MENU
カテゴリから絞り込む
すべての記事
おとなの週末 オリジナルコンテンツ
まとめ記事
お取り寄せ
本誌紹介
ラーメン・つけ麺
カレー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
和食
鍋料理(すき焼き・しゃぶしゃぶ)
ニュース
中華料理
洋食・西洋料理
アジア・エスニック料理
居酒屋・ダイニングバー
バル・バー
カフェ・喫茶店・スイーツ
テイクアウト・手土産
弁当
ファーストフード
おいしくて、ためになる食のニュースサイト
欧風カレー ソレイユ(カレー/半蔵門)|3種のダシで作るコク深い欧風カレー

欧風カレー ソレイユ(カレー/半蔵門)|3種のダシで作るコク深い欧風カレー

上品かつ洗練された本格欧風カレーが「欧風カレー ソレイユ 」の看板メニュー。ベースとなるカレーソースの味を決めるのは3種類のダシだ。[交]地下鉄半蔵門線半蔵門駅5番出口から徒歩3分 ※ランチタイム有

perm_media 《画像ギャラリー》欧風カレー ソレイユ(カレー/半蔵門)|3種のダシで作るコク深い欧風カレーの画像をチェック! navigate_next

欧風カレー ソレイユ(最寄駅:半蔵門駅)

 淡路島産の玉ネギを2日間煮込んだブイヨンに、仔牛の骨からとる“フォン・ド・ヴォー”と、鶏ガラをじっくり煮出した“フォン・ド・ヴォライユ”を合わせていく。ここにクミン、コリアンダー、ターメリックなど15種類のスパイスをバランスよく配合したルウと、ペースト状にした玉ネギを加えて、さらに煮込めば完成だ。バターを加えて炊き上げる香り高いライスと共に頬張れば、なめらかなソースから奥深いコクや旨み、そして豊かな甘みがあふれ出し、スパイスの香りがおだやかに立ち上ってくる。

 下茹でしてからカレーソースの中で10時間かけてじっくり火を通した、とろけるような舌触りの牛タンをのせた、1日限定5食の「牛タンカレー」が特にオススメだ。

牛タンカレー温野菜添え
1800円

牛タンはとろけるような舌触りの柔らかなタン元と、濃厚なコクのタン先の両方をのせ、味わいの違いを愉しめる。リッチなバターライスや、カレーソースとの調和も見事で完成度の高い逸品だ

ドライカレー
1200円(昼は1100円) 温泉玉子トッピング+100円

スパイスで炒めた合挽き肉に、リンゴやレーズンを加えてほのかな甘みをプラス。ご飯の周囲を彩るカレーと、キーマの2種類をひと皿で味わえるのも魅力的。オススメのトッピングは温泉玉子で、さらなるコクをアップ

帆立カレー
1200円(昼は1100円)

刺身用の鮮度抜群のホタテを使用。中心はレア感を残しつつ軽くソテーすることで、素材の甘みを引き出しカレーの風味にもひけをとらない存在感だ

 [その他のメニュー]
ビーフカレー1200円(昼は1100円)、チキンカレー1100円(昼は980円)、シーフードミックスカレー1300円(昼は1200円)、チーズカレー1100円(昼は980円)、野菜カレー1100円(昼は980円)など

欧風カレー ソレイユ

[住所]東京都千代田区二番町11-20 グンショウ二番町ビル 1階 [TEL]03-6261-0184 
[営業時間]11時半〜15時(14時半LO)、17時半〜22時(21時半LO) 
[休日]日・祝 
[席]カウンター4席、テーブル2席×6卓、4席×2卓 計24席/昼は全席禁煙、夜は禁煙席なし/カード可/夜のみ予約可/サなし 
[交通アクセス]地下鉄半蔵門線半蔵門駅5番出口から徒歩3分 ※ランチタイム有

電話番号 03-6261-0184
2016年8月号発売時点の情報です。
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
このグルメ記事のライター
関連記事
下北沢を、いや東京を代表するカレー専門店。人気のチキン、エビをはじめ、ここのカレーは素材の旨みがしっかり感じられるものばかりで、とにかく旨い。
野菜や豚骨などのスープを煮込んで作るスパイスカレー。辛さが選べ、激辛好きの聖地としても有名だ。
大阪でのブレイクをきっかけに東京でも広まったスパイスカレー。小麦粉不使用が基本であるものの、これといった決まりがないと言います。フリーダムな顔ぶれの中でも美味なる一杯をカテゴリ分けしてお届け!
カレーライスは専門店だけにあらず。喫茶店にも、蕎麦屋にも、店によってはラーメン屋でも、美味しいひと皿があります。しかも、メインメニューに負けない存在感を発揮しているのです。そんな、カレー“も”美味しい店をご紹介します。
日本で独自の進化を遂げて、愛されてきた「カレー」。その進化は様々で、日本で生まれた「蕎麦」と融合したり、中国で生まれた「チャーハン」と手を結んだり。それぞれを存分に楽しめる店をご紹介します。
最新記事
20年前、私はひたすら世界を旅をしていました。南米から中米の旅を終えて、メキシコから国境を越え、いよいよ自由の国アメリカへ。テキサス州ヒューストンまでの夜行バスと図書館で遭遇した驚きのルールをご紹介します。
ハワイ名物から、オリジナルフードまで味わえるレストラン「ザ・アイランド」 1号店が12月2日、東京・銀座にオープンしました。現地定番の味や創意工夫を凝らしたメニューはもちろんのこと、ホテルのロビーのような洗練された店内も大きな魅力です。ゆったりとした時間が流れる優雅な空間で料理をいただけば、慌ただしい師走にあっても、南国ハワイにいるような自分だけのくつろいだ時間を送ることができるでしょう。
マレー半島を旅しているような気分にどっぷり浸れる店だ。数年前、酷暑のクアラルンプールを歩き、汗だくになりながら有名な肉骨茶専門店を訪ねたことがある。
串焼きされた状態で提供されることの多い焼きとん。が、焼肉のように自分で焼いて楽しませる店も。職人の匠の味には及ばないかもしれないが、火を囲み、好みの焼き加減に仕上げるのは、魅惑の食時間なのだ。
コロナ騒動から始まった2021年は、全国に広がる緊急事態宣言やワクチン接種の開始、東京オリンピック・パラリンピック開催に自民党総裁交代など、1年を通じてどこか落ち着きがなかったかも。そんな2021年を締めくくる12月は、「整える」エネルギーを持つ四緑木星が司る。さあ、心も体も環境もすべて整えて、2022年を迎えよう!
get_app
ダウンロードする
キャンセル