MENU
カテゴリから絞り込む
すべての記事
おとなの週末 オリジナルコンテンツ
まとめ記事
お取り寄せ
本誌紹介
ラーメン・つけ麺
カレー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
和食
鍋料理(すき焼き・しゃぶしゃぶ)
ニュース
中華料理
洋食・西洋料理
アジア・エスニック料理
居酒屋・ダイニングバー
バル・バー
カフェ・喫茶店・スイーツ
テイクアウト・手土産
弁当
ファーストフード
おいしくて、ためになる食のニュースサイト
ビストロとサカバ TAKE(洋食(その他)/代々木公園)|ポークカツレツが大人気!どんなお酒も相性抜群♪

ビストロとサカバ TAKE(洋食(その他)/代々木公園)|ポークカツレツが大人気!どんなお酒も相性抜群♪

帝国ホテル等でフレンチの修業を重ねた店主が、「気軽に楽しんでもらいたい」と普段使いの店をオープン。炭火焼きの肉料理も売りだが、どんなお酒にも合うポークカツレツが熱い支持を集める。

perm_media 《画像ギャラリー》ビストロとサカバ TAKE(洋食(その他)/代々木公園)|ポークカツレツが大人気!どんなお酒も相性抜群♪の画像をチェック! navigate_next

※コロナ禍で外食が自粛・縮小されている状況ではありますが、ぜひ知っておいて欲しい飲食店を、ご紹介しております。

ビストロとサカバ TAKE(最寄駅:代々木公園駅)

個性派カレーソースと素朴なトマトソースの共演をカツで楽しむ

フォンドヴォーや赤ワインをベースにふんだんにスパイスを使ったカレーソースと、シンプルなトマトソースの2種を一度に楽しめるのも人気の秘密。その深みある自家製ソースが絡んだ歯触りのよいカツレツはサワー類との相性も抜群で、ご馳走気分が盛り上がる組み合わせだ。

ポークカツレツ2種ソース
580円

カツの上には素揚げの野菜とキノコがのり、華やかで食べ応えあり

ハーブ豚とキノコのカツカレー「ボルドー風」
980円

香辛料の香りを幾重にも感じる奥深いルウ。自家製のフルーツチャツネに、自家調合した10種類のスパイスが入る

お店からの一言

店主 竹内理さん

「ワインはもちろん、日本酒、焼酎、サワーも豊富に取り揃えています」

ビストロとサカバ TAKEの店舗情報

[住所]東京都渋谷区富ヶ谷1-14-14 スタンフォードアネックスビル 1階 [TEL]03-3467-9333 [営業時間]11時半~15時半(15時LO)、月~金18時~23時半(22時半LO)、土·日·祝17時~23時半(22時半LO)※ランチタイム有 [休日]不定休 [席]カウンターあり、全40席/全席禁煙(17時以降はテラス扉が閉扉時はテラスで喫煙可)/予約可/カード可/テーブルチャージ480円別 [交通アクセス]地下鉄千代田線代々木公園駅2番出口から徒歩3分


電話番号 03-3467-9333

撮影/瀧澤晃一 取材/赤谷まりえ

2020年3月号発売時点の情報です。

※全国での新型コロナウイルスの感染拡大等により、営業時間やメニュー等に変更が生じる可能性があるため、訪問の際は、事前に各お店に最新情報をご確認くださいますようお願いいたします。また、各自治体の情報をご参照の上、充分な感染症対策を実施し、適切なご利用をお願いいたします。

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
このグルメ記事のライター
関連記事
量があるけど薄くてカリッとしてるから2枚、3枚とつい手が伸びる。これにワインを合わせれば、肉の脂も揚げ物摂取の罪悪感も、おまけに日々の悩みまでスルスルと流されちゃう(かも!)。
秋田県出身のご兄弟と奥様3名で経営する温かいお店。兄と弟はそれぞれソムリエとシェフを務め、和洋のテイストを融合させた色彩豊かなメニューでおもてなししてくれる。
アフリカの濃い空気がギュッと詰まったわずか8席の小さな空間。扉を開けるとまずは陽気なリンガラ(コンゴ)ミュージックが迎えてくれる。
世界三大料理のひとつトルコ料理だが、その楽しさを知らない人は多いはず。そんな人は来ないと損だ。
1977年開業のカジュアルイタリアン。一度聞いたら忘れられない店名は、オランダにある実在の地名である。
最新記事
究極のたこ焼きは青砥にあり! 焼き立て提供にこだわる店主の長尾さんは、素材から焼き方まで自分の道を追求する。
北海道の人気ご当地コンビニエンスストア「セイコーマート」のプライベートブランド(PB)商品を、大手ドラッグストアチェーン「ウエルシア」など道外の小売店でも見かける機会が増えました。セイコーマートを運営するセコマ(本社・札幌市)が道外にも商品を卸す外販事業に注力しているためです。同社執行役員で広報部部長の佐々木威知さんにその理由についてオンラインで聞くと、北海道への熱い思いが伝わってきました。
写真のランチセットのサラダを見てほしい。つい笑みが出てしまうであろう、豪快な盛りだがこれで普通サイズ。
最近“進化系”が急増中の「サバ缶」。前回の「バターチキン風サバカレー缶」に続き、今回は明太子との夢の競演。しかも手掛けるのは、日本で初めて明太子を売り出した福岡県の老舗店。一体どんな缶詰なのか、どんな味なのか! サバジェンヌが実食レポートです。
ロシア人の祖母から母に受け注がれた、ボルシチやペリメニといった家庭の味に加え、アヒージョ、コンフィといった他国の家庭料理をアレンジした一品も提供。ワインだけでなくウォッカも10数種と充実しているので、気軽に本場の魅力を満喫できると人気を呼んでいる。
get_app
ダウンロードする
キャンセル