MENU
カテゴリから絞り込む
すべての記事
おとなの週末 オリジナルコンテンツ
まとめ記事
お取り寄せ
本誌紹介
ラーメン・つけ麺
カレー
ステーキ・ハンバーグ
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
そば・うどん
和食
鍋料理(すき焼き・しゃぶしゃぶ)
洋食・西洋料理
ニュース
中華料理
アジア・エスニック料理
居酒屋・ダイニングバー
バル・バー
カフェ・喫茶店・スイーツ
テイクアウト・手土産
弁当
ファーストフード
おいしくて、ためになる食のニュースサイト
酒+蕎麦 な嘉屋(そば/水戸)|文政6年から続く酒蔵が経営するそば屋。香り高く甘い常陸秋そばと清酒で乾杯♪

酒+蕎麦 な嘉屋(そば/水戸)|文政6年から続く酒蔵が経営するそば屋。香り高く甘い常陸秋そばと清酒で乾杯♪

文政6年(1823)年から続く酒蔵『木内酒造』が経営。クリアで味わい深い「常陸野ネストビール」と清酒「菊盛」、石臼自家製粉の常陸秋そば。

perm_media 《画像ギャラリー》酒+蕎麦 な嘉屋(そば/水戸)|文政6年から続く酒蔵が経営するそば屋。香り高く甘い常陸秋そばと清酒で乾杯♪の画像をチェック! navigate_next

酒+蕎麦 な嘉屋

常陸野の名水が育む味わい深い酒と蕎麦

名水の地の蕎麦は、深く冴えわたる旨さだ。旬の野菜などを生かしたつまみも充実。

冷たい蕎麦を温かいつけ汁でいただく「つけ蕎麦」850円。香り高く甘い常陸秋そばの風味が口の中に力強く広がる。「菊盛山廃原酒」は涼やかにしてたっぷりした力感

スパイスや果実の香りの「ホワイトエール」、日本のビール麦とホップで醸造された「ニッポニア」を樽生で。いずれもパイント900円。旬の野菜の天麩羅が合う

酒+蕎麦 な嘉屋の店舗情報

[住所]茨城県水戸市泉町1-6-1 京成百貨店 1階 [TEL]029-302-5959 [営業時間]11時~15時(14時半LO)、17時半~22時(21時LO)、土・日・祝 11時~22時(21時LO)※ランチタイム有 [休日]無休(※百貨店営業日に準ずる)


電話番号 029-302-5959

撮影/貝塚 隆 取材/池田一郎

2019年4月号発売時点の情報です。

このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
端正な蕎麦だけが蕎麦屋の魅力ではない。蕎麦だけでなく丼ものやカレーなんてのもしみじみ旨い懐の深さ。そんな肩肘はらず、定食屋使いができる町の蕎麦屋を集めてみました。ここではカツ丼が美味しいお店をご紹介します。
10席だけの店で、夫婦ふたりひっそりと。「屋号は“早蕨(わらびの若芽)”から付けました。
この地で創業からおよそ50年、今も家族で切り盛りしている。当時から続く名物が、近くにある駅名と店主の名前の一文字をかけた「谷保天そば」だ。
石臼挽き自家製粉の手打ち蕎麦屋を目指し、町の蕎麦屋からの転進で14年が経った。少しずつ蕎麦マニアに旨さが伝わり、女将が担当する料理も評判を呼び、今ではすっかり人気店だ。
江戸時代、もしもパリに日本蕎麦屋があったら? そんな発想で造られた店は和と洋が混在するおしゃれな空間。
最新記事
端正な蕎麦だけが蕎麦屋の魅力ではない。蕎麦だけでなく丼ものやカレーなんてのもしみじみ旨い懐の深さ。そんな肩肘はらず、定食屋使いができる町の蕎麦屋を集めてみました。ここではカツ丼が美味しいお店をご紹介します。
東京・表参道にある新潟県のアンテナショップで、食欲がそそられる一品を見つけました。老舗蒲鉾店「竹徳かまぼこ」の人気ナンバーワン「煮玉子しんじょう」です。丸いしんじょうをふたつに割ると、とろとろの半熟玉子が現れました。
人気店『マル・デ・クリスチアノ』がバカリャウ料理専門店に生まれ変わった! バカリャウとは、塩漬けの鱈の干物。
ライター・菜々山いく子が、くすんだ日常生活に彩りと潤いを与えるYouTubeの魅力を紹介する本記事。今回はついに海外へ。インドのストリートフードを伝えるYouTube動画をご紹介。ちょっと刺激的なハードボイルド映像の数々、心してご覧あれ。
その丼の中の小宇宙に一瞬で虜になってしまった。香味油がキラキラと反射する奥深き黄金の海。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
get_app
ダウンロードする
キャンセル