MENU
カテゴリから絞り込む
すべての記事
おとなの週末 オリジナルコンテンツ
まとめ記事
お取り寄せ
本誌紹介
ラーメン・つけ麺
カレー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
和食
鍋料理(すき焼き・しゃぶしゃぶ)
ニュース
中華料理
洋食・西洋料理
アジア・エスニック料理
居酒屋・ダイニングバー
バル・バー
カフェ・喫茶店・スイーツ
テイクアウト・手土産
弁当
ファーストフード
おいしくて、ためになる食のニュースサイト
上野でランチ!安い・おしゃれ・おすすめの厳選9店

上野でランチ!安い・おしゃれ・おすすめの厳選9店

上野エリアを人気グルメ情報誌「おとなの週末」のグルメライターが食べ歩いて見つけた、本当におすすめのランチ情報。和食・洋食・中華・カレー・食べ放題など特におすすめの9店舗をご紹介します!営業時間や休日などの店舗情報もあり。

perm_media 《画像ギャラリー》上野でランチ!安い・おしゃれ・おすすめの厳選9店の画像をチェック! navigate_next

はじめに

上野エリアを人気グルメ情報誌「おとなの週末」のグルメライターが食べ歩いて見つけた、本当におすすめのランチ情報です。
「1000円以下の安いお店」、「デートや女子会にぴったりなおしゃれなお店」、「和食・洋食・食べ放題など上野で特におすすめしたいお店」の3つのカテゴリに分けてご紹介しています!
上野でのランチ探しに迷った時など、ぜひ活用してください。

【安い】上野 ランチ - コスパ抜群!1000円以下で食べられるお店

『シャー・トムヤムクン・ポーチャナー』(カレー)

タイから来日したファミリーが営む『シャー・トムヤムクン・ポーチャナー』は、アットホームな雰囲気が魅力的なお店。
サラリとしているが、濃厚なコク旨カレーの「マッサマンカレー」は、大きなジャガイモ、ニンジン、鶏肉、ピーナッツが入りボリューム満点!
ディナーでは1200円で提供されているが、ランチはサラダ、ライス、デザート付きで980円とお得!

マッサマン カレー 980円

[住所]東京都台東区上野6-16-7 DB-3階
[TEL]03-3835-9297
[営業時間]11時~15時(14時半LO)、17時~23時(22時LO)、日11時~15時(14時半LO)、17時~22時(21時LO)
[休日]月

『喜乃字屋(そば)』

衝撃的すぎる「そば」と「フォアグラ」の組み合わせ!
もり汁に蕎麦をつけると、そこに浮かんだムース状のフォアグラが、からまりながら持ち上がる。
個性の強いフォアグラを受け止められるのは、上質な国産蕎麦粉で打つ十割蕎麦だからこそ。
上質な素材を使った「フォアグラエスプーマもり」はなんと1000円以下!ひとりでも入りやすい雰囲気も嬉しい。

フォアグラエスプーマもり 980円

[住所]東京都台東区上野公園1-54 上野の森さくらテラス1階
[TEL]03-6803-2808
[営業時間]10時~23時半(22時半LO)※ランチタイム有
[休日]元日・施設の休館日に準ずる

『中国雲南酒膳坊 過橋米線』(中華)

「過橋米線(カキョウベイセン)」とは、鶏ガラでダシをとり、鶏の脂を浮かべた熱々のスープに米粉を原料にした麺をくぐらせて食す、中国雲南省でなじみ深い料理のこと。
鶏油が表面を覆った熱々のスープに薄切りにした生の豚肉や鶏肉、野菜類を入れて火を通す「伝統雲南過橋米線」は、塩味であっさりとしたスープに軽やかな食感の麺が相性抜群!
昼はデザート付きで980円とリーズナブルに食べられる。

伝統雲南過橋米線 966円(昼は写真のようにデザート付きで980円)

[住所]東京都千代田区外神田6-5-11 MOAビル 1階
[TEL]03-3835-7520
[営業時間]11時半〜14時半LO、17時〜23時LO
[休日]無休

『ハンバーグ&ステーキ食堂 KURAUZO』(ハンバーグ)

ガツンとくる牛肉の風味満点のハンバーグなら『ハンバーグ&ステーキ食堂 KURAUZO』がおすすめ!
黒毛和牛の脂身をパテに練り込むことで、ナイフを入れれば肉汁があふれ出すジューシーさを実現。
自家製のデミグラスは、オイスターソースやウスターソースを加え、力強いハンバーグの味にひけをとらない深いコクを持たせている。
ライス(大盛り無料)とサラダ付きで価格も950円~とお手頃価格も魅力的。

鉄板焼きハンバーグ200g 950円

[住所]東京都台東区上野4-1-3 仙家ビル2階
[TEL]03-5817-4929
[営業時間]11時〜22時LO
[休日]無休

【おしゃれ】上野 ランチ - デートや女子会にぴったりなお店

『キッチン さくらい』(洋食)

「きちんとした洋食をカジュアル、リーズナブルに楽しんでもらいたい」という思いから、『厳選洋食さくらい』の姉妹店としてオープンした『キッチンさくらい』。
大きなガラス面で囲まれたとても開放的な店内や、東京の風景を眺めながら食事ができるテラス席もあり女子会やデートにもおすすめ。
ハーフサイズのメニューが豊富に揃っているので、ハーフで頼んでいろいろ食べる客も多い。

メンチカツ 1050円(ハーフサイズは525円)

ビーフオムライス(トマトソース)1300円

[住所]東京都台東区上野3-27-3 ハトヤビル3 6階
[TEL]03-6240-1648
[営業時間]11時半~15時(14時半LO)、17時半~22時45分(22時LO)、土11時半~22時45分(22時LO)、日11時半~21時45分(21時LO)
[休日]無休

【おすすめ】上野 ランチ - 絶品!和食・洋食・食べ放題など

『天正』(和食)

天正の天丼は、ふっくら特大に甘めのタレがクセになる旨さ。中でも限定5食「江戸前あなご天丼」は一度食べたらクセになること間違いなし!
サラっとした油で揚げられたやさしい味の穴子とさっくさくの衣、ちょっと甘めのタレが絶妙な相性でたまらない。

江戸前あなご天丼 1200円

[住所]東京都台東区台東3-8-8
[TEL]03-3831-9553
[営業時間]11時〜13時半、17時半〜22時(21時LO)
[休日]日・祝(土は昼のみ営業)

『沼津港海将 一号店』(海鮮食べ放題)

ランチタイム限定45分の海鮮食べ放題は1200円。さらにプラス450円で100種30分飲み放題!海鮮食べ放題&100種飲み放題が同時に楽しめる『沼津港海将 一号店』。
食べ放題は、〆サバ、サーモン、タコ、マグロ、カツオにサワラのたたきといった刺身からアジに白身のフライ、海鮮カレーに酢飯もあり、様々な海鮮を好きなだけ楽しめる。

海鮮食べ放題 1200円

[住所]東京都台東区上野6-8-4 五味ビルB1
[TEL]03-5817-8246
[営業時間]11時半~22時半(21時半LO)、日・祝~22時(21時LO)※ランチバイキング平日11時半~最終受付13時半 ※ランチタイム有
[休日]不定休

『ぽん多本家』(カツレツ)

初代がウィーン風の仔牛のカツレツをヒントに日本の天ぷらの調理法で考案した伝承の味「カツレツ」。
脂を取り除いたロースの芯のみを使い、その削った脂で作る自家製ラードで揚げることで、赤身と同種の豚の脂のコクが加わり、肉本来の香りと旨みが際立つ贅沢な逸品だ。

カツレツ 2700円

[住所]東京都台東区上野3-23-3
[TEL]03-3831-2351
[営業時間]11時~13時45分LO、16時半~19時45分LO(日・祝の夜は16時~)
[休日]月(祝の場合は火休)

『越後屋』(そば)

東京にへぎそばを紹介した先駆け的存在でもある『越後屋』。大きな折敷の蕎麦を何人もで食べるのがへぎそばの流儀。
“手振り”という独特の手法で盛りつけられた蕎麦は、見た目にも美しくボリューム満点!
そばは、石臼引きした国産蕎麦粉を使用することで香りを生かし、弱火でじっくり練った上質な布海苔ををつなぎにして打つ。
表面が非常に滑らかなので、のど越しがとにかく抜群。“プリッ”とした独特の弾力も歯に心地良い。店で削った鰹節やアゴダシで作るまろやかなつゆが、この蕎麦をさりげなく引き立てている。

へぎそば(2人前)1940円(14時までは1800円)

[住所]東京都千代田区外神田6-15-11 日東ビル 地下1階
[TEL]]03-3836-3226
[営業時間]11時〜21時半LO、土は20時LO、日・祝は18時LO※ランチタイム有
[休日]年始

おわりに

上野でおすすめのランチ情報をご紹介しましたが、いかがでしたか?
和食、洋食、中華にカレーと様々で迷ってしまうかもしれませんが、どのお店もグルメライターおすすめ&厳選の絶品料理ばかり!気になったお店があれば、ぜひ足を運んでみてください!

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
このグルメ記事のライター
関連するキーワード
関連記事
歴史の長さと遊興的な文化度の高さから、多くの文人をひきつけてきた街・浅草。著名作家が活き活きと言葉にした老舗の魅力を、令和時代の今も追いかけることができる。小説・随筆の世界にたちまちトリップできる、名店5軒の味をご紹介。
人気グルメ雑誌『おとなの週末』のライターが、実際に食べ歩いて調査したランチ情報!ラーメン、ハンバーグ、カレーなどの人気ジャンルから、「本当に美味しいお店」だけを厳選しました。仕事の合間にひとりで訪れるのにちょうど良いお店もありますよ!
海鮮の宝庫「千葉県」!東京からのアクセスも良く、気軽に訪れることができる距離ながらもちょっとした旅気分も味わえる、魅力的なエリアですよね。ここではお寿司やうなぎなどの和食を中心に、評判でお得なランチをまとめました。
都内の飲食激戦区の1つ新宿三丁目エリア!グルメ雑誌「おとなの週末」のライターが実際に食べ歩いて見つけた「この質やボリュームでこの価格!」という感動ランチを厳選!圧巻のイタリアン、お得な刺身定食、気軽な中華店まで多種多様、早速ご覧ください♪
人気グルメ情報誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で発見したランチ情報のまとめ記事です!みなとみらいエリアや横浜駅周辺は取り上げられることが多いですが、ここでは市内全域を隈無く駆けずり回って、真におすすめのお店のみを厳選しました!
最新記事
“肉系さぬき”を謳う大門にある人気店の2店舗目がこちら。ここで肉好きが避けて通れないのが「スペシャル」だ。
9カ月にわたりシーズンが続く女子プロゴルファー。身体が資本のアスリートですが、個人競技のため食生活の管理は完全に個々に任せられています。旅から旅への遠征が基本で外食も多いため、食事の時間は心身どちらにも大切です。そんな心と身体を解きほぐす“ハートめし“を、女子プロの皆さんが教えてくれます。今回登場するのは”れいちぇる“こと臼井麗香さん。先日も、スタンレーレディスゴルフトーナメント(10月8日~10日、東名CC)で初日に首位に立つなど好調なプレーが目立ちます。れいちぇるが推す地元・栃木県鹿沼市のとっておきのお店を紹介します。
人気貝料理店でありながら、1日100食売れる弁当はバリバリの台湾料理! 系列店が台湾にあるため、本場仕込みの「ルーロー飯」(豚角煮飯)と「ジーロー飯」(鶏肉飯)を日本人の口にも合うように、丁寧に拵えてある。
月刊誌『おとなの週末』で好評連載中の「口福三昧(こうふくざんまい)」は、漫画家のラズウェル細木さんが、試行錯誤を繰り返しながら食を楽しむ様子を描いた漫画エッセイです。連載をまとめた単行本『ラズウェル細木の漫画エッセイ グルメ宝島 美味しい食の探検へ』(講談社ビーシー/講談社)から収録作品を公開します。ラズウェルさんの“自作解説”とともに、お楽しみください。
今も昔も製麺所を営み、麺類の美味しさは中華街でも指折り。当然“冷やし”でもその旨さを堪能できる。
get_app
ダウンロードする
キャンセル