MENU
カテゴリから絞り込む
すべての記事
おとなの週末 オリジナルコンテンツ
まとめ記事
お取り寄せ
本誌紹介
ラーメン・つけ麺
カレー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
和食
鍋料理(すき焼き・しゃぶしゃぶ)
ニュース
中華料理
洋食・西洋料理
アジア・エスニック料理
居酒屋・ダイニングバー
バル・バー
カフェ・喫茶店・スイーツ
テイクアウト・手土産
弁当
ファーストフード
おいしくて、ためになる食のニュースサイト
くず餅に含まれる乳酸菌のスイーツ⁉ 老舗・船橋屋の新業態が攻めてる

くず餅に含まれる乳酸菌のスイーツ⁉ 老舗・船橋屋の新業態が攻めてる

1805年創業の『船橋屋』の新業態『BE:SIDE』が、2021年3月19日(金)表参道にオープン。看板商品の「元祖くず餅」に含まれる乳酸菌による効果が評判を呼んでおり、その「くず餅乳酸菌(R)」を使ったスイーツが目玉だ。発酵食品大好きライター・市村が早速伺った。

perm_media 《画像ギャラリー》くず餅に含まれる乳酸菌のスイーツ⁉ 老舗・船橋屋の新業態が攻めてるの画像をチェック! navigate_next

攻める老舗・船橋屋の新業態は2業態

菅原道真公を祀る「亀戸天神」(東京都江東区)のほど近くに本店を置く『船橋屋』。

看板商品の「元祖くず餅」は、小麦粉からグルテンを抜いたでんぷん質を木の槽で450日間発酵・熟成という、江戸時代から続く伝統製法で作られている。

同じ総武線沿線である小岩出身の私にとっては、黒蜜ときな粉がたっぷりとかかった「くず餅」は、子どもの頃からの馴染みの和菓子。葛粉を使った関西の葛餅を初めて食べたとき、「知ってたのと全然違う!」とびっくりしたものだ。

和菓子唯一の発酵食品である「くず餅」。独特の弾力と歯応えが魅力だ。
自然のままの作りたてで保存料等未使用なので、消費期限は2日間

さて、その『船橋屋』だが、くず餅の発酵槽から独自の「くず餅乳酸菌(R)」を発見。近年、この「くず餅乳酸菌(R)」入りのかき氷やスイーツなどを展開しており、“攻めてるなぁ!”と思っていたのだ。攻めているから老舗になれるのか、老舗だからこそ攻めるのか。

その攻めの姿勢が凝縮されたお店が、今回ご紹介する『BE:SIDE』だ。

「くず餅乳酸菌(R)」を使ったスイーツをいただける「SWEETS:SIDE」と、天然由来の保湿成分である、くず餅乳酸菌発酵液を使った化粧水を使用し、脳疲労の解消サポートを行う「TREATMENT:SIDE」の2業態を展開。

保湿! 脳疲労⁉ と、いろいろ疲れは感じざるを得ない年頃だし時流ではあるが、ここは「おと週」らしく、スイーツで体の中から癒やされに行こう。

「くず餅乳酸菌(R)」を使ったオリジナルスイーツ

本店の趣ある風情も素晴らしいが、『BE:SIDE』の洗練されている上に温かみのある雰囲気も素敵

「SWEETS:SIDE」でいただけるのは、「くず餅乳酸菌(R)」を使ったオリジナルスイーツやドリンク

ぜひ味わっていただきたいのは、「みずくずもち」。看板商品の「くず餅」と同じ原料に「くず餅乳酸菌(R)」とオリゴ糖を合わせてプルプルに仕上げたものだ。

唇と喉が喜ぶような、つるんつるんの柔らかさ。通常の「くず餅」のもちもちさも魅力だけど、まるで上質なわらび餅のようなこの食感と舌触りの気持ちよさは、やみつきになりそう。

みずくずもち(ドリンク付・1250円)。「くず餅乳酸菌(R)」とオリゴ糖という、お腹にやさしいコンビネーション

「焙じ茶のおしるこ」は、「みずくずもち」を浮身にした冷たいおしるこで、これからの季節にぴったり。

焙じ茶のおしるこ(ドリンク付・1250円)。ほうじ茶スイーツ好きはもちろん、そうでない方にもぜひ試してほしい。
コーヒーは、ここと船橋屋コレド室町店限定の「くず餅専用珈琲」(単品600円)

甘さ控えめの北海道産小豆は粒が残っており、豆の味がしっかりと感じられる。そこにとろみをつけた焙じ茶を注いでいるのだが、香り高さがたまらない。

ちょっと塩気のあるローストピーカンナッツの香りと食感を挟みながらいただくと、匙が止まらない美味しさだ。なお、直前に点てた抹茶を注ぐ「抹茶のおしるこ」もある。

抹茶のおしるこ(ドリンク付・1250円)

「くず餅乳酸菌(R)」を使ったオリジナルドリンク

「飲むくず餅乳酸菌」(600円)は、2020年にヒットした『船橋屋』のオリジナルドリンク。

原材料はお米とお水と乳酸菌を合わせたシンプルなもので、乳酸菌ならではの酸味のある香りが体に良さそう! と、思わず胸キュン。口に含むとほんのり甘酸っぱくやさしい味わいで、これは朝やお風呂上がりにグイッといきたいやーつ。むむ、この味だったら米焼酎と割っても美味しいかも。

この「飲むくず餅乳酸菌」を使ったスムージー(各880円)が、これまたユニーク。

「黒蜜きな粉スムージー」や「バナナカカオスムージー」などと並んで、「味醂Berryスムージー」や「甘酒Gingerスムージー」など、どんなの⁉と気になりまくるラインナップ。中でもいちばん味の想像がつかなかった「お抹茶Limeスムージー」をオーダー。

お抹茶Limeスムージー。爽やかさ、甘酸っぱさ、抹茶の香りと様々な味わいが次々に押し寄せる

登場したのは、いかにも体に良さそうな色合いをした抹茶ドリンク。

ひと口いただくとまず口中を満たすのは、見た目の予想を裏切るライムの爽やかさ。それが去ると抹茶の香りと苦みがふわっとやってくる、これまで体験したことのない不思議な美味しさ。セイヨウニワトコという、いわゆるエルダーフラワーも入っており、華やかさも感じられる、元パティシエが開発したという意欲作だ。

和と洋を融合した新しい味わいで、上記の「味醂Berry」や「オーガニックカカオ」など、いろいろ試したくなるはず。
あ、もちろん、定番の「くず餅」(ドリンク付・1250円)もいただけるのでご安心を。

なお、ドリンクのほとんどはテイクアウトできるし、「くず餅」(450円〜)や「飲むくず餅乳酸菌」(375円〜)、くず餅と人気を二分するあんみつ(480円〜)なども販売している。

ちなみにこの翌日、とてもスッキリとしたような。普段から発酵食品は積極的に摂取しているけれど、違う菌が入ってきて腸が活性化されたのかしら。

元気がほしいときやリフレッシュしたいとき、江戸時代から生き続ける日本古来の植物性乳酸菌「くず餅乳酸菌(R)」でパワーチャージするのはいかがだろう。

■BE:SIDE 表参道店(SWEET SIDE)
[住所]東京都渋谷区神宮前3-14−6
[電話]03-6432-9323
[営業時間]11時〜18時(17時LO)
[交通]東京メトロ表参道駅A2出口から徒歩7分
https://www.beside-natural.com/

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
このグルメ記事のライター
市村幸妙

なんでも美味しくいただくのが信条だが、野菜・果物、メンチカツ、サバ、老舗の味、食べ比べが特に好物。発酵食品も大好きで味噌や塩麹などは自家製。麺類は熟考を重ねた結果、“うどん最強説”を唱えている。でも東京出身なので、蕎麦も捨てがたいと揺れ動きつつ。アルコール耐性が低くなってきたことが密かな悩み。落語家の夫と15歳のミニチュアダックスフンドと、日々のんきに暮らす。

関連記事
ドイツの年末の風物詩が横浜で楽しめます。クリスマスまであと1カ月。恒例行事となった横浜赤レンガ倉庫のクリスマスマーケット『Christmas Market in 横浜赤レンガ倉庫』(11月26日~12月25日)が始まります。12回目となる2021年は「ギフト」をテーマとして、日本初上陸のグッズ販売に加えスノードームの手作り体験やファーストクラスの機内食の出店など、普段はなかなか体験できない、思い出に残るスペシャルな催しが盛りだくさんです。
みなさん、宮崎駿監督の劇場長編アニメデビュー作『ルパン三世 カリオストロの城』(1979年)で、ルパンと次元が奪い合うように食べたミートボールスパゲティを覚えているでしょうか? あの食べてみたい憧れのアニメめしNo.1が、東京都内でも珍しいミートボール専門店で、11月末までの期間限定でいただけるんです! さらに『天空の城ラピュタ』(1986年)のメニューも発見!!
街がクリスマスムードになりつつある中、東京・表参道ヒルズで本日11月11日から「OMOTESANDO HILLS CHRISTMAS 2021」がスタート(12月25日<パフェは26日>まで)。クリスマスイルミネーションが飾られます。そして、期間限定で「ご褒美パフェ」を8店舗で展開。その中から気になる3品を食べてきました。
なにかと暗いこのご時世こそ、陽気なフィリピンスイーツで乗り切ろう! 南国の明るい気分を味わえるピッタリのキャンペーンが、東京・六本木の『ハードロックカフェ東京』と『トニーローマ 六本木店』で2021年11月6日から始まりました。フィリピン観光省のタイアップによるコラボデザートが年末まで楽しめるのです!
江戸時代後期の画家・鈴木其一(きいつ)は、今もなお多くの人々を惹きつけてやまない異色作『夏秋渓流図屏風』をいかにして描き出したのか。その秘密に迫る特別展「鈴木其一・夏秋渓流図屏風」が、文化の日の11月3日から12月19日まで、東京・南青山の根津美術館で開催されています。江戸琳派の異才と、その唯一無二の代表作の魅力に迫る注目の展覧会です。
最新記事
1985年、名バーテンダー高橋弘行さんが開業した九州きっての名門バー。鹿児島の旬の柑橘やフルーツを使ったカクテルが人気で、嘉之助蒸溜所のニューボーンも様々な飲み方を提案する。
美味しいのに、単体だと不思議と軽視されがちな気がするワンタン。なんだか妙にいじらしいその味わいを求め、街を徘徊してみました。
代表兼ソムリエの岡田壮右さんは、オーストリアのワイン大使の肩書を持つスペシャリスト。その実力は、ワインと鮨の著書も手掛けるほど。
『おとなの週末Web』では、グルメ情報をはじめ、旅や文化など週末や休日をより楽しんでいただけるようなコンテンツも発信しています。国内外のアーティスト2000人以上にインタビューした音楽評論家の岩田由記夫さんが、とっておきの秘話を交えて、昭和・平成・令和の「音楽の達人たち」の実像に迫ります。細野晴臣の第2回も、「YMO以前」の状況がつづられます。美術家・横尾忠則の要望で、オール・キーボードのアルバムを制作することになり……。
ドイツの年末の風物詩が横浜で楽しめます。クリスマスまであと1カ月。恒例行事となった横浜赤レンガ倉庫のクリスマスマーケット『Christmas Market in 横浜赤レンガ倉庫』(11月26日~12月25日)が始まります。12回目となる2021年は「ギフト」をテーマとして、日本初上陸のグッズ販売に加えスノードームの手作り体験やファーストクラスの機内食の出店など、普段はなかなか体験できない、思い出に残るスペシャルな催しが盛りだくさんです。
get_app
ダウンロードする
キャンセル