MENU
カテゴリから絞り込む
すべての記事
おいしくて、ためになる食のニュースサイト

「 草加グルメ 」 の検索結果

表示順:
せんべいを生地から手がける店は、今では数えるほど少なくなったが、ここは当たり前に手作りしている。およそ100年前の創業当時、こちらが生地屋から始まったと聞けばそれも納得だ。
昭和7年に生地卸として創業。戦後に自社で焼くようになり、現在も生地作りから一貫生産している。米は山形産はえぬきと栃木産コシヒカリを使用。
草加市内の他に川口や銀座にも店舗を構える『山香煎餅本舗』が作った、せんべいのテーマパーク。気軽に手焼き体験ができ、自作の焼きたてを味わうことができる。
米農家が「上質な米を使って本当に旨いせんべいを作りたい」と昭和36年に創業。埼玉県産の米にこだわり、契約農家から玄米で仕入れ、生地から作っている。
「うちのおせんべいはクセがなくて食べやすいの」と店主の池澤さんはにっこり。シンプルな醤油に加えて、にんにく、胡椒、唐辛子などタネものが得意分野だ。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt