MENU
カテゴリから絞り込む
すべての記事
おとなの週末 オリジナルコンテンツ
まとめ記事
お取り寄せ
本誌紹介
ラーメン・つけ麺
カレー
ステーキ・ハンバーグ
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
そば・うどん
和食
鍋料理(すき焼き・しゃぶしゃぶ)
洋食・西洋料理
ニュース
中華料理
アジア・エスニック料理
居酒屋・ダイニングバー
バル・バー
カフェ・喫茶店・スイーツ
テイクアウト・手土産
弁当
ファーストフード
おいしくて、ためになる食のニュースサイト
丹(日本料理/東山)|スタッフが精魂込めて稲から育て収穫したお米は絶品…!

丹(日本料理/東山)|スタッフが精魂込めて稲から育て収穫したお米は絶品…!

グルメ雑誌「おとなの週末」の人気コラム「おいしい往復書簡」掲載店舗。門上武司が関西でおすすめする担々麺をご紹介。スタッフ全員で一丸となり精魂込めて稲から育て収穫したお米は英気の宿る、恵みの味わい

perm_media 《画像ギャラリー》丹(日本料理/東山)|スタッフが精魂込めて稲から育て収穫したお米は絶品…!の画像をチェック! navigate_next

丹(最寄駅:東山駅)

朝食
2500円(税別)

スタッフ全員で一丸となり精魂込めて稲から育て収穫したお米は英気の宿る、恵みの味わい

炊きたての香りと艶にまず心を奪われます。米を食べる幸せはここにあるのかと感じるのです。ご飯を左手、おかずは右手という、日本人がずっと楽しんできた口中調味の醍醐味を知るのです

『丹』おすすめのご飯の最強の供、納豆

丹の店舗情報

[住所]京都府京都市東山区五軒町106-13 [TEL]075-533-7744 [営業時間]朝食 8時~10時(9時半LO)※2部制、昼食12時~14時半(14時LO)、夕食は貸切営業のみ 18時~22時(21時LO)※ランチタイム有 [休日]月(祝日の場合は翌日火休) [席]全25席 全席禁煙/予約可/カード不可
[交通アクセス]地下鉄東西線東山駅1番出口から徒歩1分、市バス東山三条から徒歩5分


電話番号 075-533-7744

撮影/松浦稔 取材/門上武司

2018年10月号発売時点の情報です。

このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
日光連山の雪解け水で仕込む“日光豆冨”が主役のとうふ料理専門店。定番人気「青竹膳」の初見の感想は、「この量で足りるかな?」。
ミシュランで一ツ星を獲得している高級割烹。2代目・中嶋貞治氏が継いだときに、市場での長年の付き合いから通年新鮮なものを提供できるということで、イワシを使ったランチを始めたという。
曲げわっぱの蓋を開けた途端、湯気と共に磯の香りが立ち上る。これが大正13年に創業した老舗の自慢の深川めしだ。
東京が誇る江戸料理のひとつがねぎま鍋。7年前の開店当初から、この鍋を看板に据えたのが荒木町の路地裏にあるこちらの名割烹だ。
ひとり用の釜に入れたご飯を供する、いわゆる「釜めし」の元祖。大正15年(1926)、初代・矢野テルが関東大震災の被災経験から炊きたてのご飯をふるまうことを思いつき、小さな釜を特注して生まれた。
ライター・菜々山いく子が、くすんだ日常生活に彩りと潤いを与えるYouTubeの魅力を紹介する本記事。様々なYouTuberがいますが、今回紹介する方はおっさんサラリーマン! その名も大西 祐次郎。ダジャレを炸裂しつつも、実は料理を美味しそ〜うに撮る実力者なのです。
大坂の陣における真田丸は最強の砦だったが、こちらの看板地鶏「真田丸」は言わば最高の食材。「力強い歯応えと脂のコクが串焼きに最適」と社長が惚れ込み、生産者から直で仕入れている。
お小遣いの少ない飲み助にとって、家呑み用ツマミとして自由に買えるナンバー1は駄菓子なのではないか! とはいえ、そのまま食べるのも大人としていかがなものか!! ライター・カーツさとうが駄菓子を使った一品料理を考案。レシピ、動画付きでお届けします。
南インド料理の人気店『ダクシン』のビリヤニはチェティナード風。チェティナードとは南インドの地方名で、リゾート地として知られる。
「酒」の提灯、その奥に垣間見える楽し気なカウンターに、まずノックアウトだ。しかし、ここ『洒落者』の本領は、そのカウンター奥から次々と繰り出される、「ほんとにこの値段?」と思わせる素晴らしいつまみの数々だ。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
get_app
ダウンロードする
キャンセル