MENU
ログイン
新規登録
カテゴリから絞り込む
すべての記事
本誌紹介
お取り寄せ
まとめ記事
まとメシ オリジナルコンテンツ
居酒屋・ダイニングバー
カフェ・喫茶店・スイーツ
カレー
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
アジア・エスニック料理
中華料理
テイクアウト・手土産
バル・バー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ラーメン・つけ麺
弁当
和食
コラム
覆面取材で見つけた間違いない店だけを掲載しているグルメ専門誌『おとなの週末』
大阪穴場グルメ_韓国人もビックリ!? 冗談ちゃいまっせ~。鶴橋のキムチサンドはガチで旨い!/大阪ローカル穴場メシ情報[56]

大阪穴場グルメ_韓国人もビックリ!? 冗談ちゃいまっせ~。鶴橋のキムチサンドはガチで旨い!/大阪ローカル穴場メシ情報[56]

キムチサンドと聞くと、「キムチとパンの相性はどうなの?」と訝しがる人もいるだろう。実は自分自身もそうだった。大阪だし、はじめはネタだろうと……。 「いやいやいや……!ホンマ旨いから」と周りが口をそろえて言うのが、関西ではたびたびテレビに登場する珈琲館「ロックヴィラ」だ。


キムチサンドと聞くと、「キムチとパンの相性はどうなの?」と訝しがる人もいるだろう。

実は自分自身もそうだった。

大阪だし、はじめはネタだろうと……。

いや、しかし。

周りの知人、友人が口をそろえて「いやいやいや……!ホンマ旨いから」と言うのだ。

関西ではたびたびテレビに登場する珈琲館「ロックヴィラ」。

この店こそがキムチサンドを世に広めた、生みの親なのだ。


「4月28日でオープンして40周年になりました。
キムチサンドができて22年。
鶴橋は焼肉屋とキムチの街。
そこでキムチを使ってなんとかできないのか考えたんです」
とは、オーナーの岩村瑛子さんだ。


平成元年に最愛の夫に旅立たれ、女手一つで3人の子どもを育てながらお店を切り盛りした。

ピンと閃いたのはそれから8年後。

大きな転機を迎える。

「もちろん韓国にもキムチサンドはありませんからすべて挑戦でした。
焼いたパンやないとあきませんし、キムチの水分を取らないとダメでした……」


こうして完成したのが、今の「キムチサンド」(650円)だ。


ハムにきゅうり、崩した玉子にキムチは包まれる。

このなかに、隠し味を調合。

キムチのシャキシャキ感と玉子のマイルドさが妙に合って、実に美味!!

想像とはまったく違ってホンマに旨い。

辛さもまったく感じなかった。

「ホンマは、夏よりも冬のキムチのほうが美味しいんです。
白菜の味がそもそも違いますよ」


お昼時は大混雑!

行列ができるほど有名店にもなって、2人のお子さんは今や同店で働く看板娘に……。

関西ではおなじみの店となって、「キムチサンド」を家庭で作る人もいるほどメジャーになったのだ。

もう一つの人気メニュー「ミックスサンド」(650円)も、ぜひ食べてほしい。

玉子にハム、そして玉ねぎが中にどっさり。


ほわほわな玉子の中に、大き目の玉ねぎがゴロゴロ。

こちらも人気だけあって、一度食べ始めると次々と胃袋に放り込まれていく。

この量で650円。

キムチサンド同様、実に安くて旨いのだ。


キムチサンドはネタちゃいまっせ。

一度、食べなはれや!

珈琲館「ロックヴィラ」
[住所]大阪市東成区東小橋3-17-23
[TEL]06-6975-0315
[営業時間]8:00~18:30
[定休日]水曜








加藤 慶(かとうけい)
大阪在住のライター兼カメラマン。週刊誌のスクープを狙う合間に関西圏の旨いモンを足で稼いで探す雑食系。

このグルメ記事のライター
加藤慶@まとメシ

加藤慶(かとうけい) 大阪在住のライター兼カメラマン。週刊誌のスクープを狙う合間に関西圏の旨いモンを足で稼いで探す雑食系。

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
労働者の町・萩之茶屋で、女手一つで切り盛り。 朝8時営業で、最近は外国人観光客が少しずつ増えているというのが、今回紹介する大衆酒場「あーる&あーる」。 外国人の方々が絶賛する「トンテキ」は、刻みニンニクたっぷりの料理だ。
今里にある寿司屋の名店「八十八」。屋号は「やそはち」と読む。 15歳からこの業界に飛び込み、若くして独立した“活きの良い”店主がこだわる、魚の鮮度は、一度試してみる価値アリやで!
東淀川区の淡路。 友人の酒場通に言わせると、淡路に「電車賃をつかっても来る価値のある場所」があるという。 それが今回紹介する「あわや」。正直「お店大丈夫⁉」と心配してしまうほど価格破壊のメニュー満載の立ち飲み店だ。
大人の社交場、北新地に酒場がオープンするとの情報をキャッチ。 堂島アバンザから目と鼻の先にある「北ノ酒場TACHIPPA」は、北新地ではほとんど見かけない立ち飲みスタイルで、しかも割烹料理を提供。実にリーズナブルで、早くも女子会で人気だそう……。
JR天満駅から徒歩で約10分。住宅街にある和食「瑞」は、料理通なら心躍らせる食のテーマパークだ。 和食が素材にこだわるのは当然といえば当然。ええもんを、いかにひと手間加えて提供するのか、これが料理人の見せ所だ……。
2018年7月オープン。自然食を扱う会社が京都で立ち上げたジェラテリアの東京初進出店で、すべて合成乳化剤・安定剤フリー。
新型コロナウィルス蔓延防止の自粛中は、毎日掃除の日々(笑)。 そうしたら、BBQ以外では使ったことがないスキレットが出てきました! お店は閉まっているので、自宅でスキレット使ってためしてみま~す~。
吉祥寺は飲食に関しては何でもある街と思われているが、実は意外にないものがある。今回は、意外にないもののひとつ、仕事帰りのおひとり様女子(乗り換えでいったん吉祥寺に降り立つ女子も含む)を癒す店をご紹介だ。
デミグラスソースでハンバーグを煮込む。そのひと手間を加えるだけでこんなにも味わい深くなるものか。
名古屋市昭和区にある『炭焼 うな富士』。地元では知らない人はいないうなぎの名店である。 全30席の店内は常に満席で、平日でも店の前に行列ができるほどの人気ぶり。 そんな『うな富士』が今年4月、新型コロナウイルスの影響もあり、出前とテイクアウト、そしてついに通販も開始した。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt