MENU
ログイン
新規登録
カテゴリから絞り込む
すべての記事
本誌紹介
お取り寄せ
まとめ記事
まとメシ オリジナルコンテンツ
居酒屋・ダイニングバー
カフェ・喫茶店・スイーツ
カレー
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
アジア・エスニック料理
中華料理
テイクアウト・手土産
バル・バー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ラーメン・つけ麺
弁当
和食
コラム
覆面取材で見つけた間違いない店だけを掲載しているグルメ専門誌『おとなの週末』
肉庵 小滝野 白金本店(すき焼き・しゃぶしゃぶ/白金高輪)|厳選された牛タンしゃぶがオススメ!

肉庵 小滝野 白金本店(すき焼き・しゃぶしゃぶ/白金高輪)|厳選された牛タンしゃぶがオススメ!

牛タンの花に心も浮き立つ。均一の見事な薄さに手切りした"花びら"は1頭からわずかしか取れないタン元を使う贅沢なひと皿だ。

肉庵 小滝野 白金本店(最寄駅:白金高輪駅)

熟成させた旨みを秘めた牛タンの花が鍋の中で開花する

5℃で10日ほど熟成させることにより、余分な脂が抜けて旨みが凝縮、ねっとりとした舌触りを生み出すという。失礼ながら牛タンは焼き肉が一番と思っていた筆者、前言撤回。昆布ダシにくぐらせると焼きとはまた違う雑味のない甘みが開花し、九州産の醤油で味を調えた和風つけダシがそれをさらに後押しする。牛タン料理も多彩で、魅力を広めたいと8月には横浜馬車道にも出店したそう。

牛タンしゃぶ
1人前3800円(注文は2人前~・写真は2人前)

手切りで均一にカットした牛タンは見るからに上質。塊を布で包んで10日間ほど熟成しているもので、しゃぶしゃぶに使用するのは柔らかいタン元のみというこだわりだ

雑炊(写真は2人前)
1人前 550円

卵でとじた雑炊はサラサラと何杯でも食べられるほど。2人前はボリュームもある

タン焼き、タンのユッケ
3200円、1800円

タン元を贅沢に串焼きにした「タン焼き」は外カリッと中はジュワッ。さっくり噛み切れるほど柔らかい。独自の調理法の「タンのユッケ」は秘伝のタレと塩で味付け

お店からの一言

白金本店・店長 五十嵐英夫さん

「しゃぶしゃぶのほか
独自の牛タン料理を
揃えています」

肉庵 小滝野 白金本店の店舗情報

[住所]東京都港区白金1-14-10 [TEL]03-6408-9537 [営業時間]18時~翌1時(24時LO)、日・祝17時~24時(23時LO) [休日]不定休 [席]カウンターあり、個室あり、全27席/分煙/予約可/カード可/サなし、お通し代500円別 [交通アクセス]地下鉄南北線ほか白金高輪駅4番出口から徒歩1分


電話番号 03-6408-9537

撮影/大西尚明 取材/肥田木奈々

2018年12月号発売時点の情報です。

このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
客はそれをネギのタワーともチョモランマとも呼ぶ。看板「葱豚しゃぶしゃぶ」のネギのことである。
赤々と炭を熾した囲炉裏がこの店の舞台。その周りに置かれた席に腰をかければ“三九劇場”の幕が上がる。
ラム肉も豚肉もしゃぶしゃぶに程よい厚みにカットされ、食べ応えがあるのがうれしい。「北海道」だからか、ダシに入っている昆布が立派だった。
世界700店以上で愛されている「本格薬膳蒙古火鍋しゃぶしゃぶ」が楽しめる。スープがとにかく秀逸で、看板メニューでもある「麻辣紅湯」は花椒が利いていて、旨みが深くクセになる味。
8年ほど前から提供しているという名物の「雲丹しゃぶしゃぶ」は今も変わらずこの店の代名詞。目にも鮮やかなオレンジ色のウニスープで、鯛やホタテなど海鮮を味わう鍋。
あんぱんで有名な『銀座木村家』の知る人ぞ知るメニューが、2階の喫茶で提供されている「小海老のカツレツサンド」だ。軽くふわっと付けられた衣はサクサクで、ぎっしり詰まったエビは絶妙な火加減でプリップリ。
夫婦で切り盛りする小体な喫茶店。店主の坂爪弘樹さんは、「コーヒーもケーキも専門店級の味を届けたい」と数々の洋菓子店や高級珈琲店で修業後、2004年にこの店を開店した。
ふたを開ければ宝石のごとき点心に目も心も奪われる。まずはご覧の蒸し餃子。
「ひつまぶし」の激戦区、名古屋駅前にオープンした『ひつまぶし う家』は、通常の1.6倍の大サイズの鰻を使った「大ひつまぶし」が名物。 今年2月末以降、新型コロナウイルスの感染が拡大しつつある中で『ひつまぶし う家』はテイクアウトメニューに力を入れてきた。 そして、系列店で同じ建物内にある『札幌 かに家』のテイクアウトも、かにを存分に堪能できるものばかりなのだ。
松戸を中心に店舗展開する超人気店『中華蕎麦 とみ田』が、満を持して東京に上陸。同店の代名詞である超濃厚な豚骨魚介つけ麺と、富田店主が業界入りするきっかけにもなった名店『東池袋大勝軒』のクラシカルなつけ麺を二枚看板で提供する。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt