MENU
覆面調査で見つけた本当に旨い店が載る「元気が出る食の情報誌」

本誌紹介(最新号)

  • 東京 小さな繁盛店
  • 焼鳥新時代
  • いま食べたい、チーズケーキ

湯島グルメ

湯島グルメのグルメ記事一覧

表示順:
創業は戦後間もなく。料亭からはじまり40年ほど前から、関西風うどんすきを出しはじめた。色とりどりの具材は、鶏肉、ハマグリ、湯葉、練り物、野菜など約20種類。
唐辛子9種類、香辛料9種類を使って作られる香り豊かなラー油。香りが飛ばないように毎日挽かれる花椒の痺れ。
新潟の地酒や郷土料理がずらりと揃う、まさしく新潟酒場。しかもその郷土料理のラインナップを眺めるに、佐渡沖いかの黒造りやら、村上の鮭びたしやら……これはもう呑むしかないものばかり。
店主の和田さんをはじめ、厨房に立つのは、和食出身の料理人達。そのため、和の一品を盛り込んだコース料理こそ、店の真価を発揮するのだ。
八戸出身の店主・蔦林さん親子は言わば青森の宣伝隊。生産者が真面目に作っている本物の食材を知ってほしいと故郷の味をココ東京で独自に広めてるのだから。
目の前で揚げる本格天ぷら、そして手の込んだ和食、その両方が同時に楽しめるバル……気になるでしょ?その注目の一軒がココ。
湯島『十八割蕎麦』|湯島天満宮を訪れたなら、同店を素通りできっこない。合格そばに開運そばと、縁起物尽くし。
居酒屋ではないし、割烹とも違う。「板前は置かないし、ひとりなので大層なことはできない。小料理屋ですね」とは店主の二川さん。
駅近なのに隠れ家風の一軒家。きれいで居心地よく、お値段も超良心的。
湯島『熟成うなぎとにほんの料理 和灯ろ』|うなぎのたれは確かに旨い。でも同時にうなぎ自体の旨さももっと味わってもらえないか―そこで店主の白幡宜洋さんが試行錯誤して生み出したのが熟成うなぎ。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt