MENU
ログイン
カテゴリから絞り込む
すべての記事
まとめ記事
カレー
そば・うどん
テイクアウト・手土産
和食
覆面取材で見つけた間違いない店だけを掲載しているグルメ専門誌『おとなの週末』

本誌紹介(最新号)

  • 啜る、唸る、しみじみ旨い 感動の蕎麦 超三ツ星店
  • みんな大好き、愛され系グルメ シウマイ、春巻き、ときどきワンタン
  • 冬に食べたい、タルトとパイ

「 茨城県 」 の検索結果

表示順:
漁港のすぐ目の前で鮮魚類を販売する森田水産が、売り場内で営む回転寿司だ。那珂湊で水揚げされた魚はもちろん、全国から選りすぐった上質なネタを種類豊富に揃えている。
文政6年(1823)年から続く酒蔵『木内酒造』が経営。クリアで味わい深い「常陸野ネストビール」と清酒「菊盛」、石臼自家製粉の常陸秋そば。
最初に向かったのは大子町の『藤田観光りんご園』。ここには金賞を受賞した名物アップルパイがある。
茨城県の東南端、神栖市波崎は鹿島灘を臨み、昔から水産加工品製造が盛んなエリアだ。そこで明治15年創業の老舗、『鴨安商店』が作る伝統の味「いわし桜干」もまた、最高金賞受賞の見逃せない逸品だ。
現地感満載の内装やスパイシーな香り。入った途端、異空間の広がる本格的なスリランカ料理店。
茨城県は日本一の和栗の産地で、さらに鶏卵の生産量も日本一と知ってただろうか? そんな素材の魅力を最大限に引き出して、最高金賞に輝いているのが「和栗ぷりん」。
現地でもなかなかお目にかかれない常陸秋そばの故郷、常陸太田市・金砂郷赤土産の蕎麦を、自家製粉の粗挽き、十割で味わえる。ダシ香る薄色の汁で食す「すけもり」はぜひ一度。
 茨城県が誇る蕎麦品種「常陸秋そば」と地元ビールを旅気分で味わいに出かけよう。世界50か国以上で愛される人気ブランド『常陸野ネストビール』を造るのは、創業190余年を数える日本酒蔵『木内酒造』。
2011年に開店。写真の「浜どん」はこの日はカンパチ、マグロ、ホウボウなど7種がのっていた。※ランチタイム有
創業80年、現在3代目が経営する鮮魚店「魚忠商店」の直営。握りを筆頭に、一品料理は150種以上。※ランチタイム有 

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt