MENU
覆面調査で見つけた本当に旨い店が載る「元気が出る食の情報誌」

本誌紹介(最新号)

  • 東京 小さな繁盛店
  • 焼鳥新時代
  • いま食べたい、チーズケーキ
寿司

寿司

寿司のグルメ記事一覧ページです。人気グルメ情報誌の覆面調査で発見した寿司のお店を紹介しております。

寿司のグルメ記事一覧

表示順:
「マグロにこだわる三ツ星店」特集掲載店、浅草の「太助寿し」はかっぱ橋本通りに店を構えて50年。築地から仕入れるネタは長い付き合いがあるからこその、特に上質なものばかり。なかでも天然生本マグロは、大間や戸井、紀州勝浦産などを季節により使い分け、10月から1月にかけては一本釣りで釣った最高級の大間産が登場。[交]浅草駅
「マグロにこだわる三ツ星店」特集掲載店、門前仲町の「寿司孝」は約80年前に寿司屋台として創業したという老舗。天然本マグロにこだわり、大間など近海モノを中心に、夏~秋にかけて安定して脂がのるボストン産など、その時季に一番いい漁場で獲れた納得のいくものを厳選。[交]門前仲町駅1番出口から徒歩10分 ※ランチタイム有
銀座の寿司店「鮨處 やまだ」は寿司15貫からなる「にぎりコース」1本で勝負。とりわけ職人技が光るのが、コースのほぼ半数を構成する熟成ネタの数々だ。寝かせる期間は魚個体の状態や部位によって数日~1ヵ月以上。[交]地下鉄銀座線ほか銀座駅C2出口から徒歩6分
銀座の寿司店「すし晴海」のグルメ取材記事とおすすめメニューの写真のページ。日本料理の名店「銀座小十」がプロデュース。心地よい緊張感に包まれた空間で、小十の洗練された料理と寿司がコース仕立てで楽しめる。すし 晴海 (スシ ハルミ)[交]地下鉄銀座線ほか銀座駅B5出口から徒歩5分
恵比寿の寿司店「すし 松玄」のグルメ取材記事とおすすめメニューの写真のページ。昭和41年に恵比寿で創業した寿司屋「松栄」の系列店としてオープン。築地の有名な老舗仲卸から仕入れる天然の生本マグロをはじめ、プロの目利きで選んだ間違いないネタを揃えている。すし 松玄[交]恵比寿駅西口から徒歩5分
駒込の寿司店「寿司 髙はし(高はし)」のグルメ取材記事とおすすめメニューの写真。「寿司屋には、5つの“り”があります。ガリ、あがり、シャリ、のり、煮切り。それだけではお金をいただけないものばかり。でもそれらを大切にするのが寿司屋としての気骨」(髙橋さん)。その心意気も堪能したい。[住所]東京都豊島区駒込1-42-2-1
先頭 20 21 22 23

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt