MENU
ログイン
新規登録
カテゴリから絞り込む
すべての記事
本誌紹介
お取り寄せ
まとめ記事
まとメシ オリジナルコンテンツ
居酒屋・ダイニングバー
カフェ・喫茶店・スイーツ
カレー
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
アジア・エスニック料理
中華料理
テイクアウト・手土産
バル・バー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ラーメン・つけ麺
弁当
和食
コラム
覆面取材で見つけた間違いない店だけを掲載しているグルメ専門誌『おとなの週末』
荒木町 きんつぎ(居酒屋/四谷三丁目)|美味しい和食と日本酒に出会える小さなお店でほっと一息!

荒木町 きんつぎ(居酒屋/四谷三丁目)|美味しい和食と日本酒に出会える小さなお店でほっと一息!

その店は彗星の如く現れた。寿司屋を思わせる白木のカウンター。

荒木町 きんつぎ(最寄駅:四谷三丁目駅)

若きふたりの爽やかな勢いを酒と共に味わう

信楽焼きのつけ皿に、客のペースに合わせて供される小粋な旬菜。名店誕生に誰もが歓喜したのは、ここが学芸大学「件」などで酒を学んだ佐藤さんと北村さんがタッグを組んだ店だから。調理の様子が見える厨房はライブ感があふれ、若きふたりの清々しい勢いに満ちている。料理はといえばフレンチ経験もある北村さんが主に担当しており、端正な仕事の和の肴から洋のスープ・ド・ポワソンまで枠に縛られないあれこれが楽しい。日本酒はレア物より食中酒としてよく合うものを厳選。そのセンスも秀逸。ところで屋号。物を大事にする“金継ぎ”にちなみ「今までとこれからの想いや人をつなぐ店に」と。つくづく名店誕生を心から歓迎したい。

カニと木の子のけんちん蒸し、前菜盛り合わせ
950円(基本2人分、写真は1人分)、1200円

豆腐をベースにしたカニとキノコの蒸し料理。和風ダシの餡が掛かる。この日の前菜は鴨ロース煮や青大豆の浸し豆など。旬の果物の白和えは柿とマスカット。ゴマを使わずクリームチーズでコクを出しており、酒に合う

本日のラーメン(鯛出汁のラーメン)
1300円

天然鯛の骨やアラで仕込んだスープが上品な味わい。麺は太めの平打ち

海老しんじょ、濃厚魚介出汁椀
1400円(基本2人分、写真は1人分)

ふわっとしたエビしんじょに添えるのはスープ・ド・ポワソンの魚介の濃厚ダシ。アラカルトは基本的に21時頃からの注文が好ましい

日本酒は食事と一緒に楽しんでほしいと「綿屋」など食中酒として優れているものを選んでいる。「レア物や種類を多く揃えるより自分が本当に推したいものを」と佐藤さん。ボディー感のある銘柄が多い

お店からの一言

佐藤正規さん、北村徳康さん

「早い時間は8品ほどで構成するおまかせのご提供が中心です」

荒木町 きんつぎの店舗情報

[住所]東京都新宿区四谷3-3-6 アイエス共同ビル3地下1階 [TEL]03-6709-8704 [営業時間]18時~24時最終入店(日・祝は23時最終入店) [休日]不定休 [席]カウンターあり、個室あり、全19席/全席禁煙/予約可/カード可/サなし/[交通アクセス]地下鉄丸ノ内線ほか四谷三丁目駅4番出口から徒歩2分


電話番号 03-6709-8704

撮影/小澤晶子 取材/肥田木奈々

2018年12月号発売時点の情報です。

このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
「新虎通り」開通以前の2015年2月オープン。京の町家を思わせる外観が目を惹く。
巷では中国茶ブームだが、極上の烏龍茶でお茶割りを作ろうというのはナイスなアイデア! ここはそんなお茶割りの専門店。
小町通り脇の小路に佇むナチュラルワインと野菜料理の店。店主はレストランの厨房で働いた経験があり、サラダなど野菜の惣菜はもちろん、鶏レバームースや鴨のコンフィといった肉料理までレストランクオリティだ。
神保町の路地裏で、午後3時の開店から続々とお客さんがやって来る。しかも皆さんお勤め人風だから、昼飲みとはいえ雰囲気はなごやか。
鉄板で焼きつけるクワ焼きは大阪大衆酒場の花形。それをモダンに取り入れ、ワインや日本酒と合わせた話題の新店。
 かつて三田にあった中華料理店『味一番』。少年時代、この店のタンメンと炒飯が大好物だった店主・今野さんは、それを再現するため植木職人から料理の世界に飛び込んだ。
東京で緊急事態宣言がなされて以降、飲食店は多大なるダメージを受けている。 そんな飲食店を応援すべく立ち上がったのが「さきめしSupported by SUNTORY」。 飲食店へ“先払い”する「さきめしチケット」と、さきめしに登録した飲食店全店へ均等に分配する「寄付」で応援するというプロジェクトだ。その考えに、おとなの週末編集部も賛同。実際に利用することで応援してみた。
安くて、旨くて、ボリューム満点の三拍子揃った愛知県の、喫茶店のモーニング。その発祥の地とされる尾張地方西部の街、一宮市にある人気店『カフェ メールネージュ』は、テイクアウトモーニングに力を入れている。そして、新型コロナウィルスの広がりを防止する動きのなかで、その需要はより高くなった……。
店を切り盛りするのは那覇出身の女将さん。ホワイトボードに書かれたメニューもあるけれど、旬の食材を使ったその日の「おまかせ」ですべてを委ねるのが吉。
甘じょっぱいタレに浸かったエビの天ぷらは、ご飯と海苔との相性がバツグン。ご飯とおかずがひと口サイズで一度につまめるため、数あるお弁当の中でもとにかく食べやすい。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt