MENU
覆面調査で見つけた本当に旨い店が載る「元気が出る食の情報誌」
丹(日本料理/東山)|スタッフが精魂込めて稲から育て収穫したお米は絶品…!

丹(日本料理/東山)|スタッフが精魂込めて稲から育て収穫したお米は絶品…!

グルメ雑誌「おとなの週末」の人気コラム「おいしい往復書簡」掲載店舗。門上武司が関西でおすすめする担々麺をご紹介。スタッフ全員で一丸となり精魂込めて稲から育て収穫したお米は英気の宿る、恵みの味わい

丹(最寄駅:東山駅)

朝食
2500円(税別)

スタッフ全員で一丸となり精魂込めて稲から育て収穫したお米は英気の宿る、恵みの味わい

炊きたての香りと艶にまず心を奪われます。米を食べる幸せはここにあるのかと感じるのです。ご飯を左手、おかずは右手という、日本人がずっと楽しんできた口中調味の醍醐味を知るのです

『丹』おすすめのご飯の最強の供、納豆

丹の店舗情報

[住所]京都府京都市東山区五軒町106-13 [TEL]075-533-7744 [営業時間]朝食 8時~10時(9時半LO)※2部制、昼食12時~14時半(14時LO)、夕食は貸切営業のみ 18時~22時(21時LO)※ランチタイム有 [休日]月(祝日の場合は翌日火休) [席]全25席 全席禁煙/予約可/カード不可
[交通アクセス]地下鉄東西線東山駅1番出口から徒歩1分、市バス東山三条から徒歩5分


電話番号 075-533-7744

撮影/松浦稔 取材/門上武司

2018年10月号発売時点の情報です。

このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
昭和35年創業というから60年近く続く、なんとも気取りがない定食屋の味を、ご主人・山岸さんが守っている。そのとん汁がまた、家庭的とも言えるほっとする旨さ。
静かな北鎌倉は夜になるといっそうひっそりとする。通りからさらに少し引っ込んだ『こころや』は、知らなければまず辿りつけない。
人形町・甘酒横丁にある会席料理店の名物。生の白胡麻の皮を取り、丹念にすって練り上げた純白の胡麻豆腐に、煎った白胡麻のタレをかけていただく。
裏路地のかくれんぼ横丁に位置する「肉会席 ゆかわ」。もともと料亭として使われていたという和空間でのランチは、前日夜8時までの完全予約制だ。
 意外なほど朝ご飯が充実している鎌倉にあって、ここは別格。京都の朝食の名店が今年春に鎌倉店をオープンした。
私はごはん党なので、普段パスタをあまり食べないのですが、先日フラっとダイヤ街から一本入ったところにあるイタリアン『B』に入って、思い出しました。 この店が「○○し放題」の店であることを……。 というワケで、今回は吉祥寺で〇〇し放題の店をどーんとご紹介です。
イトヨリダイを使って毎日手仕込みする練り物は、弾けるようなしっかりとした食感と旨みが魅力。うれしいのがそのボリューム。
大正13年創業。洗練された内装と、上質で端正な握りが印象的だ。カウンターでお好み握りの「サーモン」を注文すると、職人さんが煮切り醤油をひと塗りして出してくれた。
昭和35年創業というから60年近く続く、なんとも気取りがない定食屋の味を、ご主人・山岸さんが守っている。そのとん汁がまた、家庭的とも言えるほっとする旨さ。
「たらスパ」の魅力に取り憑かれたオーナーが営む無限大の可能性を秘めたたらこスパゲッティ専門店!

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt