯島『女坂季乃下』

コスパ抜群♪接待にもデートにも!隠れ家風寿司屋 湯島『女坂季乃下』

駅近なのに隠れ家風の一軒家。きれいで居心地よく、お値段も超良心的。

湯島 女坂 季乃下(最寄駅:湯島駅)

昼も夜もお値打ち行きつけにしたい正統派の実力店

手札に加えておきたいでしょ、こんな寿司屋。 店のルーツは明治初年に創業した魚屋から。店主の魚を見る目は確かで、潔く明るい照明は「ネタに自信があるからです」。 また、江戸前ならではの仕事も見事。特に三種類をブレンドした酢で〆る小肌やサバは、その絶妙な塩梅に言葉を失う。“〆モノを食べれば実力がわかる”とは寿司好きがよく使う言葉。簡単そうに見えて実に奥深い。

にぎり(昼)
1100円

破格のランチにぎりも、握るネタは夜と同じ。この日は本マグロの赤身、平目、ブリなど。江戸前の基本であるタマゴも自慢

Aコース(前菜、刺身盛り合わせ、焼物、茶碗蒸し、すし盛り合わせ、お吸物、デザート)
5940円

先付けでクジラの赤身を出すのは先代から続く伝統。お造りは天然物のシマアジや金目鯛、にぎりは中トロ、赤貝、サヨリなど。素材の持ち味を活かした、旬のつまみやにぎりが堪能できる

お店からの一言

店主 木下勝治さん

「BGMのジャズを聴きながらおくつろぎ下さい」

湯島 女坂季乃下の店舗情報

[住所]東京都文京区湯島3-32-12 [TEL]03-3831-2471 [営業時間]12時~13時半LO、17時~21時LO ※ランチタイム有 [休日]火、第1・3水、祝日の月 [席]29席/昼は全席禁煙/予約可/夜のみカード可/サなし、夜のみお通し代540円別 [交通アクセス]地下鉄千代田線湯島駅A3出口から徒歩1分

電話番号 03-3831-2471
2018年5月号発売時点の情報です。
このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
渋谷でこの寿司屋を知っていたらきっと鼻が高いはず。代官山で40年愛された店が昨年移転。
店に入って最初に目につくのが、マグロの部位を示した黒板。そう、ここではまずマグロを味わうべし。
三崎のマグロ問屋直営ならではの逸品が、天然物のインドマグロを使った握り「まぐろ三昧」。赤身、中トロ、大トロ、炙り、ネギトロと、まさに三昧。
開業は約35年前というが、『貴乃』の屋号は約10年前から。浅草の前は銀座の名店で修業をした店主が握る寿司は、しっかりと仕事がされた江戸前だ。
料理はつまみと握りを織り交ぜたコースのみ。これが実に楽しい。
名古屋市昭和区にある『炭焼 うな富士』。地元では知らない人はいないうなぎの名店である。 全30席の店内は常に満席で、平日でも店の前に行列ができるほどの人気ぶり。 そんな『うな富士』が今年4月、新型コロナウイルスの影響もあり、出前とテイクアウト、そしてついに通販も開始した。
昭和47~48年頃、賄いでグラタンを食べたいという従業員のため、耐熱皿の代わりにトースト用食パンで作ったのが“グラパン”誕生のきっかけ。さらに1年ほど前、メニューにあったビーフシチューをグラパンにしたら美味しいのではないかと、土・日・祝限定で「デミグラスグラパン」を始めた。
「新虎通り」開通以前の2015年2月オープン。京の町家を思わせる外観が目を惹く。
週替わりでひと工夫された魅力的な惣菜が並ぶデリカテッセン。「デリボックス」はテイクアウトで1080円~(イートインは1350円~)。
新型コロナウィルスの蔓延防止のため、多くの飲食店が休業や営業自粛によって苦境に陥っている。そんな飲食店を応援しようという『さきめしSupported by SUNTORY』プロジェクトが始まっている。
153views F&D 最新情報

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt