MENU
カテゴリから絞り込む
すべての記事
おとなの週末 オリジナルコンテンツ
まとめ記事
お取り寄せ
本誌紹介
ラーメン・つけ麺
カレー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
和食
鍋料理(すき焼き・しゃぶしゃぶ)
ニュース
中華料理
洋食・西洋料理
アジア・エスニック料理
居酒屋・ダイニングバー
バル・バー
カフェ・喫茶店・スイーツ
テイクアウト・手土産
弁当
ファーストフード
おいしくて、ためになる食のニュースサイト
とんかつ好き必見!いま話題の「パーコー麺」東京おすすめ4店

とんかつ好き必見!いま話題の「パーコー麺」東京おすすめ4店

「とんかつON!パーコー麺食べある記」とんかつ好きの諸君、〈パーコー麺〉はご存知ですか? 豚バラ肉をカリッと揚げて、それをスープ麺にON! せっかくカラリと揚げたお肉をわざわざ汁にのせるその大胆さが素敵です。いざ、実食。 撮影・文/池田一郎

perm_media 《画像ギャラリー》とんかつ好き必見!いま話題の「パーコー麺」東京おすすめ4店の画像をチェック! navigate_next

ラーメン珉珉(最寄駅:鐘ヶ淵駅)

パーコー満載の迫力!適度なオイリーさがたまらん

パーコーメン 970円

一見ガレージに見える外観はテラス席にもなっていて奥に店舗あり。昼時は行列のできる人気店だ。カリッと揚がって、小麦粉の旨さも豚の脂の旨みもしっかり感じられるパーコーが宝石のごとくのる。迫力十分なルックスにまず惚れ惚れ。ズズッとすする細めの麺がスープやパーコーの油分と絡みよく合う。煮卵がまた旨い。


[住所]東京都墨田区墨田2-5-4 [TEL]非公開 [営業時間]11時15分~14時半 ※ランチタイム有 [休日]火・第2・3水

万世麺店 新宿西口店(最寄駅:新宿駅)

肉なら負けませんぜ~のむっちりパーコーを味わえ!

排骨拉麺+味玉一個 950円

肉の専門店『万世』が手がけるラーメン屋のパーコー麺だ。むっちり弾力があって食べ応え充分なパーコーに、あっさりしつつもコクのあるスープ、プレーンな感じのラーメンがやけに合う。食券機には「排骨辛菜麺」や「ざる排骨麺」、パーコーダブルなどの選択肢もあってそれもよし。ぜひ普段使いしたいパーコー麺店だ!


[住所]東京都新宿区西新宿1-1-2 新宿メトロ食堂街地下1階 [TEL]03-3343-0554 [営業時間]10時~22時LO、土・日・祝10時半~21時半LO ※ランチタイム有 [休日]無休(ビル休館日は除く)

かつぎや(最寄駅:小川町駅)

ホアジャオの痺れと香り パーコーと担々麺、相性抜群!

排骨担々麺 1050円

本格担々麺とパーコーのコラボを味わいたいならこちらがおすすめだ。辛さは2辛から5辛まで選べるが、花椒の香り、痺れもしっかり、肉味噌もコクのあるスープも本格の担々麺。別添えでくるパーコーは衣にカレーテイストもあり、これが担々スープの辛さと一体化するとまた旨い。排骨汁なし担々麺もあって迷う。


[住所]東京都千代田区神田小川町3-11-2 インペリアルお茶の水 B-103 [TEL]03-3259-4666 [営業時間]平日11時~15時、17時~22時半 土・祝11時~16時 ※ランチタイム有 [休日]日

台湾客家料理 新竹(最寄駅:仲御徒町駅)

プレーンながらクセになる!人気の本家、台湾の味

排骨麺 850円(ランチ)

パーコー麺のルーツといえば台湾でしょということで、王道のパーコー麺、パーコー飯が味わえる台湾料理店。パーコーは、少しだけ濃いめの下味で、カレー風味の衣、片栗粉多めな感じでカリッと揚がっている。醤油味のラーメンといい、全体にプレーンながら香りがよくていい。ランチでは人気で早めに売り切れることも。


[住所]東京都台東区台東3-14-9 水野ビル1F [TEL]03-5688-1388 [営業時間]11時半~14時、17時~22時(21時10分LO)※土は夜のみ営業 ※ランチタイム有 [休日]日・祝

カリッとしてシミシミ 醤油スープと合うなあ

 とんかつ茶漬けなら知ってるがとんかつラーメンは知らねーな、とか言うそこのアナタ! こいつを忘れちゃいませんか、〈パーコー麺〉。豚肉に衣をつけて揚げたものがとんかつならば、もちろんパーコーもその一形態。ていうか、カリカリっと揚がったパーコーがドン! とのって醤油味のラーメンスープにシミシミ~っとなったのも楽しみながら食すパーコー麺てやつが、小生昔からすんごく好きでして。台湾発とも言われるこのとんかつ・オン・ザ・ラーメンの魅力を、皆さんにお伝えするのだ!

 で、そもそもパーコーって何? って人のために解説すると、漢字で書けば「排骨」。そもそもは豚の骨付あばら肉に卵と小麦粉の衣をつけて揚げたものだ。まあ現在では必ずしも骨付きではなくてもやはりあばら肉。脂身の甘い旨みが身上なりで、も一つ言うと、肉には醤油や酒、スパイスで下味がつけられてることが多く、衣には片栗粉も入ってるんではないの、と。この塩梅が各店若干違うんだが、いずれにしてもラーメンと、はたまたご飯とも合うんだなあ。

 そこで今回周ったのは4軒。最初の『ラーメン珉珉』では、カリッと揚がったひと口サイズ肉厚パーコーがこれでもか! と丼を覆う。ややオイリーな醤油味のスープ、細めの麺との相性もぴったりで、迫力一番、パーコーの醍醐味を満喫できる。

 かと思えば新宿西口、メトロ食堂街にある『万世麺店』は、あの『肉の万世』の経営だ。肉専門店だけあってもちろん注目は肉! 竜田揚げ的にほどよく醤油味がついて衣に包まれたパーコーはなかなか肉厚。密度があってむっちり食べ応えありだ。

 そしてなんとお次は、同じくオレが大好きな担々麺との合体。小川町『かつぎや』の排骨担々麺なり。キタキタキタ! ホアジャオの香りと辛さと痺れ。そこに別添えのパーコー、ほんのりカレー風味を迷わずぶち込む。うーん、筆舌に尽くしがたい。

 最後は本家、台湾料理屋さんのパーコーにも触れねばなるまい。仲御徒町の『新竹』だ。うーん、基本だな。端正な佇まいの醤油ラーメンにカリッといい感じのパーコーが合う。青梗菜、高菜、煮卵はやはり欠かせまい。たまらずパーコー飯もお替りだ。あ~、満腹。幸せなり~!

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
このグルメ記事のライター
関連記事
【揚がるまでのつまみと酒でまたアガる「呑みカツ」はじめました。】とんかつってご飯と味噌汁と一緒に食べるものと思ってませんか。否、お酒とも非常に相性がいいのです。そこで、編集部が様々な店でとんかつを中心に一杯楽しむ“呑みカツ”をしてきました。意外とハマりますよ。 撮影/鵜澤昭彦、小澤晶子、瀧澤晃一 取材/池田一郎
おかずの大定番としてだけでなく、酒の肴にもぴったりなのが「かつ」。サックとした衣はビールを呼び、口中に溢れる肉汁は焼酎やワインにもぴったり。絶品「とんかつ」、「カツ」で呑める東京都内の秀逸店を集めてみました!
極上店を探すべく、とんかつを食べ歩いた編集武内(以下武)とライター飯田(以下飯)。イイ店を見つける一方、ハズレの店も……。ここで今回の調査を振り返りつつ、総括します。
とんかつを彩るキャベツ、味噌汁、ソースのお話。惣菜の中でもトップクラスの人気を誇るとんかつ。しかし、とんかつだけではなんだか心もとない。脇役があってこそのとんかつなのです。
最新記事
1985年、名バーテンダー高橋弘行さんが開業した九州きっての名門バー。鹿児島の旬の柑橘やフルーツを使ったカクテルが人気で、嘉之助蒸溜所のニューボーンも様々な飲み方を提案する。
美味しいのに、単体だと不思議と軽視されがちな気がするワンタン。なんだか妙にいじらしいその味わいを求め、街を徘徊してみました。
代表兼ソムリエの岡田壮右さんは、オーストリアのワイン大使の肩書を持つスペシャリスト。その実力は、ワインと鮨の著書も手掛けるほど。
『おとなの週末Web』では、グルメ情報をはじめ、旅や文化など週末や休日をより楽しんでいただけるようなコンテンツも発信しています。国内外のアーティスト2000人以上にインタビューした音楽評論家の岩田由記夫さんが、とっておきの秘話を交えて、昭和・平成・令和の「音楽の達人たち」の実像に迫ります。細野晴臣の第2回も、「YMO以前」の状況がつづられます。美術家・横尾忠則の要望で、オール・キーボードのアルバムを制作することになり……。
ドイツの年末の風物詩が横浜で楽しめます。クリスマスまであと1カ月。恒例行事となった横浜赤レンガ倉庫のクリスマスマーケット『Christmas Market in 横浜赤レンガ倉庫』(11月26日~12月25日)が始まります。12回目となる2021年は「ギフト」をテーマとして、日本初上陸のグッズ販売に加えスノードームの手作り体験やファーストクラスの機内食の出店など、普段はなかなか体験できない、思い出に残るスペシャルな催しが盛りだくさんです。
get_app
ダウンロードする
キャンセル