MENU
カテゴリから絞り込む
すべての記事
おとなの週末 オリジナルコンテンツ
まとめ記事
お取り寄せ
本誌紹介
ラーメン・つけ麺
カレー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
和食
鍋料理(すき焼き・しゃぶしゃぶ)
ニュース
中華料理
洋食・西洋料理
アジア・エスニック料理
居酒屋・ダイニングバー
バル・バー
カフェ・喫茶店・スイーツ
テイクアウト・手土産
弁当
ファーストフード
おいしくて、ためになる食のニュースサイト
壱岐(郷土料理/学芸大学)

壱岐(郷土料理/学芸大学)

麦焼酎の発祥といわれる壱岐焼酎。大麦2に対し米麹1の割合で仕込まれ、スッキリと飲みやすいものからウイスキーを思わせるものまで多種多様だ。

perm_media 《画像ギャラリー》壱岐(郷土料理/学芸大学)の画像をチェック! navigate_next

壱岐(最寄駅:学芸大学駅)

発祥は16世紀麦焼酎のふるさと壱岐の味を堪能

こちらでは島内全7蔵元の壱岐焼酎、約20種を厳選。九州などのお酒を合わせると、計60種ほどの焼酎類を揃える。 料理の素材も充実。松阪牛の元牛である壱岐牛は豊かな自然で育ち、旨みが強い。ほか、玄界灘に位置することもあり、海産物も豊富。直送のイカや貝など季節ごとの海の幸も自慢だ。

壱岐牛ジャンボカルビステーキ100g、壱岐ヘルシーボウル、天の川レギュラー酒
2140円~2350円(写真は約180g)、860円、650円

濃い旨みがあふれる壱岐牛。酸味のある自家製ソースが繊細な脂の甘みと好相性。壱岐豆腐は1丁約15cmで10人前分ほどあり、1丁丸ごとの場合は要予約(3240円)。店主おすすめの食べ方は約1.5人前が入る「ヘルシーボウル」

ちんぐ かめ壺仕込み、壱岐づくし、天の川 金印
760円、810円、700円

店主の母方の実家が営む酒蔵の焼酎「天の川」

壱岐味噌醤油ラーメン
950円

壱岐産アジのウルメをベースに、島の味噌と醤油を利かせた香り高いスープのオリジナルラーメン

お店からの一言

店主 横山庄二さん

「壱岐での酒蔵巡り&ダイビングも開催しています」

壱岐の店舗情報

[住所]東京都目黒区五本木3-31-5 ジョニーズハイツPart2 地下1階 [TEL]03-5704-6673 [営業時間]18時~翌5時(翌4時LO)、日18時~24時(23時LO) [休日]不定休 [席]カウンターあり、全32席/全席喫煙可/予約可/カード可/サなし、お通し430円別 [交通アクセス]東急東横線学芸大学駅西口から徒歩6分


電話番号 03-5704-6673

2018年9月号発売時点の情報です。

このグルメ記事のライター
関連記事
海外はもちろん、国内への旅もなかなか難しい昨今。旅へ行きたい! という気分を満たすべく、都内で楽しめる全国の郷土料理店をご紹介! ここでは、北海道、広島、沖縄の店が登場。郷土の味と酒を楽しみながら、少しでも旅気分を味わってみては?
生産者から直送の新鮮な馬刺しに、オーダーが入ってから衣を付けて揚げた熱々の辛子蓮根、歯触りしゃっきりの一文字ぐるぐるなど、熊本が誇る旨いものが一挙に集結。そんな心魅かれる郷土料理に加えて、カウンター内にある焼き場で煙を上げるのが、日本最大級の地鶏「天草大王」の串だ。
炭火で丁寧に焼かれた名物の「銀鯖串焼き」をひと口含めば、パリッと焼かれた皮の食感の後にジュワリと脂が溢れ出す。そのあと繊細な旨みが押し寄せるが、脂はむしろサラリとしていることに驚く。
店を切り盛りするのは那覇出身の女将さん。ホワイトボードに書かれたメニューもあるけれど、旬の食材を使ったその日の「おまかせ」ですべてを委ねるのが吉。
鎌倉・大町にある山形郷土料理『ふくや』の2号店。蔵を改装したホステルの1階という、異色の立地が面白い。
最新記事
キンと冷えた汁をゴクリとやると、すぐさますだちの涼しげな香りが鼻腔を抜ける。細打ちの蕎麦は喉をすべり落ち、その冷たさを直接胃まで運んでくれるようだ。
「東京ディズニーリゾート」の魅力は、人気アトラクションや華やかなショーだけではありません。パーク内のレストランなどで提供される料理の数々も、多くの人を惹きつけてやまない大きなポイントのひとつです。東京ディズニーリゾート初の公式レシピ本『Disney おうちでごはん 東京ディズニーリゾート公式レシピ集』(講談社)が刊行されました。本書では、東京ディズニーランド開園初期や東京ディズニーシー20周年記念のメニューまで、数万点の料理の中からパークの超一流シェフ6人が推す計62のレシピを紹介。パークの代表的なスイーツ「チュロス」ももちろん載っています。『おとなの週末Web』では、その中から3品を厳選。3回に分けてお届けします。
約20年前、世界各地を放浪していた私は、カンボジアの首都プノンペンをひとり歩いていたところ、全速力で走ってきた見知らぬおばちゃんに抱きつかれ……。カンボジアとベトナムを股にかけたインドシナの夜を前編・後編に分けてお届けします。
なんだかんだ言って、ジャンクで高カロリーなものって美味しいですよね。でも食べたあとに後悔することもあるわけで……。そんな罪悪感とは無縁かつヘルシーで美味しいものが東京・八重洲地下街の『2foods』でいただけるというお話しです。
get_app
ダウンロードする
キャンセル