MENU
ログイン
カテゴリから絞り込む
すべての記事
本誌紹介
お取り寄せ
まとめ記事
まとメシ オリジナルコンテンツ
ラーメン・つけ麺
カレー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
和食
鍋料理(すき焼き・しゃぶしゃぶ)
中華料理
アジア・エスニック料理
居酒屋・ダイニングバー
バル・バー
カフェ・喫茶店・スイーツ
テイクアウト・手土産
弁当
コラム
覆面取材で見つけた間違いない店だけを掲載しているグルメ専門誌『おとなの週末』
中国茶館 香香天風(アジア、中国茶/浅草)|約60種類の中国茶は台湾スイーツと一緒に愉しんで♪

中国茶館 香香天風(アジア、中国茶/浅草)|約60種類の中国茶は台湾スイーツと一緒に愉しんで♪

中国にはお茶にまつわる資格がふたつある。お茶を淹れる茶藝師と茶葉を鑑定する評茶員だ。このふたつの資格を持つのが浅草『香香天風』の安井さん。「わかりやすく言うと茶藝師はバリスタ、評茶員はソムリエ」と笑う。

perm_media 《画像ギャラリー》中国茶館 香香天風(アジア、中国茶/浅草)|約60種類の中国茶は台湾スイーツと一緒に愉しんで♪の画像をチェック! navigate_next

※コロナ禍で外食が自粛・縮小されている状況ではありますが、ぜひ知っておいて欲しい飲食店を、ご紹介しております。

中国茶館 香香天風(最寄駅:浅草駅)

知るほどに美味しさが増す魅惑の台湾茶

独自に仕入れた約60種類の中国茶を扱う『香香天風』では、本場さながらの飲み方で中国茶を愉しむことができる。
 
台湾茶の魅力は香りが良いこと。産地は全土にあるが、種類はその多くが烏龍茶。中国大陸とは気候が違うため、製法も独自に変化している。

台湾を代表するお茶は、北部では文山包種や木柵鉄観音、東方美人。中部の凍頂烏龍、中南部にある阿里山烏龍など。それぞれ味わいも個性的で、凍頂烏龍は爽やかな飲み口が緑茶に近いため日本人にも飲みやすい。
阿里山で取れる金萱茶はミルクのような香りがあり、味わいはすっきり。最近では軽い味わいが人気となった鉄観音は蜜のような香りとわずかな酸味のバランスが絶妙。中国茶のシャンパンといわれる東方美人は、害虫であるウンカへの防衛本能が、結果茶葉に蜂蜜のような甘い独特の香りをもたらしたというもの。


今回は、安井さんに台湾茶を美味しく飲むための「工夫茶」と呼ばれるお茶の淹れ方を教えもらった。工夫茶は中国福建省の南部が発祥とされる烏龍茶の飲み方で、中国茶の代表的な淹れ方として知られている。
「中国茶には日本の茶道ほど厳密な作法はないので、その人が美味しいと思う淹れ方で構わないんですよ」と安井さん。もし道具がなければ紅茶用のポットで淹れてもOKという。

本場でもブームが続く台湾茶は品種改良や製茶法の開発が進み、今までのカテゴリーにはまらないお茶も増えているとか。そんなイノベーティブな面白さも加わった台湾茶は、知識にとらわれず自由に愉しみたい。

工夫茶のセット(阿里山烏龍 軽焙煎)
1000円

台湾茶のセット(工夫茶)。台湾茶では聞香杯があり、こちらで香りを聞く。最初は自分の飲みたいお茶を選ぶところから。旬のおすすめなどを聞いてみたい。何煎か飲むうちに、お茶の表情が変わるのも面白い

粗食パイナップルケーキ
500円

卵や乳製品を使わない、日本のパティシエが造るパイナップルケーキ

お店からの一言

店主 安井信保さん

「銘柄よりも今が飲み頃というお茶を味わって」

中国茶館 香香天風の店舗情報

[住所]東京都台東区浅草4-43-4 浅草豆花大王内 [TEL]03-5849-4580 [営業時間]12時~20時、土・日・祝~19時 ※ランチタイム有 [休日]火 [席]全22席/全席禁煙/予約可/カード可 [交通アクセス]つくばエクスプレス浅草駅A2出口から徒歩8分


電話番号 03-5849-4580

撮影/貝塚 隆 取材/岡本ジュン

2020年1月号発売時点の情報です。

※全国での新型コロナウイルスの感染拡大等により、営業時間やメニュー等に変更が生じる可能性があるため、訪問の際は、事前に各お店に最新情報をご確認くださいますようお願いいたします。また、各自治体の情報をご参照の上、充分な感染症対策を実施し、適切なご利用をお願いいたします。

このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
タピオカミルクティーの元祖として知られるこちらは、香料を使わないナチュラルなお茶の香りと美味しさを追求している。無添加にこだわり、シロップなどもすべて店でその日に手作りしたものだけを使う。
たわわ過ぎて、薄皮から飛び出そうな焼売の肉餡。噛み締めると懐かしい甘さがして、幼い頃、おやつで食べた蒸し芋を思い出す。
台湾ローカルな屋台料理をテーマにしたというこちらは、シェフもスタッフも全員台湾人。食材や、醤油、米酒、八角などの調味料も現地から取り寄せ、カジュアルにして本場の味にこだわっている。
ひと坪の店から渋谷の新名物が誕生! 音楽界のグルメ番長・小宮山雄飛さんが、南インドの家庭料理「レモンライス」のみ扱うテイクアウト専門店をオープン。
厚削りの本枯節をじっくり煮出したダシに、醤油のまろやかな風味が立つかえし。どっしりとした風合いのつゆは、これぞ江戸蕎麦と言わんばかりの伝統的な味わいだ。
キャラメリゼした表面のカリッとした食感とシナモンの香りと甘さ。それも食べやすいサイズに切ってあるのでついパクリと食べてしまいます。
ラーメン。中でも醤油ラーメンは日本人にとって原点の味だ。様々なラーメンに携わり、最終的に「醤油だ!」と戻ってくる店主も少なくない。今回はその醤油に特化。研ぎ澄まされた進化系から、昔ながらの懐かし系まで、唸る一杯の三ツ星店を集めました。ほか、東京の「コの字酒場」、自宅で温泉気分に浸れる「入浴剤」も特集しています!
776views 本誌紹介
道を究めた一流の料理人と、日本を代表する美容業界社長という、異業種の組み合わせで語り合う本企画。第3回目となる今回は、天ぷら界随一の理論派でもある近藤文夫さんをフォーカス。対する高級化粧品会社社長・小林章一さん、実は“天ぷらNG”の前情報もあり、ビジネス談義以外も見所満載。 果たしてふたりの会話の行方は如何に、そして小林社長は天ぷら開眼なるか!?
208views まとめ記事
クロコダイルにエミュ、カンガルー、ダチョウが食べられる!と聞いて臆するアナタにこそ、この店を訪れてほしい。ここは3月にリニューアルしたオーストラリア料理の人気店。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
get_app
ダウンロードする
キャンセル