MENU
ログイン
新規登録
カテゴリから絞り込む
すべての記事
本誌紹介
お取り寄せ
まとめ記事
まとメシ オリジナルコンテンツ
居酒屋・ダイニングバー
カフェ・喫茶店・スイーツ
カレー
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
アジア・エスニック料理
中華料理
テイクアウト・手土産
バル・バー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ラーメン・つけ麺
弁当
和食
コラム
覆面取材で見つけた間違いない店だけを掲載しているグルメ専門誌『おとなの週末』
[閉店]和牛ホルモン やの家(鍋/天満)

[閉店]和牛ホルモン やの家(鍋/天満)

“ちりとり”の上で出会う上質肉、野菜、辛味噌三位一体の美学。良質な牛肉を使ったちりとり鍋、もつ鍋が名物だ。“ちりとり鍋”とは、ちりとりに似た底の浅い四角い鍋に山盛りの野菜と牛肉を煮て食べる鍋のこと。大阪に住む韓国人たちが日本のすき焼きに満足できず生み出したのが始まりとか。

ちりとり鍋(1人前)1814円※注文は2人前から

甘辛い味と肉、野菜、ホルモンの旨みが相性抜群

【閉店】和牛ホルモン やの家
天満

 居酒屋激戦区・天満に2015年5月開店。良質な牛肉を使ったちりとり鍋、もつ鍋が名物だ。“ちりとり鍋”とは、ちりとりに似た底の浅い四角い鍋に山盛りの野菜と牛肉を煮て食べる鍋のこと。大阪に住む韓国人たちが日本のすき焼きに満足できず生み出したのが始まりとか。
 牛骨と野菜を約6時間煮込み1日寝かせた旨みスープに、自家製辛味噌ダレを加えたダシがこの鍋のキモ。淡路産玉ねぎ、モヤシ、ネギなどの山盛り野菜に、店主が牧場を回り厳選した黒毛和牛の赤身をオン。ホルモンとともに煮ること10分。山は崩れ、平地になったら食べ頃だ。素材の旨みすべてが溶け出したスープは格別。追加素材で第二弾を楽しむのもいい。

桜ユッケ
734円

青森県産馬肉に濃厚な地鶏の黄身が絡む。ねっとりとした食感が印象的

おじや
486円

鍋の後にスタッフが調理してくれる。ご飯に素材すべての旨みが凝縮!

【閉店】和牛ホルモン やの家
天満

大阪府大阪市北区池田町7-1 ☎06-6354-6262 [営]17時〜翌2時(1時30分LO)土15時〜、日・祝12時〜24時(23時半LO) [休]無休、1月4日 [席]テーブル41席、座敷約50席、計91席/全席喫煙可/カード可/予約可/サなし、お通しなし [交]JR大阪環状線天満駅から徒歩2分

電話番号 06-6354-6262
2016年1月号発売時点の情報です。
このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
福岡市高砂エリアの居酒屋[相撲茶屋 大塚] のおすすめメニューのグルメ記事と写真。福岡場所の力士たちのお目当てのひとつが、あら(くえ)鍋。こちらのあらシャブは、身が厚く、食べ応えがあり、旨みがしっかり。[交通アクセス]地下鉄七隈線渡辺通駅2番出口から徒歩6分、西鉄天神大牟田線薬院駅中央出口から徒歩7分
 佐賀産の赤鷄から丁寧にとった白濁スープは、旨みたっぷり。これに、鶏ミンチや野菜を加えていくごとに、ふくよかな味わいが増す。
両国のちゃんこ鍋「割烹 吉葉」のグルメ取材記事とおすすめメニューの写真。第43代横綱・吉葉山に由来する割烹・吉葉。旧宮城野部屋の姿がそのまま残る珍しい店だ。[住所]東京都墨田区横網2-14-5
4752views 両国グルメ
 鶏肉を使ったすき焼き「ひきずり鍋」が名物。鶏肉は地元の奥三河鶏をはじめ、全国から厳選。
東京軍鶏と比内地鶏の鶏ガラ100羽分を、厳選した鹿児島の天然水でじっくりと炊いた水炊き。余計な脂が徹底して除去されているので、一見濃厚なのに、味わいはとてもスッキリ。
夏到来! 今年はマスク必須でこれまで以上に厳しい暑さとの戦いになること必至です。そんなときはつるつるっといただける爽快感抜群の冷やし麺が一番!! 冷やし中華や冷麺、ラーメンに、蕎麦、うどん。すすりにすすって見つけた三ツ星麺をご覧あれ。ほか、夏に効く「辛くて旨いもの」、この夏食べたい「アイス&ソフトクリーム」特集もあります。
178views 本誌紹介
赤羽屈指の行列店で、言わずと知れた讃岐うどんの名店だ。一番人気は、ジューシーな鶏もも肉の天ぷらが3つと大根おろしがのる「かしわおろしぶっかけ」。
自粛期間中、“日本中が、もーやってらんない”となった期間、私が最もやってらんない気分になったのは、スーパーでおやつ関係が品薄になっていたことである。 そんな私を支えてくれたのは、フルーツゼリー。近所のスーパーではフルーツゼリーが品薄になることはなかった(苦笑)。 そこで今回は、私が大好きなレモンゼリーについて語ろうと思う……!
2011年3月12日に博多駅~鹿児島中央駅間の、全区間で開業しました。 九州新幹線の開業で、終点鹿児島中央駅で買える駅弁も充実です。 もちろん、南九州らしいメニューです。 そしてもう一つ。 鹿児島に行ったら、ぜひ食べたいと思っていたのが白熊です。 もう、全国区になったカキ氷です。 鹿児島で有名なアーケード天文館にある名店むじゃきに向かいました……。
リンゴを食べて育つ「津軽どり」を使ったチキンカツは、甘みがありプリッとジューシー。自家製のタルタルとすりおろしたリンゴを入れて煮込まれた濃厚なソースを合わせているため、カツに負けない味わいの「胚芽入りパン・ド・ミ」をセレクトしている。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt