MENU
カテゴリから絞り込む
すべての記事
おとなの週末 オリジナルコンテンツ
まとめ記事
お取り寄せ
本誌紹介
ラーメン・つけ麺
カレー
ステーキ・ハンバーグ
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
そば・うどん
和食
鍋料理(すき焼き・しゃぶしゃぶ)
洋食・西洋料理
ニュース
中華料理
アジア・エスニック料理
居酒屋・ダイニングバー
バル・バー
カフェ・喫茶店・スイーツ
テイクアウト・手土産
弁当
ファーストフード
おいしくて、ためになる食のニュースサイト
今田商店(バー/茅場町)

今田商店(バー/茅場町)

1923年に創業し、現在は四代目の兄弟が営業。取り扱う酒は多岐にわたるが、メインは日本酒。

perm_media 《画像ギャラリー》今田商店(バー/茅場町)の画像をチェック! navigate_next

今田商店(最寄駅:茅場町駅)

ルーツである広島「富久長」「誠鏡」をはじめ、長野「積善」、群馬「大盃」、新潟「千代の光」など、全国約20の蔵元の旨い地酒を揃える。平日17時~20時は角打ちもOK。テーマや好みに沿った地酒3種がなんとワンコインで試飲できるので、小規模だが新進気鋭の若手酒造の酒を発掘できるチャンスだ。第2・第4土曜にプチイベントが開かれる他、毎月蔵元を招いての唎き酒イベントも開催される。

日本酒3種
500円

日本酒3種の一例。取材時のテーマは夏酒で、左から「大盃・macho」(群馬・牧野酒造)、「富久長・辛口夏吟醸プラスX」(広島・今田酒造本店)、「積善・夏の酒 純米吟醸 月下美人の花酵母」(長野・西飯田酒造店)

おすすめの日本酒
四合瓶 1000円~

見たことのないラベルばかりで、眺めているだけで楽しい

お店からの一言

専務(兄) 今田健夫さん

「蔵元さんとお客様の“つなぎ役”として若い造り手さんと一緒にがんばっていきます」

今田商店の店舗情報

[住所]東京都中央区新川1-10-10 [TEL]03-3551-5885 [営業時間]17時~20時、第2・4土13時~18時 ※酒屋は8時~20時、第2・4土8時~18時、第1・3・5土8時~15時 [休日]日・祝 [席]スタンディング約15人/禁煙/予約不可/カード不可/サなし [交通アクセス]地下鉄日比谷線ほか茅場町駅1番出口から徒歩3分


電話番号 03-3551-5885

2018年7月号発売時点の情報です。

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
このグルメ記事のライター
関連記事
コロナ禍のステイホームで、家で食事をする時間が増えましたね。ですが、マンネリになりがち。そして晩酌のお酒も……。そこで日本人には馴染みが薄い「シェリー」に注目。それに合うタパス(スペイン風つまみ)を「カルディ」の商品を使って考えてみました。
ジャパニーズモルトをメインに据えたバーだ。店主・高橋さんが国産にこだわる理由は至ってシンプル。ここが日本だからだ。
この店に行くと決めれば、普段よりもちょっとだけおしゃれをしようと思う。キッチン一体型のカウンター席に座ると、センスのいいBGMに混じって食材を切る音、炒める音が心地よく響いてくる。
店主・谷嶋さんは早大理工学部から大学院に進んで高分子化学を修め、化粧品会社の研究所に勤めた後、ウイスキー愛が高じてバーを開いた異色のバーテンダー。そんな香りのプロが日本ウイスキーの最高峰として推すのが「サントリーウイスキー 響21年」だ。
ウイスキーの新しい可能性を探るカクテル、“ウイスクテイル”を広めているのが、店主の静谷さん。日本に9人しかいないマスター・オブ・ウイスキーのひとりだ。
最新記事
洋食屋さんのカツレツはいつだって優しくてあったかい。それは単なる料理の温もりだけじゃない。
コロナ禍でも続々とオープンしているラーメン店。その中でも食べて納得の醤油ラーメンを提供する店を調査。今回は神奈川編。スープを飲み、麺を啜れば、ほっこり落ち着ける至福の一杯が楽しめるのはココだ!
ライター・菜々山いく子が、くすんだ日常生活に彩りと潤いを与えるYouTubeの魅力を紹介する本記事。今回紹介するのは「日本食冒険記」。これなんぞ?と思うでしょう。出演者は、訪日&在日外国人。飲食店で食事しながら日本食に対する思いを語っているのです。
コロナ禍でも続々とオープンしているラーメン店。その中でも食べて納得の醤油ラーメンを提供する店を調査。今回は東京編。スープを飲み、麺を啜れば、ほっこり落ち着ける至福の一杯が楽しめるのはココだ!
「素直に美味しいと思える野菜を扱いたい」と八百屋を開いた小松さん。小さな生産者から無農薬で化学肥料を使わない野菜を仕入れている。
get_app
ダウンロードする
キャンセル