MENU
ログイン
新規登録
カテゴリから絞り込む
すべての記事
本誌紹介
お取り寄せ
まとめ記事
まとメシ オリジナルコンテンツ
居酒屋・ダイニングバー
カフェ・喫茶店・スイーツ
カレー
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
アジア・エスニック料理
中華料理
テイクアウト・手土産
バル・バー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ラーメン・つけ麺
弁当
和食
コラム
覆面取材で見つけた間違いない店だけを掲載しているグルメ専門誌『おとなの週末』
果房 メロンとロマン(スイーツ/神楽坂)|日本初☆1階はショップ、2階はカフェのメロン専門店♪

果房 メロンとロマン(スイーツ/神楽坂)|日本初☆1階はショップ、2階はカフェのメロン専門店♪

パステルグリーンの外壁が目を引くメロン専門店。手がけているのは、青森県つがる市。

果房 メロンとロマン(最寄駅:飯田橋駅)

実はメロンの名産地! 青森県つがる市の工房型メロン専門店

青森県はメロンの年間収穫量が全国4位で、つがる市はその7割の生産量を誇る。メロンを通してつがるを知ってもらい、メロン共々愛してもらうべく、市のアンテナショップとしてオープンした。
 メニューは、糖度15度以上のつがるブランドメロンを中心に構成。9月頃までは、甘みの強い赤肉の「レノン」、ジューシーで爽やかな甘みの青肉「タカミ」を使う。これらを1階のショップでテイクアウト、2階のカフェでイートインできる。無料でメロン・フレーバー・ウォーターが飲めたり、メロンの皮の網目の凸凹を再現したコースターが出るなど、五感で楽しめる仕掛けが満載。気づけばメロンの虜になるだろう。

赤と青のメロンパフェ
1750円

赤肉と青肉の2種類のメロンをふんだんに使用。メロンゼリーにメロンクリーム、メロンシャーベット、中には果肉がギッシリ入る。どれだけ食べてもメロンという贅沢ぶりで、お値段以上の価値あり!

3種のメロンテイスティング
680円

爽やかな味から濃厚な甘みまで、個性の異なる旬のメロンを食べ比べできる。この日は、左から「ホームラン」「タカミ」「レノン」。クリーミーな特製メロンクリームに付けて食べても美味しくいただける

エスプーマメロンかき氷
1200円

夏季限定メニュー。メロン果汁を凍らせたふわふわのかき氷にかかるのは、メロン果汁100%で作られたエスプーマ(泡)。果実の爽やかな甘みの後に練乳の濃厚な甘みが追いかけ、いいアクセント

生メロンのフルーツサンドプレート
1780円

厚切りのメロンと甘さ控えめの自家製クリームをレーズンパンでサンド。トマトとメロンの冷製ガスパチョ、生ハムメロンのサラダとひと皿に。サンドは持ち帰り可(単品550円、2種セット1000円)

果房 メロンとロマンの店舗情報

[住所]東京都新宿区神楽坂3-6-92 [TEL]03-6280-7020 [営業時間]11時半~17時半 ※ランチタイム有 [休日]月・火 [交通アクセス]地下鉄有楽町線ほか飯田橋駅B3出口、都営大江戸線牛込神楽坂駅A3出口から徒歩5分


電話番号 03-6280-7020

撮影/小島 昇 取材/戎 誠輝(編集部)

2019年9月号発売時点の情報です。

このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
紀伊國屋書店新宿本店の通路に店を構え、気軽に立ち寄りやすいこちら。夕方からはサラリーマンを中心ににぎわっている。
有楽町の人気アンテナショップ選りすぐりの国産素材を集結させた、珠玉のソフトクリーム。千葉県の牧場で搾乳・加工されて36時間以内に有楽町の店舗に届けられるソフトクリームは、“都内イチの鮮度”でミルク感が強いのが特徴だ。
2018年7月オープン。自然食を扱う会社が京都で立ち上げたジェラテリアの東京初進出店で、すべて合成乳化剤・安定剤フリー。
スッキリと甘い“スキアマ”をキャッチフレーズに、昨年秋に台湾から日本上陸。東方美人、鉄観音など本国から随時レシピを受け継ぎ、現在は約20種類のフレーバーから1日2種類を週替わりで提供する。
代々木上原の『パティスリー ビヤンネートル』でパフェを担当していた馬場麻衣子さんが、パフェのためのジェラートも作りたいと2017年3月オープン。両店の試作を行うラボ的存在でもある。
正直に白状すると、生卵の白身のどろり感がちょっと苦手な私。 生卵をなめらかに混ぜられてカラザもするりと取れる、卵を混ぜるために作られた『まぜ卵』なるものを発見! 「いや~な白身のどろり感がなくなるよ!」と、パッケージに書いてあったので、さっそく購入して、試してみました。
無類の海老好きにはタマらないお店がある。海老バル「orb福島(オーブ福島)」だ。このお店、難波などで何度か利用した経験があるのだが、まずは入り口に正面にあるこの水槽に誰もが目を奪われるはず。 実はここ、オマール海老のつかみ取りができるお店で有名なのだ。
天保元年創業。日本料理の老舗『なだ万』ときけば身構えてしまうが、こちらは気軽なランチ会もおひとり様も歓迎。
さっぱり風味のあんとコクのあるバター、その相性の良さは言うまでもないが、これにくるみパンをプラス。低温長時間発酵させた味わい深い生地に、食感も心地よいくるみの香ばしさ、あんバターの甘じょっぱさがあいまって、後を引く味に。
ランチや定食をやっている店に入ると、唐揚げ定食をデフォルトで頼んでしまう脂っぽいおっさん女子です。だが、もし店のメニューにあったら唐揚げにも目もくれず頼んでしまうのが、実はハムエッグ定食。 なぜか定食屋さんで食べるハムエッグにはテンションが爆上りなのである(苦笑)。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt