MENU
ログイン
新規登録
カテゴリから絞り込む
すべての記事
本誌紹介
お取り寄せ
まとめ記事
まとメシ オリジナルコンテンツ
居酒屋・ダイニングバー
カフェ・喫茶店・スイーツ
カレー
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
アジア・エスニック料理
中華料理
テイクアウト・手土産
バル・バー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ラーメン・つけ麺
弁当
和食
コラム
覆面取材で見つけた間違いない店だけを掲載しているグルメ専門誌『おとなの週末』
レストランユニック(洋食/目黒)|アットホームなフレンチ♪パリで修行したシェフの赤ワイン煮は絶品

レストランユニック(洋食/目黒)|アットホームなフレンチ♪パリで修行したシェフの赤ワイン煮は絶品

雰囲気やサービスはビストロのように気取らず、それでいて料理は手間を惜しまず丁寧にソースを作りあげ、季節の食材の美味しさを存分に引き出している。パリの星付きレストランでも修業した中井シェフの赤ワイン煮は、ピュアでクリアなソースが特長的。

レストランユニック(最寄駅:目黒駅)

見た目はシンプルでも重ねた香りで表情のあるひと皿に

牛ホホ肉は4時間かけて蒸し煮にするため、旨みが内側にギュッと詰まっている。付け合わせも秀逸で、ほのかに甘い安納芋に軽く燻製をかけ、上から温かいブルーチーズのソースをかける。「いろんな香りを重ねることで料理に表情を出したくて」と中井シェフ。ひと皿の中にも、口に運ぶ度にいくつもの発見が隠されていて、食べる楽しみを呼び覚ましてくれる。

黒毛和牛ホホ肉の赤ワイン煮込み
3510円

重たいイメージのある赤ワイン煮込みだが、中井シェフの作り出す皿は繊細で軽やか。牛ほほ肉のほか、時期によってオックステールなどに部位が変わることも。ブルーチーズソースはまろやかで食べやすいフルムダンベールを使う

シストロン産子羊のオニオングラタンスープ
1890円

羊の名産地、プロヴァンス地方シストロン産の子羊のバラ肉をオニオングラタンスープ風に。煮込みとスープのちょうど中間のような感じでワインもすすむ

月の輪熊とフォアグラのパイ包み焼き、サルミソース
6480円

力強くジューシーな月の輪熊とまろやかなフォアグラの最強タッグは冬の人気メニュー

お店からの一言

シェフ 中井雅明さん

「冬にはジビエ夏には夏の旨い肉を料理に生かします」

レストランユニックの店舗情報

[住所]

東京都目黒区目黒3-12-3 松田ビル1階 [TEL]03-6451-0570 [営業時間]18時~24時(22時半LO)、日は~22時半(21時半LO) [休日]月 [席]カウンターあり、全21席/全席禁煙/予約可(ランチは要予約)/カード可/サなし、テーブルチャージ540円別 [交通アクセス]JR山手線ほか目黒駅から徒歩12分


電話番号 03-6451-0570

撮影/貝塚 隆 取材/岡本ジュン

2019年3月号発売時点の情報です。

このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
大正14年(1925)創業。代々続くメニューがずらりと並ぶなかでも、このグラタンはいたってシンプル。
「ちょっと一杯飲みに行こう」、という意味の店名には、気軽な雰囲気で最高のひと皿を味わってもらいたいという有沢シェフの想いがこもる。中でもホーロー鍋に山盛りで出てくる名物が、国産のムール貝と旬の貝を蒸したもの。
デミグラスソースでハンバーグを煮込む。そのひと手間を加えるだけでこんなにも味わい深くなるものか。
昭和47~48年頃、賄いでグラタンを食べたいという従業員のため、耐熱皿の代わりにトースト用食パンで作ったのが“グラパン”誕生のきっかけ。さらに1年ほど前、メニューにあったビーフシチューをグラパンにしたら美味しいのではないかと、土・日・祝限定で「デミグラスグラパン」を始めた。
戦前から続く食堂を経て、ステーキがメインの洋食店へ。肉の筋と脂を取り除く駄敏丁カットは特許技術で、噛むほどに肉の柔らかさを実感する。
東京の寿司店で修業を積み、約10年前に地元・横浜で独立。「わざわざ足を運んでもらうような場所なので、握りもひと工夫しています。
全日本さば連合会が4月末よりスタートした「サバレシピリレー~サバトンをわたそう!~」。 その後も「サバトン」(バトンです……)は、北は北海道、南は鹿児島、さらになんとオーストラリアまで! サバレシピが続々と投稿されている。その数は、現在150を超えた。 和洋中、エスニックと、「サバラエティー」にあふれる多彩なレシピが大集合!
“食堂”をコンセプトとする新ブランドの看板は、ゲンコツと背脂、 バラ肉でとった豚100%の清湯ラーメン。スープは、超クリアな“あっさり”と背脂たっぷりの“こってり”から選択できるが、お店の推しは断然“こってり”だそう。
いま最も注目されている飲み屋街、西成。 そのなかでも昔から西成通に愛されている角打ちがある。 それが、17年前にオープンした「山口酒店」。 「立ち呑みの部分だけ間借りしてます。お酒は隣の酒屋から選んでもってきてくださいね」 という名物ママが仕切る、居心地の良い店なのだ。
大正14年(1925)創業。代々続くメニューがずらりと並ぶなかでも、このグラタンはいたってシンプル。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt