MENU
ログイン
新規登録
カテゴリから絞り込む
すべての記事
本誌紹介
お取り寄せ
まとめ記事
まとメシ オリジナルコンテンツ
居酒屋・ダイニングバー
カフェ・喫茶店・スイーツ
カレー
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
アジア・エスニック料理
中華料理
テイクアウト・手土産
バル・バー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ラーメン・つけ麺
弁当
和食
コラム
覆面取材で見つけた間違いない店だけを掲載しているグルメ専門誌『おとなの週末』
元祖 本吉屋 本店(うなぎ/柳川市)

元祖 本吉屋 本店(うなぎ/柳川市)

1681年創業。うなぎの名産地として知られる柳川を代表する名店だ。

元祖 本吉屋 本店(最寄駅:柳川駅)

日本情緒を感じる店内で絶品せいろ蒸しを食す幸せ

名物料理の「せいろ蒸し」は、創業以来継ぎ足している秘伝のタレをまぶしたご飯を蒸し、その上に蒲焼と錦糸卵をのせ、さらに蒸して完成させる。フタを開けると湯気と共にうなぎの芳ばしい香りが漂い、食欲を誘う。せいろ蒸しにすることで、中がフワフワに仕上がる。うなぎの旨みと甘辛いタレが染み込んだご飯も極上の味わいだ。

せいろ蒸し定食
4400円

香ばしい焼き目とタレの照りが見事な蒲焼と錦糸卵のコントラストが美しい。定食には酢の物、肝吸い、香の物が付く。「特せいろ蒸し定食」(5000円)はご飯の間にもうなぎが入り、さらに豪華

元祖 本吉屋 本店の店舗情報

[住所]福岡県柳川市旭町69 [TEL]0944-72-6155 [営業時間]10時半~21時(20時半LO)※ランチタイム有 [休日]月曜日(祝日の場合は翌火曜日休み) [交通アクセス]西鉄天神大牟田線西鉄柳川駅より徒歩12分


電話番号 0944-72-6155

2018年8月号発売時点の情報です。

このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
毎年のようにテレビで流れる“ウナギが超高騰!”のニュースはどこ吹く風。なんとワンコインからうな丼が食べられる、新橋ビジネスマン感涙の店。
JR寺田町駅すぐという現在の場所で30年以上、前身の川魚の販売店から数えると80年以上の歴史を誇る。こちらの特徴はなんといってもその調理法。
熱々のうなぎとご飯をほおばると、脂のコクとタレの甘みを感じつつもすぅっと溶けるような食べ心地。大串がのる鰻重でも、最後まで飽きることなくお年寄りから子どもまでパクパクと箸が進んでしまう。
関東では一般的と言っていいうな串。関西ではほとんど見かけることのないこのスタイルで、10年以上前から人気を集めている。
明治から受け継がれる店の伝統は、とにかく質のいいうなぎを使うこと。上物をいかにたくさん継ぎ足しのタレにくぐらせるか。
暑さが増すと、つい手を伸ばしたくなるアイスクリーム。果物やミルクなど素材の良さを活かした逸品を集めました。どれも特別感のある味わいです。ご自宅でくつろぎながら楽しみませんか。ギフトとしてもおすすめです。
103views お取り寄せ
殻がついたままの蕎麦の実を挽きこむ「挽きぐるみ」で打つため、味わいや香りが豊かで歯応えを楽しめる出雲蕎麦。島根県奥出雲町とコラボしたこの店では、出雲蕎麦や仁多米など、島根県・奥出雲の食材や酒を堪能でき、その恵みに感謝したくなる。
 1970年創業のイタリアン。当時は、パスタをアルデンテで出すと「麺が固い!」と怒られた時代。
まず供されるシンプルな茶碗蒸しがあまりに美味しくて夢中で平らげてしまった。期待が高まったところで、にぎりを口にすると、シャリがふんわりとほどけた。
今回ご紹介するのは、2019年7月にオープンした『cafe&bar d●●●●●』だよ。 入れ替わりの激しい吉祥寺で1周年を迎えた&世界中を巻き込んだ“もーやってらんない”現象にも耐えていた(涙)。ということで、個人的に「おめでとう」の気持ちをこめてのご紹介です。店名はイニシャルだけどな……。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt