MENU
ログイン
カテゴリから絞り込む
すべての記事
本誌紹介
お取り寄せ
まとめ記事
まとメシ オリジナルコンテンツ
ラーメン・つけ麺
カレー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
和食
鍋料理(すき焼き・しゃぶしゃぶ)
中華料理
アジア・エスニック料理
居酒屋・ダイニングバー
バル・バー
カフェ・喫茶店・スイーツ
テイクアウト・手土産
弁当
コラム
覆面取材で見つけた間違いない店だけを掲載しているグルメ専門誌『おとなの週末』
【閉店】手もみ中華そば 麦の花(ラーメン/四谷三丁目)

【閉店】手もみ中華そば 麦の花(ラーメン/四谷三丁目)

『灯花』グループの新ブランドで、濃厚煮干しラーメンの専門店『灯花紅猿』からのリニューアル。看板の「中華そば」は、白口煮干しや宗田節といった魚介のダシと鶏ガラの旨み、香味野菜の甘みを生かしたもので、どこか懐かしい味がする。

perm_media 《画像ギャラリー》【閉店】手もみ中華そば 麦の花(ラーメン/四谷三丁目)の画像をチェック! navigate_next

【閉店】手もみ中華そば 麦の花(最寄駅:曙橋駅)

口に含んだ途端に広がるやさしい甘みは、野菜のダシに由来するもの。さらにカツオ油で、親しみやすさとコク、香りを加えた。店名にあるよう、手揉みの多加水もちもち麺を採用。独特のコシがあり、噛みしめる度に小麦の甘みが広がっていく。麺は玉子入りの細麺にチェンジもできる。

中華そば
780円

フライパンで焦げ目を
付けてから提供する分厚いバラ肉チャーシューも、ジューシーで美味

手もみブラック中華そば
780円

醤油感を立たせたキレのあるタレと黒胡椒でスープにインパクトを加えた富山ブラック風のラーメン

お店からの一言

店長 平倉佑樹さん

「麺の美味しさをダイレクトに楽しめる「油そば」もおすすめですよ!」

【閉店】手もみ中華そば 麦の花の店舗情報

[住所]東京都新宿区荒木町8-3 プチ藤ビル [TEL]03-5379-0241 [営業時間]11時~22時半 ※ランチタイム有 [休日]無休 [席]カウンターのみ、全5席/全席禁煙/予約不可/カード不可/サ・お通し代なし [交通アクセス]都営新宿線曙橋駅A1出口から徒歩5分


電話番号 03-5379-0241

撮影/瀧澤晃一 取材/松井さおり

2019年2月号発売時点の情報です。

このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
屋号はオーナーの父親が営んでいたラーメン屋を引き継いだもの。そのレシピを踏襲しつつも味を磨き上げ、オリジナルの一杯へと昇華させた。
見た目は極めてシンプル。が、界隈で5軒のラーメン店を営む店主がこの一杯にかける手間と技は尋常じゃなかった。
薬膳の資格を持つ料理長が腕を振るう。食材はできるだけ国産を使用し、塩分を抑えるために酒で素材の持ち味を引き出す。麺類に使用する醤油にも、野菜を煮詰めたエキスを加え旨みを足してまろやかに仕上げるなど、実に体に優しい味わい。
常に進化を続ける『ソラノイロ』のラーメン。同店を代表するメニューの野菜をふんだんに使った「ベジソバ」も然りで、現在はニンジンに加え、玉ネギからの旨みもスープにプラス。
船橋の『まるは』グループが、「日本近海の海の幸を使った鮮魚ラーメン」を引っ提げて東京に進出。割烹料理や大衆居酒屋も営むことから、市場との伝手を生かした、他店では食べられないような贅沢な一杯を目指す。
厚削りの本枯節をじっくり煮出したダシに、醤油のまろやかな風味が立つかえし。どっしりとした風合いのつゆは、これぞ江戸蕎麦と言わんばかりの伝統的な味わいだ。
キャラメリゼした表面のカリッとした食感とシナモンの香りと甘さ。それも食べやすいサイズに切ってあるのでついパクリと食べてしまいます。
ラーメン。中でも醤油ラーメンは日本人にとって原点の味だ。様々なラーメンに携わり、最終的に「醤油だ!」と戻ってくる店主も少なくない。今回はその醤油に特化。研ぎ澄まされた進化系から、昔ながらの懐かし系まで、唸る一杯の三ツ星店を集めました。ほか、東京の「コの字酒場」、自宅で温泉気分に浸れる「入浴剤」も特集しています!
768views 本誌紹介
道を究めた一流の料理人と、日本を代表する美容業界社長という、異業種の組み合わせで語り合う本企画。第3回目となる今回は、天ぷら界随一の理論派でもある近藤文夫さんをフォーカス。対する高級化粧品会社社長・小林章一さん、実は“天ぷらNG”の前情報もあり、ビジネス談義以外も見所満載。 果たしてふたりの会話の行方は如何に、そして小林社長は天ぷら開眼なるか!?
206views まとめ記事
クロコダイルにエミュ、カンガルー、ダチョウが食べられる!と聞いて臆するアナタにこそ、この店を訪れてほしい。ここは3月にリニューアルしたオーストラリア料理の人気店。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
get_app
ダウンロードする
キャンセル