MENU
カテゴリから絞り込む
すべての記事
おとなの週末 オリジナルコンテンツ
まとめ記事
お取り寄せ
本誌紹介
ラーメン・つけ麺
カレー
ステーキ・ハンバーグ
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
そば・うどん
和食
鍋料理(すき焼き・しゃぶしゃぶ)
洋食・西洋料理
ニュース
中華料理
アジア・エスニック料理
居酒屋・ダイニングバー
バル・バー
カフェ・喫茶店・スイーツ
テイクアウト・手土産
弁当
ファーストフード
おいしくて、ためになる食のニュースサイト
【閉店】京橋で獺祭|獺祭Bar 23(バー/京橋)

【閉店】京橋で獺祭|獺祭Bar 23(バー/京橋)

京橋エリアの獺祭バー「獺祭Bar 23」のグルメ取材記事とおすすめメニューの写真。すべてが純米大吟醸。二割三分という精米歩合から、華やかな香りと濃密な含み香、爽やかなあと口を生んで、世界にも評価される「獺祭」。

perm_media 《画像ギャラリー》【閉店】京橋で獺祭|獺祭Bar 23(バー/京橋)の画像をチェック! navigate_next

【閉店】獺祭Bar 23(最寄駅:京橋駅)

絶好コンディションで細やかな磨きの違いまで味わいたい

入手困難なものも多い、そのラインナップが揃う直営店に併設したバーだ。ポイントはコンディションのよさ。繊細な味わいなればこそ、提供温度も最適な状態で出されたときにその違いがよくわかる。三種や五種のお試しで磨きによる違いも実感しながら味わうのが楽しい。料理は料亭『青柳』の小山裕久氏がプロデュースする『婆娑羅』からのもので、軽いおつまみから和牛まで、獺祭のきれいな酒質と見事にリンク。少し贅沢な時間を過ごしたい。

お試し三種
2100円

左から磨き二割三分、磨き三割九分、純米大吟醸(五割)

銀杏コロッケ
1000円

新銀杏を潰して丸めたコロッケ。味わいが濃い

ムール貝の獺祭蒸し
1200円

身のしまったモン・サン・ミッシェルのムール貝。

オッターフェスト
900円

オッターフェストはここだけで飲める人気のスパークリングだ

お店からの一言

ストアスタッフ 瀧本耕介さん

「お好きな獺祭とぜひ出合ってください」

【閉店】獺祭Bar 23

[住所]東京都中央区京橋3-1-1 東京スクエアガーデン地下1階 [TEL]03-5542-1623 [営業時間]11時~14時、16時~23時LO ※ランチタイム有 [休日]日・祝 [席]カウンター9席、テーブル7席 計16席/予約不可/全席禁煙/カード可/サなし、バーチャージ1000円別 [交通アクセス]地下鉄銀座線京橋駅3番出口から直結

電話番号 03-5542-1623
2017年11月号発売時点の情報です。
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
このグルメ記事のライター
関連記事
コロナ禍のステイホームで、家で食事をする時間が増えましたね。ですが、マンネリになりがち。そして晩酌のお酒も……。そこで日本人には馴染みが薄い「シェリー」に注目。それに合うタパス(スペイン風つまみ)を「カルディ」の商品を使って考えてみました。
ジャパニーズモルトをメインに据えたバーだ。店主・高橋さんが国産にこだわる理由は至ってシンプル。ここが日本だからだ。
この店に行くと決めれば、普段よりもちょっとだけおしゃれをしようと思う。キッチン一体型のカウンター席に座ると、センスのいいBGMに混じって食材を切る音、炒める音が心地よく響いてくる。
店主・谷嶋さんは早大理工学部から大学院に進んで高分子化学を修め、化粧品会社の研究所に勤めた後、ウイスキー愛が高じてバーを開いた異色のバーテンダー。そんな香りのプロが日本ウイスキーの最高峰として推すのが「サントリーウイスキー 響21年」だ。
ウイスキーの新しい可能性を探るカクテル、“ウイスクテイル”を広めているのが、店主の静谷さん。日本に9人しかいないマスター・オブ・ウイスキーのひとりだ。
最新記事
「また食べたいと思ってもらえるものを。何度口にしても感動してもらえる味を」。そのためにフランス人シェフのサントスさんが徹底しているのが改良を重ねて作り上げたレシピと、全工程へのこだわりだ。
大手メーカーと違い、各ブルワリーの個性溢れるクラフトビール。飲んでみたいけど、ちょっと高い。では、何を飲めばいいのか? 本誌飲み比べ隊がスーパーやコンビニで買えるビールを薄張りグラスで都度洗浄して試飲しました!
みなさんは“チャーラー”をご存じでしょうか。チャーハンとラーメンのセットの略語なのです。愛知で親しまれるこのセットメニューを愛してやまない現地在住のライター・永谷正樹が、地元はもちろん、全国各地で出合ったチャーラーをご紹介します!
築約70年の木造日本家屋で営業を続けるお好み焼き屋。芸人で染太郎の妻・崎本はるが、戦争で染太郎を亡くしたあとに始めたお店で、屋号は後から付けたもの。
リモートワークで毎朝通勤しなくていいのはうれしいけれど、どうも気持ちが仕事モードに切り替わらない。そんな時は甘いものを食べて脳に糖分を注入! 実際に食べて美味しかった朝スイーツをご紹介します。
get_app
ダウンロードする
キャンセル