MENU
カテゴリから絞り込む
すべての記事
おとなの週末 オリジナルコンテンツ
まとめ記事
お取り寄せ
本誌紹介
ラーメン・つけ麺
カレー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
和食
鍋料理(すき焼き・しゃぶしゃぶ)
ニュース
中華料理
洋食・西洋料理
アジア・エスニック料理
居酒屋・ダイニングバー
バル・バー
カフェ・喫茶店・スイーツ
テイクアウト・手土産
弁当
ファーストフード
おいしくて、ためになる食のニュースサイト
フレンチ居酒屋 Enn(フレンチ/上野)|有機野菜たっぷりの韓国石鍋でほっこりできる隠れ家フレンチ♪

フレンチ居酒屋 Enn(フレンチ/上野)|有機野菜たっぷりの韓国石鍋でほっこりできる隠れ家フレンチ♪

熱々の韓国石鍋の中で湯気を立てているのは、和牛のすじ肉を2時間煮込み、ひと晩寝かせてとったスープで作るポトフだ。中には玉ネギ、ニンジン、大根、ゴボウと有機農法の根菜がたっぷり入り、塩味のコクあるスープに野菜の甘みが溶け出している。

perm_media 《画像ギャラリー》フレンチ居酒屋 Enn(フレンチ/上野)|有機野菜たっぷりの韓国石鍋でほっこりできる隠れ家フレンチ♪の画像をチェック! navigate_next

フレンチ居酒屋 Enn(最寄駅:上野駅)

じっくり煮込んだ牛すじスープをたっぷりの有機野菜が受けとめる

食材は国産で天然ものや無農薬、低農薬のものでほぼ揃えるという店主の元には、季節ごとに天然キノコやタケノコなどの貴重な味覚が全国から集まる。四季折々の豊かな日本の食を、肩ひじ張らずに洋風のアレンジで堪能できる店だ。

和牛すじ肉のポトフ風小鍋
(1人前)880円

直火で炊いて熱々のまま席に運べる保温性の良さから、石鍋が長年愛用されているのだとか

クジラのカルパッチョ
880円

イワシクジラの赤身のカルパッチョ。玉ネギと春菊の香りが、クジラの野生的な味わいとマッチする

二代目メンチカツ
850円

大人気のメンチカツは、肉汁が滝のように溢れる逸品。豚肉と牛肉、それぞれ粗挽きと細挽きの肉を四種類混ぜ合わせ、パン粉にはカラッと揚がる特別な製品を使用。添えられたサルサソース、とんかつソースもオリジナルの味付け!

お店からの一言

店主 菊地幹人さん

「お酒も食材も最高の旬のものを一期一会の気持ちでご用意しています」

フレンチ居酒屋 Ennの店舗情報

[住所]東京都台東区東上野3-12-8 遠藤ビル1階 [TEL]03-5812-4280 [営業時間]月~金11時半~13時半LO(売り切れ次第終了)、18時~21時半LO、土・日18時~21時半LO※ランチタイム有 [休日]不定休 [席]カウンターあり、全12席/全席禁煙/予約可/カード可/お通し代550円~別 [交通アクセス]地下鉄銀座線上野駅1・2番出口から徒歩3分


電話番号 03-5812-4280

撮影/瀧澤晃一 取材/赤谷まりえ

2018年12月号発売時点の情報です。

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
このグルメ記事のライター
関連記事
市場では仔牛を産んだことのない未経産牛が最も価値が高いと言われている。が、果たしてそれは本物の旨さなのか? 
ミシュランで三ツ星を獲得し続ける名店の味を肩肘張らない雰囲気の中いただける。最大の魅力は旬の素材の美味しさをシンプルな調理法で引き出した料理たち。
「冬には温かい料理を何か用意しておきたいですね」という料理長横山さん。「仔牛のクリーム煮込み」も毎年のように作るという。
皿のキャンバスに配した料理はまるでアート。なんて気取ってみたら店主の椿さん、「ただ収まりよくしてるだけです(笑)」とサラリ。
滋賀の食材をメインにしたビストロで、記憶に刻まれるひと皿に出合った。それが近江牛の炭火焼き。中心温度を45℃前後に保ちつつ、炭火に乗せて、休ませてを繰り返すこと3~4回。
最新記事
『おとなの週末Web』では、グルメ情報をはじめ、旅や文化など週末や休日をより楽しんでいただけるようなコンテンツも発信しています。国内外のアーティスト2000人以上にインタビューした音楽評論家の岩田由記夫さんが、とっておきの秘話を交えて、昭和・平成・令和の「音楽の達人たち」の実像に迫ります。第1回は、国民的バンドとなったサザンオールスターズの桑田佳祐です。
活躍中のカメラマン・鵜澤昭彦氏による、美味なるマグロ探訪記。第3回は新宿山吹町にある、小料理屋『ぐり』の「天然生マグロづけ丼」。極上の「マグロ丼」は人と人との不思議な巡り会いで誕生した。
並のロースは税込800円。しかも羽釜で炊いたご飯と丼にたっぷりの豚汁付きでってところもうれしくなる。
小説『バスを待つ男』や、講談社の「好きな物語と出会えるサイト『tree』」で連載中のエッセイ『日和バス 徘徊作家のぶらぶらバス旅』など、作家生活25周年を迎えた西村健さんは、路線バスをテーマにした作品の書き手としても知られています。「おとなの週末Web」では、東京都内の路線バスを途中下車してふらり歩いた街の様子と、そこで出会った名店のグルメを紹介します。
「江戸っ子は屋台で寿司をつまんだ後、帰り際に暖簾で手を拭いて店を後にしたそうです。なので暖簾の汚れっぷりが、旨い店の判断基準だったとか」。と、話してくれたのは『挙母鮨』の星野店長。
get_app
ダウンロードする
キャンセル