MENU
カテゴリから絞り込む
すべての記事
おとなの週末 オリジナルコンテンツ
まとめ記事
お取り寄せ
本誌紹介
ラーメン・つけ麺
カレー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
和食
鍋料理(すき焼き・しゃぶしゃぶ)
ニュース
中華料理
洋食・西洋料理
アジア・エスニック料理
居酒屋・ダイニングバー
バル・バー
カフェ・喫茶店・スイーツ
テイクアウト・手土産
弁当
ファーストフード
おいしくて、ためになる食のニュースサイト
大阪穴場グルメ_新大阪から足を伸ばす価値は大いにアリ! 三国で出会った手作りコンビーフが好きすぎた!/大阪ローカル穴場メシ情報[53]

大阪穴場グルメ_新大阪から足を伸ばす価値は大いにアリ! 三国で出会った手作りコンビーフが好きすぎた!/大阪ローカル穴場メシ情報[53]

食べた瞬間、絶句……! いやはや、またしても人には明かしたくない絶品料理と出合ってしまった。 新大阪駅から歩くこと約15分。阪急三国駅にほど近い場所にある沖縄・九州料理の創作バル「まんた」にその料理はある……。

perm_media 《画像ギャラリー》大阪穴場グルメ_新大阪から足を伸ばす価値は大いにアリ! 三国で出会った手作りコンビーフが好きすぎた!/大阪ローカル穴場メシ情報[53] の画像をチェック! navigate_next

新大阪から足を伸ばす価値は大いにアリ! 三国で出会った手作りコンビーフが好きすぎた!


食べた瞬間、絶句……!

いやはや、またしても人には明かしたくない絶品料理と出合ってしまった。

新大阪駅から歩くこと約15分。

阪急三国駅にほど近い場所にある沖縄・九州料理の創作バル「まんた」にその料理はある。


「沖縄料理店や居酒屋、洋食、それに地鶏専門店でも修業していました。
オープンして7ヵ月なんですが、この料理はバーで飲んでいたとき偶然に出された料理で、レシピを教えてもらって習得したんです」

こう話すのは、店主の池城柔志さん(36歳)。


その料理とは、「自家製生コンビーフ~バケット添え~」(800円)だ。


このコンビーフは手作りで、完成までに1週間を要すという。

「塩漬けした生肉をほぐしていくと、糸のように切れていくんです」

塩気が強いから生卵を混ぜてマイルドにする。

シーザーサラダのアボカドとの相性も抜群。

ガーリックバターで焼いたバケットの載せて食べれば、いくらでも入っていく。


ウ……ウマイ!

ウマすぎるやないかいっ!!


缶詰のコンビーフとは比べようがない。

肉なんだけど肉ではない食感なのだ。

言うならば、ビーフジャーキーを柔らかくして生にした感じか。


「もともとは宮古島出身で、向こうでもお店をやっていたんですが、大阪出身の嫁と結婚してこちらに移り住んだんです」

とはいえ、料理の腕前は全国どこでも通用する。

「宮崎地鶏の白レバテキ」(800円)は、箸が止まらなくなった。


生レバーの表面をさっと炙る。

すると懐かしの牛のレバ刺しを思い起こす食感に。

表面が焼かれたことで鶏のレバーが硬くなり、噛み応えが生まれて、なおかつ風味が増す。

ごま油と醤油、それににんにくたっぷりの味つけ。

刻み葱ともよくマッチする。


ビールをグビグビ。

続けてレバーを口に放り込む。

あ~タマらん!

このタレが旨すぎて、追ネギをしたいほど。


最後の〆でいただいたのは、店主の出身地である沖縄料理。

「ソーメンチャンプルー」(530円)だ。


この料理も極めていた。

麺はソーメンではなく、冷麦。

「柔らかすぎず、絡みづらいからです。アルデンテでいけますし、長年飲食で勤めた経験で冷麦がベストと覚えました」

人参のしりしりも沖縄風に柔らかくするのではなく、硬め。

このほうが歯ごたえあって、ホンマに美味しい。

沖縄に親族がいる身としては、感嘆さえするできばえ。


オープンしてまだ7ヵ月なのに店内は賑わい、入れないお客まで……。

大阪の口うるさいお客が納得する料理の数々。

見るだけではわからへん。


ご堪能あれ!

沖縄・九州料理創作バル「まんた」
[住所]大阪市淀川区三国本町3-27-7
[TEL]06-7162-6756
[営業時間]月~金 17:00~23:30
      日、祝 16:00~23:00
[定休日]不定休









加藤 慶(かとうけい)
大阪在住のライター兼カメラマン。週刊誌のスクープを狙う合間に関西圏の旨いモンを足で稼いで探す雑食系。


※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
このグルメ記事のライター
加藤慶@おとなの週末

加藤慶(かとうけい) 大阪在住のライター兼カメラマン。週刊誌のスクープを狙う合間に関西圏の旨いモンを足で稼いで探す雑食系。

関連記事
生野区の今里には無数の韓国料理店がある。 そのなかで、韓国人からも日本人からも最も評判が良いお店がココ「麦」だ。 驚嘆のレベルの海鮮チヂミや、女子にも人気のスンドゥブなど、韓国料理の醍醐味が味わえる店なのだ。
松阪牛で有名な三重県松阪市で、実は鶏焼肉がスタンダードで人気だという。 「松阪市に親族がいまして、そこで鶏焼肉を食べたらむちゃくちゃハマった。それで鶏焼肉専門にして朝から飲めるスタイルのスタンドを西成で始めたんです」 とは、「スタンド八とり」の店主工藤光一さん。オープンして1年半。西成ですでに有名店だ。
とにかく魚への鮮度にこだわる! 桶売りやイカの生簀まで店内に設置して、他所では出せない魚のクオリティを細部まで突き詰め、高知から関西に進出。破竹の勢いで店舗を増やしたのが「寅八商店」である。 こだわったこの新鮮な食材と、料理への情熱。こんな大変な時期でも「客数が増加した」と聞いて、まさしく納得の店なのだ。
2020年1月、尻無川のほとりに飲食店をメインとした複合施設「TUGBOAT TAISHO(タグボート大正)」がオープン。徐々にではあるが、名が浸透して新名所として活気づき始めている。 このタグボート大正、1階フロアの大半はフードホールで、約10店舗の飲食店が出店し、食を楽しむ人たちにも人気なのだ。
地下鉄メトロの心斎橋駅を歓楽街とは反対側の北方向に歩いて約5分。 平日だとスーツ姿の人が行きかうオフィス街に、“挑戦的な価格”でランチを提供する焼肉店があるという。 それが、10月5日にオープンしたばかりのホルモン・焼肉座「ちからや心斎橋店」。 端的にいえば、とにかく肉が安くて旨い店。だからこそ、ランチもお手ごろ価格なのだ。
最新記事
“肉系さぬき”を謳う大門にある人気店の2店舗目がこちら。ここで肉好きが避けて通れないのが「スペシャル」だ。
9カ月にわたりシーズンが続く女子プロゴルファー。身体が資本のアスリートですが、個人競技のため食生活の管理は完全に個々に任せられています。旅から旅への遠征が基本で外食も多いため、食事の時間は心身どちらにも大切です。そんな心と身体を解きほぐす“ハートめし“を、女子プロの皆さんが教えてくれます。今回登場するのは”れいちぇる“こと臼井麗香さん。先日も、スタンレーレディスゴルフトーナメント(10月8日~10日、東名CC)で初日に首位に立つなど好調なプレーが目立ちます。れいちぇるが推す地元・栃木県鹿沼市のとっておきのお店を紹介します。
人気貝料理店でありながら、1日100食売れる弁当はバリバリの台湾料理! 系列店が台湾にあるため、本場仕込みの「ルーロー飯」(豚角煮飯)と「ジーロー飯」(鶏肉飯)を日本人の口にも合うように、丁寧に拵えてある。
月刊誌『おとなの週末』で好評連載中の「口福三昧(こうふくざんまい)」は、漫画家のラズウェル細木さんが、試行錯誤を繰り返しながら食を楽しむ様子を描いた漫画エッセイです。連載をまとめた単行本『ラズウェル細木の漫画エッセイ グルメ宝島 美味しい食の探検へ』(講談社ビーシー/講談社)から収録作品を公開します。ラズウェルさんの“自作解説”とともに、お楽しみください。
今も昔も製麺所を営み、麺類の美味しさは中華街でも指折り。当然“冷やし”でもその旨さを堪能できる。
get_app
ダウンロードする
キャンセル