MENU
ログイン
新規登録
カテゴリから絞り込む
すべての記事
本誌紹介
お取り寄せ
まとめ記事
まとメシ オリジナルコンテンツ
居酒屋・ダイニングバー
カフェ・喫茶店・スイーツ
カレー
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
アジア・エスニック料理
中華料理
テイクアウト・手土産
バル・バー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ラーメン・つけ麺
弁当
和食
コラム
覆面取材で見つけた間違いない店だけを掲載しているグルメ専門誌『おとなの週末』
立ち呑 こひなた(居酒屋/新橋)|おつまみ全品200円!お昼から営業してる立ち呑み店♪

立ち呑 こひなた(居酒屋/新橋)|おつまみ全品200円!お昼から営業してる立ち呑み店♪

昼の11時から通し営業でやってるザ・立ち呑み店である。2号館のディープな雰囲気とも合っている。

立ち呑 こひなた(最寄駅:新橋駅)

つまみ全品200円! 新橋屈指の立ち飲みの名店

つまみのお品書きには値段がない。なぜってオール200円だから。混み合っているときはダークダックスのように立って呑もう。

オムソバ
200円

人気のオムソバ。この気取りのなさ、ボリュームがいい

トマトハイは370円。ポテサラとたてがみ(馬肉)も。お会計は1回ごとに

立ち呑 こひなたの店舗情報

[住所]東京都港区新橋2-21-1 2号館 地下1階 [TEL]非公開 [営業時間]11時~23時 ※ランチタイム有 [休日]日・祝


電話番号 非公開

撮影・取材/池田一郎

2019年3月号発売時点の情報です。

このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
赤と白、アナタはどちら?いえ紅白歌合戦ではありません、煮込みの味の種類のこと。
「新虎通り」開通以前の2015年2月オープン。京の町家を思わせる外観が目を惹く。
巷では中国茶ブームだが、極上の烏龍茶でお茶割りを作ろうというのはナイスなアイデア! ここはそんなお茶割りの専門店。
小町通り脇の小路に佇むナチュラルワインと野菜料理の店。店主はレストランの厨房で働いた経験があり、サラダなど野菜の惣菜はもちろん、鶏レバームースや鴨のコンフィといった肉料理までレストランクオリティだ。
神保町の路地裏で、午後3時の開店から続々とお客さんがやって来る。しかも皆さんお勤め人風だから、昼飲みとはいえ雰囲気はなごやか。
名古屋駅前の柳橋中央市場からほど近い和食店『柳橋 魚しゃぶ 濱の季』は、旬の魚介をだしにくぐらせて、ポン酢やごま醤油、土佐醤油など6種類のたれでいただく「魚しゃぶ」が名物。 そんな名店で、夏を迎えるにあたって注目したいのが『濱の季』のテイクアウト。とにかくお値打ちなメニューがいっぱいあるのだ……。
駒沢のワインバー『Centro Storico』で評判だった鯛ラーメンが専門店に。修業先であるイタリアの星付きレストランで覚えた“真鯛のパスタ” を基に、イタリアンの技法や発想をちりばめたかつてない鯛ラーメンを完成させた。
暑さが増すと、つい手を伸ばしたくなるアイスクリーム。果物やミルクなど素材の良さを活かした逸品を集めました。どれも特別感のある味わいです。ご自宅でくつろぎながら楽しみませんか。ギフトとしてもおすすめです。
180views お取り寄せ
殻がついたままの蕎麦の実を挽きこむ「挽きぐるみ」で打つため、味わいや香りが豊かで歯応えを楽しめる出雲蕎麦。島根県奥出雲町とコラボしたこの店では、出雲蕎麦や仁多米など、島根県・奥出雲の食材や酒を堪能でき、その恵みに感謝したくなる。
 1970年創業のイタリアン。当時は、パスタをアルデンテで出すと「麺が固い!」と怒られた時代。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt