MENU
カテゴリから絞り込む
すべての記事
おとなの週末 オリジナルコンテンツ
まとめ記事
お取り寄せ
本誌紹介
ラーメン・つけ麺
カレー
ステーキ・ハンバーグ
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
そば・うどん
和食
鍋料理(すき焼き・しゃぶしゃぶ)
洋食・西洋料理
ニュース
中華料理
アジア・エスニック料理
居酒屋・ダイニングバー
バル・バー
カフェ・喫茶店・スイーツ
テイクアウト・手土産
弁当
ファーストフード
おいしくて、ためになる食のニュースサイト
民生炒飯 横浜中華街店(中華料理/中華街)|駅からスグ!絶品玉子炒飯は行列になる人気メニュー♪

民生炒飯 横浜中華街店(中華料理/中華街)|駅からスグ!絶品玉子炒飯は行列になる人気メニュー♪

台湾の人気炒飯店『民生炒飯』の味に惚れ込んだ日本人スタッフが現地で修業をし、本場の味を習得。店主に認められ、国外初出店を果たした。

perm_media 《画像ギャラリー》民生炒飯 横浜中華街店(中華料理/中華街)|駅からスグ!絶品玉子炒飯は行列になる人気メニュー♪の画像をチェック! navigate_next

※コロナ禍で外食が自粛・縮小されている状況ではありますが、ぜひ知っておいて欲しい飲食店を、ご紹介しております。

民生炒飯 横浜中華街店(最寄駅:元町・中華街駅)

台湾のグルメランキングNo.1は伊達じゃない 炒飯専門店が日本上陸

ベースは玉子炒飯。ケミカルな調味料は一切使わず、塩・コショウ、醤油のみで味付けし、素材の味を活かす。強火で一気に焼き上げるご飯は、米の一粒ひと粒に味が染み込み、芯を残しつつパラッと仕上げる。それはまるで日本の焼きめしを彷彿とさせる、どこか懐かしい味わいだ。
 そのままでも美味しいが、卓上に並ぶ自家製の「激辛」(辣椒醤)と「ピリ辛ザーサイ」を加えても旨い!
 早くも本店のファンや口コミで、週末になれば最大80分待ちになるという。狙い目は開店直後。電話でテイクアウトの注文もできるので、行列は……という方はこちらをぜひ。

牛肉炒飯
1000円

魚ダシをベースとする沙茶醤のコク深い味わいと、ジューシーな牛赤身肉がマッチ! 空芯菜は4~10月の限定具材

蝦仁炒飯、酸辣湯
950円、450円

玉子炒飯にエビをトッピング。プリッとした食感と塩気でご飯が進む。+250円で無料のスープを酸辣湯に変更可

蛋包炒飯
900円

薄く堅めに仕上げられた卵に覆われているのは、ケチャップライス。中には台湾ソーセージが入り、食べ応え十分

民生炒飯 横浜中華街店の店舗情報

[住所]神奈川県横浜市中区山下町126-8 [TEL]080-3126-2746 [営業時間]11時~15時、土・日・祝11時~16時 ※ランチタイム有 [休日]火・水 [交通アクセス]みなとみらい線元町・中華街駅2番出口から徒歩7分


電話番号 080-3126-2746

撮影/小島 昇 取材/戎 誠輝(編集部)

2019年11月号発売時点の情報です。

※全国での新型コロナウイルスの感染拡大等により、営業時間やメニュー等に変更が生じる可能性があるため、訪問の際は、事前に各お店に最新情報をご確認くださいますようお願いいたします。また、各自治体の情報をご参照の上、充分な感染症対策を実施し、適切なご利用をお願いいたします。

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
このグルメ記事のライター
関連記事
長江の中流に位置する湖北省。周囲にある各地域の食文化が混じり合う、まさに美食の宝庫なんだとか。
中国東北部出身の女性店主が丁寧に作る、本場そのままの点心が評判。皮から手作りの小籠包や水餃子はほっこりする家庭の味で、毎日でも食べられそう。
『筑紫樓』といえばフカヒレ専門店の重鎮。行ってみたいけど、恵比寿本店や銀座店の煌びやかなイメージに及び腰……。
中華は家族みんなで囲める料理。ならばどんな世代にも親しみやすく、なおかつ体に優しい方がいい。
ここでは何をさておいてもまずコレ、見事な焼き色、ボリュミーな姿にそそられる通称“ジャンボ餃子”だ。本店は1949年創業の老舗だが、そこで当時から変わらない手作りで半世紀以上愛されてきた味。
最新記事
昨年末にオープンしたばかりのお店。春の新作のこちらは、クリームチーズのムースをベースにしたタルトに季節のフルーツと色鮮やかなゼリーを重ねたもの。
コロナ禍でなかなか温泉にも行けない状況です。せめて、記事の中だけでも行った気分になりませんか? 本誌で料理写真を撮影しているカメラマン・鵜澤昭彦氏による温泉コラム。温泉好きに馴染み深い3つの格言にあてはまらない会津若松の極上の温泉宿をご紹介します。
みなさま、野菜食べてますか? 本誌の調査内容によって、思うように野菜を摂れない(摂らない)状況が続くと、手が震えてくる野菜大好きライターの市村です。プロフェッショナルたちにお伺いして、身近な野菜や珍しい野菜の美味しさや魅力をお伝えします。今回は「萵苣」!
その天ぷらひとつを供するまでに、一体どれほどの手間と心が注がれているか。店主自ら毎日豊洲に通う素材選び然り。
ライター・菜々山いく子が、くすんだ日常生活に彩りと潤いを与えるYouTubeの魅力を紹介する本記事。今回は全員巨漢のYouTuberユニット「ブチかまし」をレコメンド。メンバー・立山(たてやま)さんの1日のカロリー摂取量を追った動画「立山カロリー」を中心に熱く語ります。
get_app
ダウンロードする
キャンセル