MENU
カテゴリから絞り込む
すべての記事
おとなの週末 オリジナルコンテンツ
まとめ記事
お取り寄せ
本誌紹介
ラーメン・つけ麺
カレー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
和食
鍋料理(すき焼き・しゃぶしゃぶ)
ニュース
中華料理
洋食・西洋料理
アジア・エスニック料理
居酒屋・ダイニングバー
バル・バー
カフェ・喫茶店・スイーツ
テイクアウト・手土産
弁当
ファーストフード
おいしくて、ためになる食のニュースサイト
かかん鎌倉本店(中華料理/鎌倉)|圧倒的な人気ランチはグツグツ鉄鍋で煮えた麻婆豆腐!!

かかん鎌倉本店(中華料理/鎌倉)|圧倒的な人気ランチはグツグツ鉄鍋で煮えた麻婆豆腐!!

中華食堂といった風情の『かかん』は、贅沢な中華ではなく、日常に食べてもらえる店にしたかったという。ランチの圧倒的な人気は冷めないように鉄鍋で出す、グツグツ煮えた麻婆豆腐。

perm_media 《画像ギャラリー》かかん鎌倉本店(中華料理/鎌倉)|圧倒的な人気ランチはグツグツ鉄鍋で煮えた麻婆豆腐!!の画像をチェック! navigate_next

かかん鎌倉本店(最寄駅:鎌倉駅)

辛さ程よい熱々麻婆豆腐に白飯がすすむ

辛さと旨みが程よいバランスで、豆腐の甘みもしっかり感じる。テーブルに用意された青と赤の2種類の花椒は、香りの違いを楽しむためのスパイス。皮がモチモチの水餃子もぜひ一緒に。

かかんの本格四川麻婆豆腐定食
1200円

スープ、小鉢2品、ご飯、杏仁豆腐がセット。ご飯との相性は文句なし。ビールやワインなどのお酒も充実で、昼から飲める

人気の水餃子は単品4個からランチでもオーダーできる。ピーナツだれと麻辣だれで

お店からの一言

スタッフ 高垣江里さん

「特注麺のランチもありますよ~」

かかん鎌倉本店の店舗情報

[住所]神奈川県鎌倉市御成町13-12 [TEL]0467-22-4772 [営業時間]11時半~14時LO、17時半~21時LO※ランチタイム有 [休日]不定休 [席]カウンターあり、全24席/全席禁煙/夜は予約可/カード不可/サ・お通し代なし [交通アクセス]JR横須賀線ほか鎌倉駅西口から徒歩5分


電話番号 0467-22-4772

撮影/ミヤジシンゴ 文/岡本ジュン

2018年11月号発売時点の情報です。

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
このグルメ記事のライター
関連記事
『ゴルゴ13』などのヒット作で知られる漫画家のさいとう・たかをさんが9月24日、膵臓がんのため亡くなりました。84歳でした。さいとうさんが生前好んで食べたという絶品の「酢豚」を、月刊誌『おとなの週末』(2018年9月号)でも取り上げていました。お店の人に聞くと、「よく来られていました。最近はコロナなので、お持ち帰りがメインでした」といいます。当時の記事を再掲します。
日本発祥と言われる冷やし中華だが、本場の味が集まる横浜中華街でも夏の定番としてすっかり定着。よだれ鶏をのせる、刀削麺を使うなどバリエーションも様々。中でも「美味!」と唸らされた三ツ星店を紹介!
琥珀色の米粒から、ぷぅ~んと匂い立つ醤油の香ばしさ。1929年の開業時から受け継がれた味だ。
ランチタイムは行列、ディナータイムは連日満席。そんな人気店の看板メニューのひとつがこの「焼きめし」。
台湾の人気炒飯店『民生炒飯』の味に惚れ込んだ日本人スタッフが現地で修業をし、本場の味を習得。店主に認められ、国外初出店を果たした。
最新記事
1985年、名バーテンダー高橋弘行さんが開業した九州きっての名門バー。鹿児島の旬の柑橘やフルーツを使ったカクテルが人気で、嘉之助蒸溜所のニューボーンも様々な飲み方を提案する。
美味しいのに、単体だと不思議と軽視されがちな気がするワンタン。なんだか妙にいじらしいその味わいを求め、街を徘徊してみました。
代表兼ソムリエの岡田壮右さんは、オーストリアのワイン大使の肩書を持つスペシャリスト。その実力は、ワインと鮨の著書も手掛けるほど。
『おとなの週末Web』では、グルメ情報をはじめ、旅や文化など週末や休日をより楽しんでいただけるようなコンテンツも発信しています。国内外のアーティスト2000人以上にインタビューした音楽評論家の岩田由記夫さんが、とっておきの秘話を交えて、昭和・平成・令和の「音楽の達人たち」の実像に迫ります。細野晴臣の第2回も、「YMO以前」の状況がつづられます。美術家・横尾忠則の要望で、オール・キーボードのアルバムを制作することになり……。
ドイツの年末の風物詩が横浜で楽しめます。クリスマスまであと1カ月。恒例行事となった横浜赤レンガ倉庫のクリスマスマーケット『Christmas Market in 横浜赤レンガ倉庫』(11月26日~12月25日)が始まります。12回目となる2021年は「ギフト」をテーマとして、日本初上陸のグッズ販売に加えスノードームの手作り体験やファーストクラスの機内食の出店など、普段はなかなか体験できない、思い出に残るスペシャルな催しが盛りだくさんです。
get_app
ダウンロードする
キャンセル