MENU
ログイン
カテゴリから絞り込む
すべての記事
まとメシ オリジナルコンテンツ
居酒屋・ダイニングバー
カフェ・喫茶店・スイーツ
旅館・ホテル
和食
覆面取材で見つけた間違いない店だけを掲載しているグルメ専門誌『おとなの週末』

本誌紹介(最新号)

  • 啜る、唸る、しみじみ旨い 感動の蕎麦 超三ツ星店
  • みんな大好き、愛され系グルメ シウマイ、春巻き、ときどきワンタン
  • 冬に食べたい、タルトとパイ

「 静岡県 」 の検索結果

表示順:
店主の川口さんは伊東や沼津など近くの市場へ毎朝のように仕入れに回る。今日は小ぶりのイサキを箱一杯仕入れ、手間を惜しまずさばいて刺身にするという。
前回は北海道の大地を走り抜けたザ・ロイヤルエクスプレス(以下ロイヤルEXP)の走行と、公開のときに撮影した車内を見ていただきました。 今回は2018年に行われた試乗会の様子です。 実際に旅をして、豪華な食事を出していただきました。
東京で生まれ育った店主の増田さんが、親類のいた熱海で店を構えたのは23歳のとき。進駐軍仕込みのメニューや、当時まだ珍しかったサイフォンのコーヒー、ジャズを流す喫茶店には、三島由紀夫や谷崎潤一郎など文人がよく集まった。
近くの海で獲れる魚介や旬の野菜を生かした、熱海ならではのフレンチ。シェフの福本さんは静岡県三島の調理師学校で長年講師を務めたキャリアの持ち主。
店頭の焙煎機で自家焙煎された、オススメのコーヒー豆が壁際に10種類ほど。極力環境にやさしい栽培で、丁寧に収穫された豆を、肩肘張らずに扱っている。
半年ほど前からは月イチのペースで静岡県へ通っている。そして、浜松市へ行ったときに、ときどき立ち寄らせてもらっているうなぎの店がある。 その店は、私の中では名古屋で食べたうなぎも含めて、間違いなく三本の指に入る名店中の名店。それが今回紹介する浜松市北区にある『鰻処 うな正』だ……。
浜名湖産天然うなぎから、共水うなぎに変えたのは約14年前。「力強い旨みが衝撃的で、タレに三河のたまり醤油を足すことにしたくらいです」と店主の伊藤正樹さん。
創業51年の『うなぎ大嶋』二代目店主、大嶋茂樹さんが共水うなぎに惚れ込んだのは15年前。天然うなぎを超える上品な脂と甘い香りに「これだ」と感動し、共水うなぎが持つ旨みを堪能してほしいと、それまで出していなかった白焼きをメニューに加えたそう。
全室オーシャンビューの客室で、正面に伊豆大島を臨む絶景が広がる。露天風呂の眺めも素晴らしく、毎分100ℓという湯量を誇る、美肌の湯がかけ流されている。
 富士箱根伊豆国立公園内に位置する「天城荘」。落差30m、伊豆最大級の大滝が敷地内にあり、この滝を間近に見る混浴露天「河原の湯」が名物の宿だ。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt