MENU
覆面調査で見つけた本当に旨い店が載る「元気が出る食の情報誌」
ピリ辛トマト、ライム×チーズのバインミー ベトナムスタイルの絶品サバサンド/至福の鯖百選[19]

ピリ辛トマト、ライム×チーズのバインミー ベトナムスタイルの絶品サバサンド/至福の鯖百選[19]

「 ăn di(アンディー)」は、ベトナムスタイルのサンドイッチ「バインミー」の専門店。 ベトナム独特のやわらかなバケットに、肉や魚、大根とにんじんのなます(甘酢漬け)、パクチーなどをはさんだバインミーに魅了された島田孝子さんが、2013年にオープン。現地の味を学んだこだわりのバインミーが大人気。そしてサバファンのハートをわしづかみにしているのが「サバのバインミー」だ。

ピリ辛トマト、ライム×チーズのバインミー 「 ăn di(アンディー)」のベトナムスタイルの絶品サバサンド


世田谷区砧「 ăn di(アンディー)」は、ベトナムスタイルのサンドイッチ「バインミー」の専門店。

ベトナム独特のやわらかなバケットに、肉や魚、大根とにんじんのなます(甘酢漬け)、パクチーなどをはさんだバインミーに魅了された島田孝子さんが、2013年にオープン。

ベトナムに何度も通って、現地の味を学んだこだわりのバインミーが大人気だ。

「ハムと自家製レバパテ」「ペッパージンジャーチキン」など定番メニューに、随時限定メニューが加わる。
テイクアウトして、近くの砧公園で食べるのも楽しい♪


ăn diを目指してやってくるのは、バインミーファンだけではない。

はい。

ジェンヌとサバファンです♪


お目当ては「魚(サバ)とトマト バインミー」。

オープン時から絶大な人気を誇るバインミーだ。

「1度食べたお客様は、ずっとこれをオーダーされます。
ほかにもいろんなメニューがあるんですけどね(笑)」と島田さん。

島田孝子さん。
食品メーカーの商品開発や、レストラン・カフェの店舗プロデュース、
フードコーディネートに携わったのち、ăn diをオープン。ベトナム料理全般に造詣が深い。


バインミーは、現地ではベトナム風のチャーシューやレバーなど肉を使うことが多い。

「でもお店のメニューには、魚のバインミーもひとつはラインナップに加えたいと思ったんです」と島田さん。

そこでひらめいたのがサバだった。


「ベトナムで、イワシのトマト缶を挟んだバインミーを食べたことがあったんです。
あれをサバでやってみようと」


もともとサバ好きの島田さん。

サバの美味しさを引き出すトマトソースの研究を重ね、トウガラシ、ヌクマム、コブミカン、パクチーの根を加えた、エスニックな「ピリ辛トマトソース」を作り上げた。

エスニックな「ピリ辛トマトソース」でサバ水煮を煮る。
ソースの段階ではかなりピリ辛だけど、
パン、なますといっしょになると、ほどよい辛さに。


そこにフレーク状のサバ水煮を加えて煮る。

バケットは、専門店に特注で焼いてもらっている。
現地同様、軽さを大切にしながら、
より、もっちり感のある仕上がり。


独自の配合で作られたバケットに、バターを塗って、ピリ辛トマトソースで煮込んだサバ、なます、シーズニングソース(ベトナムしょうゆ)を振り、パクチーをはさんで完成。

サバとトマトのバインミーを作る島田さん。
トマトソースの味をきめるまでには、
かなりの時間を要したそう。

サバの身をほぐし過ぎずに仕上げる。

なますは、たっぷりサンド!



じゃーん。

具が「メガ盛り」なサバのバインミー! 

サバもたっぷり。

そしてなますもたっぷり!

野菜ソムリエでもある、島田さんの「たっぷり野菜を食べてもらいたい」という想いからだ。

「なます」というより「サラダ」状態である。

「魚(サバ)とトマト バインミー」。 
ヌクマムの風味、パンのやさしい甘みのせいか、どこか懐かしい素朴な味わい。


ガブリとかぶりつくと、独自の配合で作られた表面はパリッと歯切れよく、中はふんわりしたバケットとサバ、なますが口の中で「見事に一体化」!

バラッバラしてないのである。

生地がやわらかい、ベトナム風バケットだからこそ成せる技! 

「のりで巻いた具入りのおにぎり」並みに、気持ちよいしっくり感♪


サバはヌクマム風味のピリ辛トマトソースによって複雑で奥深い味わいに。

そして爽快な辛みがたまらない! 

そして甘酸っぱく、まるでお漬物のようにポリポリしたなますで、後味はやわらかくスッキリ!


さらに、千葉のパクチー農家から仕入れているという鮮やかな風味、シャキシャキすぎる、パクチーが香りたつ!

ボリュームがあるのに、あっという間にお腹に収まる。

たくあん並みにポリッポリの、なます。
ăn diの絶品バインミーの味を支える。


そうそう! 

このなます、とんでもなく美味しい! 

島田さん渾身のなますは、なんと「二度漬け」。

砂糖を加えた酢に一晩漬け、水気をきって、新たな酢に漬け直してさらに一晩というプロセスで、しっかり味をしみこませつつ、フレッシュ感をキープ。


これがサバに最高に合うのよ~(涙)! 

サバのバインミーとともに、コクのあるベトナムコーヒー、
健康と美容におすすめのベトナム産「アーティチョーク茶」や、
ベトナムビール「333」も楽しめる。




サバ×トマトのバインミーは、ビールにバッチリ! 

ベトナムビール「333」といっしょに召し上がれー!!



スパークリング級のさわやかさ!「自家製ライムマリネのサバチーズバインミー」


ăn diでは、毎年7~9月には「夏限定サババインミー」が登場する。

今年は「自家製ライムマリネのサバチーズバインミー」を販売中。


「夏らしいさっぱりした味わいを目指して試行錯誤しました」と島田さん。

サバに組みあわせたのは「サバと最高の相性!」と島田さんが力説する「ライム」。

カルダモンを加えたはちみつに漬け込んだ「ライムマリネ」、サバの水煮、なます、スライスチーズ、パクチーをバケットでサンドして、仕上げに粉チーズを振る。

ライムマリネ。
カルダモンの風味が絶妙。



サバ、ライム、チーズ。

極めて異色な組み合わせに心ときめくジェンヌさん。

「自家製ライムマリネのサバチーズバインミー」。
サバのバインミーは増えてきたけれど、この味付けはジェンヌも衝撃!! 
唯一無二の美味しさ! 販売は9月末日まで。急げ!!


いただきます!

ギャー さわやかすぎる!


キリッとしたライムでサバがグンとさわやか。

カルダモンのほんのりオリエンタルな風味も心地よい♪

そしてこちらは、ソースを使っていないので、いいよいよもって、 ăn di特製の、なますがパリパリ食感でさわやか! 

もはやサバがスパークリング級のさわやかさ!!


そしてバツグンのさわやかさの後に、チーズがほんのり。

チーズ感を主張するというより、後味にマイルドな余韻という巧みな演出! 

いうならば、シャンパンを飲んだときのイメージ! 

ひえー! 

「シャンパンのようなバインミー」!

こちら当然ながら、キリッと冷えた白ワインや泡にぴったり♪

ベトナムでは、昔から健康と美容によいとして
親しまれている「アーティチョーク茶」も販売。


ベトナムに、サバのバインミーはないけれど、お店を訪れたベトナム人が美味しいと大絶賛! 

バインミー界のサバミューズ・島田さんの技で「バインミーにはさまって、回遊するサバ」をぜひ味わってみて!


2階のイートインスペース。
ベトナムコーヒーと一緒にバインミーが楽しめる。
自家製ライムマリネのサバチーズバインミー」は
日替わりメニューとして提供。事前に確認を。
日替わりメニューについては、FACEBOOK、
インスタグラムなどで随時情報をアップ。

■ăn di(アンディー)」
http://www.andi-setagaya.com/others.html








池田陽子(いけだ ようこ)
サバファンの集い「鯖ナイト」や、日本中のサバ好きが集まる「鯖サミット」などの活動を担う「全さば連(全日本さば連合会)」広報担当/サバジェンヌとして活躍。本業は薬膳アテンダント/食文化ジャーナリスト。著書に『ゆる薬膳。』(日本文芸社)、『缶詰deゆる薬膳。』(宝島社)、『春夏秋冬ゆる薬膳。』(扶桑社)、「ゆる薬膳。」はじめたらするっと5kgヤセました!(青春出版社)、『サバが好き!』(山と渓谷社)など。

このグルメ記事のライター
池田 陽子@まとメシ

サバファンの集い「鯖ナイト」や、日本中のサバ好きが集まる「鯖サミット」などの活動を担う「全さば連(全日本さば連合会)」広報担当/サバジェンヌとして活躍。本業は薬膳アテンダント/食文化ジャーナリスト。

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
続々と登場している「進化系サバ缶」。なんと、福岡県北九州市小倉から「発酵系サバ缶」がデビュー!   しかも、「100年級のサバ缶」。タイムカプセルのような、絶品サバ缶をご紹介!
いよいよやってきますよ、今年もやってきますよー、3月8日サバの日!  サバファンもサバファンでなくても、この日は絶対サバでしょ! そんなサバらしい日に向けて、とんでもない商品が全国デビューを果たす! そう! 「さばカツ」をご紹介します!
今年も多彩なサバ缶がデビューを果たしたが、いまジェンヌがときめきまくっているのがこちら。2019年10月に発売がスタートした北海道・ノフレ食品「keith缶詰シリーズ」のサバ缶。 なにがどうって、このおしゃれっぷりがたまらないのだ!
福井県ならではの郷土料理「サバのへしこ」。 日本海に面した福井市越廼(こしの)地区。寒流と暖流が交わる好漁場で漁獲された、豊富な海の幸が茱崎(ぐみざき)漁港に水揚げされる。 前回は福井県若狭地方のへしこを紹介したが、県北部にも絶品のへしこがあると聞いて、訪ねてみた。
サバが古来より郷土料理として身近なのが「鯖街道」を有する福井県若狭地方。 「行き腐れ」といわれるほど足がはやい鯖の鮮度保持のために、独自の加工技術が発達した。代表的なものが「サバのへしこ」(サバのぬか漬け)。この地域ならではの保存食だ。
創業は大正8年。「ラーメンは昔からあって、みそラーメンは僕が中学のころから」と語るのは現ご主人。
ほんのり黄色がかった中太ストレート麺が浸るのは、ガツンと濃厚な醤油スープ。京都の老舗『新福菜館』から届く基本のタレを、野菜、豚、鶏からじっくり取ったスープで割っている。
餡はキャベツが中心、もやしをトッピングする「浜松餃子」、ニラ、ネギ、キャベツなど野菜をたっぷりと使う「宇都宮餃子」。餃子界の人気2トップのイチオシを厳選しました!撮影/鵜澤昭彦 スタイリング/中山暢子
美味しい牛肉が食べたい!と思ったら、どんな料理を想像するだろうか? 焼肉やステーキ、しゃぶしゃぶ……。一つ忘れてはいないか? すき焼きがあるではないか。 名古屋には旨いすき焼き、それも朝採れのクレソンをふんだんに使ったオシャレなすき焼きを食べさせてくれる店があると聞き、美食家の女友達、A子といっしょに行ってきた。
スイーツ好きの熱い支持を集める店だ。フレンチレストランやフランスのパティスリーで修業した店主が、仕入れ、製菓、サーブまで全てひとりで行う。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt