MENU
ログイン
新規登録
カテゴリから絞り込む
すべての記事
本誌紹介
お取り寄せ
まとめ記事
まとメシ オリジナルコンテンツ
居酒屋・ダイニングバー
カフェ・喫茶店・スイーツ
カレー
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
アジア・エスニック料理
中華料理
テイクアウト・手土産
バル・バー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ラーメン・つけ麺
弁当
和食
コラム
覆面取材で見つけた間違いない店だけを掲載しているグルメ専門誌『おとなの週末』
ラ・ブーシェリー・デュ・ブッパ|熟成で旨みMAX!最上ジビエと日本ワインの饗宴に心躍る(フレンチ/中目黒)

ラ・ブーシェリー・デュ・ブッパ|熟成で旨みMAX!最上ジビエと日本ワインの饗宴に心躍る(フレンチ/中目黒)

店内で目を惹くドライエイジングの熟成庫に猪、雉、鹿などの肉が眠り、出番を待つ。そうして仕上げたベストな状態のジビエ肉がフレンチベースの調理法で供される。

ラ・ブーシェリー・デュ・ブッパ(最寄駅:中目黒駅)

自家製生ハムやパテなど食いしん坊を唸らせるメニューが並ぶ中、真骨頂はなんといっても炭火焼き。柔らかさや旨みを増した熟成肉が完璧な状態で焼き上がり、その旨さに感激すること間違いなしだ。ワインは300種類以上を用意。特に力を入れる日本ワインとのマリアージュを心ゆくまで楽しみたい。

熟成肉の炭火焼き盛り合わせ
7000円~(2人前)

猪の内モモ肉(左)。取材時はおよそ2週間熟成をかけたもの。鹿ロース肉は熟成庫で約2日かけて水分をほどよく抜き、柔らかさや旨みを極限まで引き出す(熟成期間は肉により異なる)。共にワインの上澄みのオリを使った甘みのあるソースをかけていただく

本日のシャルキュトリーの盛り合わせ
2500円~(2人前)

写真手前の猪バラ肉のベーコン、鹿肉とイチジクのパテ、鴨肉のスモークなど7種類の盛り合わせ

鹿のブーダン・ノワール テリーヌ仕立て
1400円

まるでチョコレート菓子のような美しさ。クセがなく食べやすい

(左)甲州F.O.S.(白)
ボトル 6800円

オレンジワインとも呼ばれるパワフルな味わいの「甲州F.O.S.」は洗練された旨みの猪肉と好相性。

(右)ツガネ ラ モンターニュ(赤)
ボトル 9500円

鹿肉にはメルロー100%の「ツガネ ラ モンターニュ」を。複雑なアロマ、しっかり力強い味がベストマッチ。

ラ・ブーシェリー・デュ・ブッパ

東京都目黒区祐天寺1-1-1 リベルタ祐天寺B1 ☎03-3793-9090 [営]18時~翌2時(翌1時LO)、日・祝18時~24時(23時LO) [休]月、月1回不定休 [席]カウンター8席、テーブル26席 計34席/全席禁煙/予約可/カード可/サなし、席料300円別 [交]地下鉄日比谷線ほか中目黒駅南改札から徒歩9分

電話番号 03-3793-9090
2016年11月号発売時点の情報です。
このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
滋賀の食材をメインにしたビストロで、記憶に刻まれるひと皿に出合った。それが近江牛の炭火焼き。中心温度を45℃前後に保ちつつ、炭火に乗せて、休ませてを繰り返すこと3~4回。
煮込み料理は地味かもしれない。けれど地道な仕込みの手間がかけられたその味には、真の美しさが宿るのだと思う。
ワインでお肉。言うまでもなくシアワセな組み合わせだが、それをリーズナブルに満喫してもらいたいという明快さがいい。
熱々の韓国石鍋の中で湯気を立てているのは、和牛のすじ肉を2時間煮込み、ひと晩寝かせてとったスープで作るポトフだ。中には玉ネギ、ニンジン、大根、ゴボウと有機農法の根菜がたっぷり入り、塩味のコクあるスープに野菜の甘みが溶け出している。
笑っちゃうほどトリュフ山盛りのトーストに度肝を抜かれたかと思えば、これまたウニどっさりの野菜ムースの旨さに絶句。とそこへ酒場の定番、ハムカツだ。
自粛期間中、“日本中が、もーやってらんない”となった期間、私が最もやってらんない気分になったのは、スーパーでおやつ関係が品薄になっていたことである。 そんな私を支えてくれたのは、フルーツゼリー。近所のスーパーではフルーツゼリーが品薄になることはなかった(苦笑)。 そこで今回は、私が大好きなレモンゼリーについて語ろうと思う……!
2011年3月12日に博多駅~鹿児島中央駅間の、全区間で開業しました。 九州新幹線の開業で、終点鹿児島中央駅で買える駅弁も充実です。 もちろん、南九州らしいメニューです。 そしてもう一つ。 鹿児島に行ったら、ぜひ食べたいと思っていたのが白熊です。 もう、全国区になったカキ氷です。 鹿児島で有名なアーケード天文館にある名店むじゃきに向かいました……。
リンゴを食べて育つ「津軽どり」を使ったチキンカツは、甘みがありプリッとジューシー。自家製のタルタルとすりおろしたリンゴを入れて煮込まれた濃厚なソースを合わせているため、カツに負けない味わいの「胚芽入りパン・ド・ミ」をセレクトしている。
かつて、徳川将軍家の茶の湯に用いる良質な水を汲み上げていたことが「御茶ノ水」の地名の由来だとか。この地で1899年(明治32年)に創業した老舗ホテル『龍名館』が営むのが、まさに日本茶をテーマにしたレストランなのだ。
モツ好きでこの店の味に唸らない人はいまい。備長炭で焼く芳しい串に奥深き味噌味の煮込み、加えてワイワイ陽気な喧騒にハマったら最後、ヤエチカに通うことになる。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt