MENU
カテゴリから絞り込む
すべての記事
おとなの週末 オリジナルコンテンツ
まとめ記事
お取り寄せ
本誌紹介
ラーメン・つけ麺
カレー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
和食
鍋料理(すき焼き・しゃぶしゃぶ)
ニュース
中華料理
洋食・西洋料理
アジア・エスニック料理
居酒屋・ダイニングバー
バル・バー
カフェ・喫茶店・スイーツ
テイクアウト・手土産
弁当
ファーストフード
おいしくて、ためになる食のニュースサイト
高さ20cmの「アメリカンバーガー」にガブリ!|グラムズカフェロサンゼルス(ハンバーガー/京橋)

高さ20cmの「アメリカンバーガー」にガブリ!|グラムズカフェロサンゼルス(ハンバーガー/京橋)

黒船襲来!アメリカ西海岸のダイナーのような活気ある雰囲気の店内で味わえるのは、豪快なグリル料理をはじめとしたカリフォルニア・キュイジーヌ。なかでもそのビジュアルも圧巻なのが「グラムズチーズバーガー」だ。

perm_media 《画像ギャラリー》高さ20cmの「アメリカンバーガー」にガブリ!|グラムズカフェロサンゼルス(ハンバーガー/京橋)の画像をチェック! navigate_next

グラムズカフェロサンゼルス(最寄駅:京橋駅)

ド迫力のアメリカンバーガーにガブリ!

高さ20㎝にもおよぶバーガーにかぶりつけば、和牛100%の粗挽きパテから肉汁がしたたるようにあふれ出す。小麦の香りたっぷりのふわふわのバンズとの相性も抜群だ。また食後のデザートには、ロサンゼルスの高級チョコレート専門店『コンパーテス』のショコラティエがプロデュースした、華やかで繊細な味わいのスイーツを楽しみたい。

グラムズチーズバーガー
2100円

パテの上にはチェダーチーズ、ローストオニオン、トマト、レタスとボリューム満点! テリヤキソースがパテと野菜、バンズをまとめてくれる

ニューヨークカット(350g)
4900円

サーロインを分厚くカットしグリルで焼き上げた逸品。牛肉の力強い旨みとコクを存分に味わおう

シュリンプコブサラダ
1600円

ミックスリーフの上にはエビやキドニービーンズ、アボカド、玉子など具材が盛りだくさん

アメリカンスタイルショートケーキ
1000円

1日4~5食限定の見た目にも華やかなデザートだ。素朴な味わいのスコーンにはイチゴとフレッシュなクリームをたっぷりサンド。セレブ御用達の『コンパーテス』のチョコレートも添えている。このチョコレートは店内のショーケースで販売もしている

グラムズカフェロサンゼルス

■『グラムズカフェロサンゼルス』
[住所]東京都中央区京橋3-1-1 東京スクエアガーデン1階
[TEL]03-5542-1730
[営業時間]11時半~23時(22時LO)、日曜日・祝日:11時半~21時(20時LO) ※ランチタイム有
[休日]施設の休館日に準ずる
[座席]テーブル45席、テラス席22席 計67席/全席禁煙/予約可/カード可/サなし、ディナーのみチャージ350円別
[アクセス]地下鉄銀座線京橋駅3番出口直結

電話番号 03-5542-1730
2017年9号発売時点の情報です。
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
このグルメ記事のライター
関連記事
タイにマグロに、ヒラメにアジ。 これらは寿司ではなく、ぜ~んぶバンズに挟むハンバーガーの“ネタ”。2021年1月4日、代々木公園にできた『Pescarico(ペスカリコ)』は、フィッシュバーガーのお店なんです。
第一印象からインパクト大。下側が分厚いバンズは白くてもっちりだし、超粗挽きで肉感を残したパティは上質なステーキのよう。ペラペラでなくブロック状のベーコンだって存在感バッチリだ。
西秋葉原『BURGER & MILKSHAKE CRANE』|キリッと美しいハンバーガーである。ふっかりしたバンズにジューシーなパテ、トマト、レタス、オニオン、マヨネーズ。
マンチズ バーガー シャック|あのトランプ大統領が舌鼓を打ったハンバーガーとは一体どんな味なのか──。トランプ氏が食べた翌日、みんな気になったのか、定休日だった本店ではなく、虎ノ門の支店にお客さんが集中。開店から3時間半足らずで完売したそう。
 荒挽きで肉汁たっぷりのパティを地元のパン屋「ふらんすや」の特製バンズが受け止め、ボリューム大なのに不思議ともたれない。ザクザク食感のフライドポテトも絶品!
最新記事
『おとなの週末Web』では、グルメ情報をはじめ、旅や文化など週末や休日をより楽しんでいただけるようなコンテンツも発信しています。国内外のアーティスト2000人以上にインタビューした音楽評論家の岩田由記夫さんが、とっておきの秘話を交えて、昭和・平成・令和の「音楽の達人たち」の実像に迫ります。第1回は、国民的バンドとなったサザンオールスターズの桑田佳祐です。
活躍中のカメラマン・鵜澤昭彦氏による、美味なるマグロ探訪記。第3回は新宿山吹町にある、小料理屋『ぐり』の「天然生マグロづけ丼」。極上の「マグロ丼」は人と人との不思議な巡り会いで誕生した。
並のロースは税込800円。しかも羽釜で炊いたご飯と丼にたっぷりの豚汁付きでってところもうれしくなる。
小説『バスを待つ男』や、講談社の「好きな物語と出会えるサイト『tree』」で連載中のエッセイ『日和バス 徘徊作家のぶらぶらバス旅』など、作家生活25周年を迎えた西村健さんは、路線バスをテーマにした作品の書き手としても知られています。「おとなの週末Web」では、東京都内の路線バスを途中下車してふらり歩いた街の様子と、そこで出会った名店のグルメを紹介します。
「江戸っ子は屋台で寿司をつまんだ後、帰り際に暖簾で手を拭いて店を後にしたそうです。なので暖簾の汚れっぷりが、旨い店の判断基準だったとか」。と、話してくれたのは『挙母鮨』の星野店長。
get_app
ダウンロードする
キャンセル