MENU
カテゴリから絞り込む
すべての記事
おとなの週末 オリジナルコンテンツ
まとめ記事
お取り寄せ
本誌紹介
ラーメン・つけ麺
カレー
ステーキ・ハンバーグ
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
そば・うどん
和食
鍋料理(すき焼き・しゃぶしゃぶ)
洋食・西洋料理
ニュース
中華料理
アジア・エスニック料理
居酒屋・ダイニングバー
バル・バー
カフェ・喫茶店・スイーツ
テイクアウト・手土産
弁当
ファーストフード
おいしくて、ためになる食のニュースサイト
ふんだりけ(カレー/上石神井)|巧みなスパイス使いの香り高いインドカレー

ふんだりけ(カレー/上石神井)|巧みなスパイス使いの香り高いインドカレー

「ふんだりけ」は住宅街でひっそりと営むインド料理店。店主の西 無学さんは元僧侶という一風変わった経歴を持つ。約10年間、有名店で腕を磨いてから独立。確かな食材を使用し、手間ひまかけて作られるカレーは、あっさりとした南インドの味が中心だ。[交]西武新宿線上石神井駅北口から徒歩7分 ※ランチタイム有

perm_media 《画像ギャラリー》ふんだりけ(カレー/上石神井)|巧みなスパイス使いの香り高いインドカレーの画像をチェック! navigate_next

ふんだりけ(最寄駅:上石神井駅)

それぞれの食材に適したスパイスを惜しみなく使用し、奥深くもエッジのたった香りや味を表現している。いちばん人気のカレーが写真の「ムルギーカリー」。骨付きの若鶏のモモ肉をまるごと煮込むことで、骨から出る旨みがカレーにさらなるコクをプラス。最後に加えるガラムマサラの香りが爽やかに鼻腔を包み込む。どのカレーにも自家製のライタ(ヨーグルトのサラダ)とアチャール(漬け物)を添えており、カレーをご飯にかけてから、これらをよく混ぜ合わせて食す、南インドそのままのスタイルを提案している。また、6月末には西荻窪に2号店をオープンしたばかり。

ムルギーカリー
1380円

ムルギーとは鶏肉のこと。煮込んでから余熱で火を通したモモ肉は、身が骨からすんなりとはずれる柔らかさ。この日は豆のカレーも添えられていた。カトゥーリー(カップ)に入っているのは、鶏肉を煮込んだソースとアチャール、ライタ。農家から届く米はハリとコシがあり、カレーによく合う(平日のランチは1080円)

ダールゴーシュ
1380円

ムング豆のカレーとマトンカレーのセット。2種類のカレーをよく混ぜ合わせることで、スパイスの香りと辛さが際立つマトンカレーを、豆の甘みが優しく包み込んでくれる

[その他のメニュー]
マトン1400円、サグマトン1520円、シュリンプマサラ1620円、サンバル920円、マッカーニーパニール920円、マトンビリヤニ1400円、サンバルライス920円、ラサムライス860円、ラサムスープ200円など

ふんだりけ

東京都練馬区上石神井4-10-19 ☎03-6315-1387 [営]11時半~17時半頃、日•水は11時半~15時頃 [休]不定休 [席]2席×4卓、4席×2卓 計16席/全席禁煙/カード不可/予約不可/サなし [交]西武新宿線上石神井駅北口から徒歩7分 ※ランチタイム有

電話番号 03-6315-1387
2016年8月号発売時点の情報です。
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
このグルメ記事のライター
関連記事
南インド料理の人気店『ダクシン』のビリヤニはチェティナード風。チェティナードとは南インドの地方名で、リゾート地として知られる。
カレーの要であるスパイスをまとったご飯「ビリヤニ」は、スパイスカレーとはまた別次元の旨々メニュー! しかも最近、じわじわとファンが増殖中。注目&食べどきの、スパイスフード界のキラーメニューなのです!
巣ごもりの食生活で何かと便利なのがレトルト食品。中でも食べた満足感が特に高いのがカレーではないでしょうか。スーパーには多くの商品が並んでいますが、『おとなの週末』ではちょっとリッチな「無印良品」推し! 41種類から選んだ人気3品+1はコレだ。
ダシを使うことが多い大阪のスパイスカレー。だがこちらはあくまで現地の味にこだわる。
メニューの大半が南インド・ケララ州の料理というこちらの看板は、もちろんカレー。皿に副菜がのった「ミールス」で提供される。
最新記事
昔懐かしいサンプルケースや、歴史を感じる窓の木枠が、ザ・洋食屋らしい佇まい。昭和11年から守り続けるきちんとした仕事は、ポークカツレツの端正な姿を見れば一目瞭然。
思うように野菜を摂れない(摂らない)状況が続くと、手が震えてくる野菜大好きライターの市村です。プロフェッショナルたちにお伺いして、身近な野菜や珍しい野菜の美味しさや魅力をお伝えする本記事。レタスの続編です!
昨年末にオープンしたばかりのお店。春の新作のこちらは、クリームチーズのムースをベースにしたタルトに季節のフルーツと色鮮やかなゼリーを重ねたもの。
コロナ禍でなかなか温泉にも行けない状況です。せめて、記事の中だけでも行った気分になりませんか? 本誌で料理写真を撮影しているカメラマン・鵜澤昭彦氏による温泉コラム。温泉好きに馴染み深い3つの格言にあてはまらない会津若松の極上の温泉宿をご紹介します。
みなさま、野菜食べてますか? 本誌の調査内容によって、思うように野菜を摂れない(摂らない)状況が続くと、手が震えてくる野菜大好きライターの市村です。プロフェッショナルたちにお伺いして、身近な野菜や珍しい野菜の美味しさや魅力をお伝えします。今回は「萵苣」!
get_app
ダウンロードする
キャンセル