MENU
カテゴリから絞り込む
すべての記事
おとなの週末 オリジナルコンテンツ
和食
中華料理
居酒屋・ダイニングバー
カフェ・喫茶店・スイーツ
旅館・ホテル
おいしくて、ためになる食のニュースサイト

「 静岡県 」 の検索結果

表示順:
全国各地のサバ缶を食べてきたサバジェンヌをして「ドハマりしている」と言わしめた静岡県伊東市発の「伊豆半島のさば缶」。高品質なサバのポテンシャルを最大限に活かす缶詰業者とのコラボレーションによりできあがった傑作です。しかも、料理に使っても最高!
「素直に美味しいと思える野菜を扱いたい」と八百屋を開いた小松さん。小さな生産者から無農薬で化学肥料を使わない野菜を仕入れている。
使い込まれたカウンター。40~50回は出かけたという海外旅行で購入したお土産などが所狭しと飾られ、JBLのスピーカーから心地いい音圧でジャズが流れる。
サバ缶ファンにおなじみ、伊藤食品から1月、激辛サバ缶が登場! 大人気の「美味しい鯖味噌煮」を激辛アレンジした「あいこちゃん辛鯖味噌煮」のハンパない辛ウマぶりをレポート!
全国各地のサバやそれにまつわる料理を発掘するサバジェンヌ。今回は静岡県伊東市に上陸。サバ愛あふれる店主が手掛ける居酒屋で見つけた“食べるサバオイル”にジェンヌ感動!!
中国東北部出身の女性店主が丁寧に作る、本場そのままの点心が評判。皮から手作りの小籠包や水餃子はほっこりする家庭の味で、毎日でも食べられそう。
店主の川口さんは伊東や沼津など近くの市場へ毎朝のように仕入れに回る。今日は小ぶりのイサキを箱一杯仕入れ、手間を惜しまずさばいて刺身にするという。
前回は北海道の大地を走り抜けたザ・ロイヤルエクスプレス(以下ロイヤルEXP)の走行と、公開のときに撮影した車内を見ていただきました。 今回は2018年に行われた試乗会の様子です。 実際に旅をして、豪華な食事を出していただきました。
東京で生まれ育った店主の増田さんが、親類のいた熱海で店を構えたのは23歳のとき。進駐軍仕込みのメニューや、当時まだ珍しかったサイフォンのコーヒー、ジャズを流す喫茶店には、三島由紀夫や谷崎潤一郎など文人がよく集まった。
近くの海で獲れる魚介や旬の野菜を生かした、熱海ならではのフレンチ。シェフの福本さんは静岡県三島の調理師学校で長年講師を務めたキャリアの持ち主。