MENU
ログイン
新規登録
カテゴリから絞り込む
すべての記事
本誌紹介
お取り寄せ
まとめ記事
まとメシ オリジナルコンテンツ
居酒屋・ダイニングバー
カフェ・喫茶店・スイーツ
カレー
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
アジア・エスニック料理
中華料理
テイクアウト・手土産
バル・バー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ラーメン・つけ麺
弁当
和食
コラム
覆面取材で見つけた間違いない店だけを掲載しているグルメ専門誌『おとなの週末』
なきざかな(日本料理/神楽坂)

なきざかな(日本料理/神楽坂)

魚は全国の選りすぐりの漁師船から買い付け。その日の朝獲れたピチピチ鮮魚のほか、「神経〆」という特別な絞め方をされた旬魚が届き、一番美味しい状態で出せるよう、魚によっては寝かせて熟成させる。

なきざかな(最寄駅:飯田橋駅)

絞め方にも徹底してこだわる店で魚の奥深さを知る

お造りにも敢えてのひと手間。半分はそのまま、半分は七輪でサッと炙って……旨っ! 刺身はどこの和食店にもあるからこそ、個性も大事。炭火焼や珍味など、ツボを押さえた肴も揃う。
 酒に目をやれば、オリジナルの純米大吟醸や厳選銘酒がずらり。今日は1、2合で切り上げるか~、なんて考えは、到底無理そう。

本日のいいとこ盛り
1500円※写真は2人前

「神経〆」とは血抜きした魚の背にワイヤーを通して絞める手法。抜群の鮮度を保ちつつ、旨みを保ったまま、店への輸送が可能に。“焼き”の段には金目鯛や水ダコなど。特製ねかせ醤油を塗って炙る

サッと焼いて
食べる

そのまま食べる

鳴魚寿司(5貫)
1500円

元寿司職人の料理長がにぎる本格派

最上鴨たたき、季節野菜の天ぷら
900円、900円

山形の契約養鴨家から直送される合鴨。醤油ベースの甘口ダレと共に。旬野菜の天ぷらも人気。すっきりとキレのある特別純米酒「貴 魚誂え」(グラス500円~)は店のオリジナル

お店からの一言

マネージャー 佐野薫さん

「朝獲れ鮮魚の旨さと寝かせた魚の旨さを食べ比べてみて!」

なきざかなの店舗情報

[住所]東京都新宿区神楽坂5-35 おおとりビル地下1階 [TEL]03-5225-2662 [営業時間]17時~24時、土・日・祝16時~23時 [休日]無休 [席]カウンターあり、全80席/全席禁煙/予約可/カード可/お通し代400円別 [交通アクセス]地下鉄有楽町線ほか飯田橋駅B3出口から徒歩4分
※『なきざかな』のメニューの価格はすべて税抜きです。


電話番号 03-5225-2662

2018年9月号発売時点の情報です。

このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
ザクッと香ばしい衣の中から現れるのが、とろ~り口どけのいいお肉。人生で幾皿ものトンカツに出合ってきたけど、こんなの初めて! 
かつて、徳川将軍家の茶の湯に用いる良質な水を汲み上げていたことが「御茶ノ水」の地名の由来だとか。この地で1899年(明治32年)に創業した老舗ホテル『龍名館』が営むのが、まさに日本茶をテーマにしたレストランなのだ。
宮城グルメの代表選手といえば仙台牛タンだが、この店のタンの、霜降り具合とジューシーさたるや……! ぶ厚い熟成タンの炭火焼きをはじめ、茹でても揚げても、しゃぶしゃぶにしても最高。
銀座でランチの約束が入ったら、まずはここを押さえるべし。仲買人が営む和食店で、主に北陸の漁場から届くとび切りの海の幸を引っさげ約1年前にお目見えした。
昭和35年創業というから60年近く続く、なんとも気取りがない定食屋の味を、ご主人・山岸さんが守っている。そのとん汁がまた、家庭的とも言えるほっとする旨さ。
厚めにカットされているのに、柔らかくジューシーなことに驚かされるラムチョップ。生後4~6ヶ月のニュージーランド産ラムを、チルドの状態で約2ヶ月かけて船便で取り寄せ。
近隣の住民やビジネスマンが足繁く通う人気洋食店。メニューの豊富さと味へのこだわりが、その理由だ。例えば、このポークトマト。
誰でも利用できる都庁の職員食堂が昨年リニューアルし進化を遂げていた! 驚くのが豊富な品数。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt