MENU
カテゴリから絞り込む
すべての記事
おとなの週末 オリジナルコンテンツ
まとめ記事
お取り寄せ
本誌紹介
ラーメン・つけ麺
カレー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
和食
鍋料理(すき焼き・しゃぶしゃぶ)
ニュース
中華料理
洋食・西洋料理
アジア・エスニック料理
居酒屋・ダイニングバー
バル・バー
カフェ・喫茶店・スイーツ
テイクアウト・手土産
弁当
ファーストフード
おいしくて、ためになる食のニュースサイト
音威子府TOKYO(そば/四谷三丁目)|極太&真っ黒でインパクト大!北海道音威子府村伝統のお蕎麦が食べられる☆

音威子府TOKYO(そば/四谷三丁目)|極太&真っ黒でインパクト大!北海道音威子府村伝統のお蕎麦が食べられる☆

極太で真っ黒な見た目がインパクト大! 北海道で最も人口が少ない街、音威子府村で今からおよそ90年も前から親しまれてきた、なんとも荒々しい風情の蕎麦だ。

perm_media 《画像ギャラリー》音威子府TOKYO(そば/四谷三丁目)|極太&真っ黒でインパクト大!北海道音威子府村伝統のお蕎麦が食べられる☆の画像をチェック! navigate_next

音威子府TOKYO(最寄駅:四谷三丁目駅)

北海道の秘境で愛される素朴な風合いの蕎麦を都心で堪能

これに惚れ込んだ店主・鈴木さんが四谷・荒木町に暖簾を出したのは10月のこと。都心でこのスタイルの蕎麦を食べられるのは、現在ではおそらくこの店だけだとか。北海道産の蕎麦の実を鬼殻ごと挽いてたっぷり混ぜ込んだ挽きぐるみ粉で打ち、たぐれば野趣と素朴な風味がどこか郷愁を感じさせる。同じく北海道産の昆布のダシを利かせた、ほんのり甘めでどっしりとしたつゆがこの蕎麦には見事に調和する。のど越しではなく、しっかり噛みしめて味わいたい一杯だ。

音威子府たぬき蕎麦
1078円

今では秘境駅になってしまった音威子府駅の立ち食い店がルーツだ。麺は村内の製麺所から直送している。甘めのつゆに浮かべた天かすのコクがよく合う

音威子府ざる蕎麦
968円

蕎麦の風味をシンプルに味わうならこれ! 冷水で締めた蕎麦はモチモチと弾力あるコシがたっぷり

蕎麦味噌、板わさ
495円、649円

(手前)2種類の味噌を練った自家製で、蕎麦の実の食感と香ばしさがアクセント (奥)おろしたての本ワサビで食せば、最高の酒のお供になる

鴨ねぎ焼き
924円

甘辛いタレを絡めて焼いた身はしっとりジューシーだ

お店からの一言

代表 鈴木章一郎さん

「夜は飲み放題付きの宴会コースも用意しています」

音威子府TOKYOの店舗情報

[住所]東京都新宿区舟町3-6 今塚ビル1階 [TEL]03-6457-7590 [営業時間]11時半~14時LO、17時~23時LO [休日]日・祝 [席]カウンターあり、全15席/全席禁煙/予約可/カード可/サ・お通し代なし [交通アクセス]地下鉄丸ノ内線四谷三丁目駅4番出口から徒歩2分


電話番号 03-6457-7590

撮影/小島 昇 取材/菜々山いく子

2019年12月号発売時点の情報です。

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
このグルメ記事のライター
関連記事
飲食店激戦区・恵比寿の地で24年続く実力店。店主は『一茶庵』出身で、茨城県産の常陸秋そばを中心にした手打ち蕎麦を供する。
夏の蕎麦といえば、せいろを思い浮かべる人が多いハズ。でも、それだけではありません。冷たいおツユの冷やかけ、もり汁や蕎麦切りにひと工夫した変わり種まで。夏を感じる一杯をお届けします。
「物を大切にすると命が宿る。きれいな家には穏やかな人が育ち、家が恩返しをしてくれる」。店主の宮下厚志さんは、この言い伝えが好きだという。
最初にかけ汁を口に含んだ時、もしかしたら「おや?」と思うかもしれない。一般的なつゆに比べると、ほんの少しだけ、かえしの風味が淡い薄口仕立て。
蕎麦屋を営んでいた父の背中を見て育ち、「物心がついた頃から蕎麦職人になりたかった」と話す店主の早川さん。大事にするのは、香り、旨み、甘み、色味など全体のバランスだ。
最新記事
野菜や豚骨などのスープを煮込んで作るスパイスカレー。辛さが選べ、激辛好きの聖地としても有名だ。
月刊誌『おとなの週末』で好評連載中の「口福三昧(こうふくざんまい)」は、漫画家のラズウェル細木さんが、試行錯誤を繰り返しながら食を楽しむ様子を描いた漫画エッセイです。連載をまとめた単行本『ラズウェル細木の漫画エッセイ グルメ宝島 美味しい食の探検へ』(講談社ビーシー/講談社)から収録作品を公開します。ラズウェルさんの“自作解説”とともに、お楽しみください。
コロッケ、ハムエッグ、明太子…人気のおかずの多くは、惣菜パンとして商品化されています。皆さんのおススメ商品は何でしょうか?個人的なお気に入りは断然「ちくわパン」です(北海道出身です)。 JR東日本のエキナカの「NewDays」「NewDays KIOSK」で開催中(9月27日まで)の「北海道フェア2021」で、そのちくわパンがラインアップされていると聞いてチェックしました。ちくわパンといえば、札幌の人気パン店「どんぐり」が発祥です。どんぐりのちくわパンとの比較もしてみました。
三軒茶屋の銘酒居酒屋で腕を磨いた店主が満を持して開店した和食店。レアなものから人気なものまで取り揃える日本酒が自慢だ。
『おとなの週末Web』では、グルメ情報をはじめ、旅や文化など週末や休日をより楽しんでいただけるようなコンテンツも発信しています。国内外のアーティスト2000人以上にインタビューした音楽評論家の岩田由記夫さんが、とっておきの秘話を交えて、昭和・平成・令和の「音楽の達人たち」の実像に迫ります。今回から取り上げるのは、“ユーミン”ことシンガー・ソングライターの松任谷由実。今も胸に残る初対面の時の言葉とは…。
get_app
ダウンロードする
キャンセル