MENU
カテゴリから絞り込む
すべての記事
おとなの週末 オリジナルコンテンツ
まとめ記事
お取り寄せ
本誌紹介
ラーメン・つけ麺
カレー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
和食
鍋料理(すき焼き・しゃぶしゃぶ)
ニュース
中華料理
洋食・西洋料理
アジア・エスニック料理
居酒屋・ダイニングバー
バル・バー
カフェ・喫茶店・スイーツ
テイクアウト・手土産
弁当
ファーストフード
おいしくて、ためになる食のニュースサイト
匠 誠(寿司/新宿)|新宿駅スグ!30種以上のネタが盛られた「ばらちらし」は火・木・土、1日20食限定!

匠 誠(寿司/新宿)|新宿駅スグ!30種以上のネタが盛られた「ばらちらし」は火・木・土、1日20食限定!

予約困難な名店、東京・四ツ谷の『すし匠』で約15年、腕を磨いた店主が作り出す「ばらちらし」。30種類以上のネタが美しく盛られ、それらが響き合うハーモニーは見事のひと言だ。

perm_media 《画像ギャラリー》匠 誠(寿司/新宿)|新宿駅スグ!30種以上のネタが盛られた「ばらちらし」は火・木・土、1日20食限定!の画像をチェック! navigate_next

匠 誠(最寄駅:新宿駅)

まばゆい宝石のような美しさと、期待を裏切らない美味しさ

一心に食べ進めてしまいたくなるが、ここはぐっとこらえて味わいながら頂きたい。ネタは夜と同じものを使っており、シャリはばらちらし用にほんの少し甘めにして、全体の調和を図っているという。ランチは火・木・土の営業で、1日20食限定。9席のみなので予約がオススメだ。

ばらちらし(お漬物、お椀付き)
2000円

ネタは季節や日により内容が変わるので、伺うたびに楽しみがある。この日は金目ダイやウニ、イクラ、穴子や小肌、アワビなどなど。ワサビ醬油でさっと和えていたり、オボロをまとったエビなど、修業先さながらの華やかな味わい。土曜もランチ営業しているのがうれしい

匠 誠の店舗情報

[住所]東京都新宿区新宿4-1-9 新宿ユースビル6階 [TEL]03-6457-7570 [営業時間]火・木・土のみ11時半~13時半※売り切れ次第終了、18時~22時半(LO)※ランチタイム有 [休日]日・祝の月 [席]カウンターのみ、全9席/全席禁煙/予約可/カード可/サなし、お通しなし [交通アクセス]JR山手線ほか新宿駅ミライナタワー口から徒歩1分


電話番号 03-6457-7570

撮影/貝塚隆 取材/市村幸妙

2018年11月号発売時点の情報です。

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
このグルメ記事のライター
関連記事
代表兼ソムリエの岡田壮右さんは、オーストリアのワイン大使の肩書を持つスペシャリスト。その実力は、ワインと鮨の著書も手掛けるほど。
昭和51年(1976)から続く、町の小さなお寿司屋さん。2代目店主の早川さんは、『銀座 久兵衛』で腕をふるっていたが、初代亡き後、地元のお客に説得されて実家を継ぐことになった。
艶やかなトロをはじめ、マグロ赤身、小肌、穴子、イクラ、タコ、車エビ……。シャリが見えないほどネタを敷き詰めたお重の豪華さに目を奪われる。
築地場外市場にあるカウンター5席ほどの小さなお店で、朝8時から開店する。マグロの仲卸業者による経営のため、マグロの希少部位も手頃な価格で味わえるのが魅力的。
東京駅と直結する「八重洲地下街」(以下、ヤエチカ)。2021年6月で開業57年を迎えた、東京を代表する地下街のひとつだが、今大きな変貌を遂げている。その中から、今回は2021年7月29日にオープンした『スシロー八重洲地下街店』をご紹介!
最新記事
20年前、私はひたすら世界を旅をしていました。南米から中米の旅を終えて、メキシコから国境を越え、いよいよ自由の国アメリカへ。テキサス州ヒューストンまでの夜行バスと図書館で遭遇した驚きのルールをご紹介します。
ハワイ名物から、オリジナルフードまで味わえるレストラン「ザ・アイランド」 1号店が12月2日、東京・銀座にオープンしました。現地定番の味や創意工夫を凝らしたメニューはもちろんのこと、ホテルのロビーのような洗練された店内も大きな魅力です。ゆったりとした時間が流れる優雅な空間で料理をいただけば、慌ただしい師走にあっても、南国ハワイにいるような自分だけのくつろいだ時間を送ることができるでしょう。
マレー半島を旅しているような気分にどっぷり浸れる店だ。数年前、酷暑のクアラルンプールを歩き、汗だくになりながら有名な肉骨茶専門店を訪ねたことがある。
串焼きされた状態で提供されることの多い焼きとん。が、焼肉のように自分で焼いて楽しませる店も。職人の匠の味には及ばないかもしれないが、火を囲み、好みの焼き加減に仕上げるのは、魅惑の食時間なのだ。
コロナ騒動から始まった2021年は、全国に広がる緊急事態宣言やワクチン接種の開始、東京オリンピック・パラリンピック開催に自民党総裁交代など、1年を通じてどこか落ち着きがなかったかも。そんな2021年を締めくくる12月は、「整える」エネルギーを持つ四緑木星が司る。さあ、心も体も環境もすべて整えて、2022年を迎えよう!
get_app
ダウンロードする
キャンセル