MENU
カテゴリから絞り込む
すべての記事
おとなの週末 オリジナルコンテンツ
まとめ記事
お取り寄せ
本誌紹介
ラーメン・つけ麺
カレー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
和食
鍋料理(すき焼き・しゃぶしゃぶ)
ニュース
中華料理
洋食・西洋料理
アジア・エスニック料理
居酒屋・ダイニングバー
バル・バー
カフェ・喫茶店・スイーツ
テイクアウト・手土産
弁当
ファーストフード
おいしくて、ためになる食のニュースサイト
ふんだりけ(カレー/上石神井)|巧みなスパイス使いの香り高いインドカレー

ふんだりけ(カレー/上石神井)|巧みなスパイス使いの香り高いインドカレー

「ふんだりけ」は住宅街でひっそりと営むインド料理店。店主の西 無学さんは元僧侶という一風変わった経歴を持つ。約10年間、有名店で腕を磨いてから独立。確かな食材を使用し、手間ひまかけて作られるカレーは、あっさりとした南インドの味が中心だ。[交]西武新宿線上石神井駅北口から徒歩7分 ※ランチタイム有

perm_media 《画像ギャラリー》ふんだりけ(カレー/上石神井)|巧みなスパイス使いの香り高いインドカレーの画像をチェック! navigate_next

ふんだりけ(最寄駅:上石神井駅)

それぞれの食材に適したスパイスを惜しみなく使用し、奥深くもエッジのたった香りや味を表現している。いちばん人気のカレーが写真の「ムルギーカリー」。骨付きの若鶏のモモ肉をまるごと煮込むことで、骨から出る旨みがカレーにさらなるコクをプラス。最後に加えるガラムマサラの香りが爽やかに鼻腔を包み込む。どのカレーにも自家製のライタ(ヨーグルトのサラダ)とアチャール(漬け物)を添えており、カレーをご飯にかけてから、これらをよく混ぜ合わせて食す、南インドそのままのスタイルを提案している。また、6月末には西荻窪に2号店をオープンしたばかり。

ムルギーカリー
1380円

ムルギーとは鶏肉のこと。煮込んでから余熱で火を通したモモ肉は、身が骨からすんなりとはずれる柔らかさ。この日は豆のカレーも添えられていた。カトゥーリー(カップ)に入っているのは、鶏肉を煮込んだソースとアチャール、ライタ。農家から届く米はハリとコシがあり、カレーによく合う(平日のランチは1080円)

ダールゴーシュ
1380円

ムング豆のカレーとマトンカレーのセット。2種類のカレーをよく混ぜ合わせることで、スパイスの香りと辛さが際立つマトンカレーを、豆の甘みが優しく包み込んでくれる

[その他のメニュー]
マトン1400円、サグマトン1520円、シュリンプマサラ1620円、サンバル920円、マッカーニーパニール920円、マトンビリヤニ1400円、サンバルライス920円、ラサムライス860円、ラサムスープ200円など

ふんだりけ

東京都練馬区上石神井4-10-19 ☎03-6315-1387 [営]11時半~17時半頃、日•水は11時半~15時頃 [休]不定休 [席]2席×4卓、4席×2卓 計16席/全席禁煙/カード不可/予約不可/サなし [交]西武新宿線上石神井駅北口から徒歩7分 ※ランチタイム有

電話番号 03-6315-1387
2016年8月号発売時点の情報です。
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
このグルメ記事のライター
関連記事
野菜や豚骨などのスープを煮込んで作るスパイスカレー。辛さが選べ、激辛好きの聖地としても有名だ。
大阪でのブレイクをきっかけに東京でも広まったスパイスカレー。小麦粉不使用が基本であるものの、これといった決まりがないと言います。フリーダムな顔ぶれの中でも美味なる一杯をカテゴリ分けしてお届け!
カレーライスは専門店だけにあらず。喫茶店にも、蕎麦屋にも、店によってはラーメン屋でも、美味しいひと皿があります。しかも、メインメニューに負けない存在感を発揮しているのです。そんな、カレー“も”美味しい店をご紹介します。
日本で独自の進化を遂げて、愛されてきた「カレー」。その進化は様々で、日本で生まれた「蕎麦」と融合したり、中国で生まれた「チャーハン」と手を結んだり。それぞれを存分に楽しめる店をご紹介します。
ダイエットにもさまざまあるが、そのひとつに糖質制限ダイエットがある。気になりつつも、ご飯やあらゆる麺類、揚げ物などが大好きなので、見て見ぬフリをしてきたのが現状。しかし、カレーチェーン店『CoCo壱番屋』に低糖質メニューがあると聞き食べてきました。
最新記事
写真のランチセットのサラダを見てほしい。つい笑みが出てしまうであろう、豪快な盛りだがこれで普通サイズ。
最近“進化系”が急増中の「サバ缶」。前回の「バターチキン風サバカレー缶」に続き、今回は明太子との夢の競演。しかも手掛けるのは、日本で初めて明太子を売り出した福岡県の老舗店。一体どんな缶詰なのか、どんな味なのか! サバジェンヌが実食レポートです。
ロシア人の祖母から母に受け注がれた、ボルシチやペリメニといった家庭の味に加え、アヒージョ、コンフィといった他国の家庭料理をアレンジした一品も提供。ワインだけでなくウォッカも10数種と充実しているので、気軽に本場の魅力を満喫できると人気を呼んでいる。
9月中旬、東京・目黒の祐天寺前にちょっと異色のフード&リカーショップがオープンした。「Longfellows TOKYO」は、大阪でオーストラリアやニュージーランドのワイン、ハードリカー、食材の輸入業を営む唄淳二(ばい・しゅんじ)さんが「自分が本当においしいと思うものを売る」食のセレクトショップだ。
インドの高級レストランで研鑽を重ねたダスさんが、2011年に開店。以来、気軽に楽しめる本格インド料理店として近隣の人に愛され続けている。
get_app
ダウンロードする
キャンセル