MENU
カテゴリから絞り込む
すべての記事
おとなの週末 オリジナルコンテンツ
まとめ記事
お取り寄せ
本誌紹介
ラーメン・つけ麺
カレー
ステーキ・ハンバーグ
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
そば・うどん
和食
鍋料理(すき焼き・しゃぶしゃぶ)
洋食・西洋料理
ニュース
中華料理
アジア・エスニック料理
居酒屋・ダイニングバー
バル・バー
カフェ・喫茶店・スイーツ
テイクアウト・手土産
弁当
ファーストフード
おいしくて、ためになる食のニュースサイト
ケージュレップ(バー/六本木)|こだわりの肉料理はウイスキーと最高の相性

ケージュレップ(バー/六本木)|こだわりの肉料理はウイスキーと最高の相性

「ケージュレップ」は六本木のなかでも比較的落ちついたエリアのビルの2階にある。旬の果物を使ったカクテルや世界各地のワインなど、アルコールの豊富さもさることながら、常連客の心を掴んで離さないのが満足度の高い肉料理の数々だ。

perm_media 《画像ギャラリー》ケージュレップ(バー/六本木)|こだわりの肉料理はウイスキーと最高の相性の画像をチェック! navigate_next

ケージュレップ(最寄駅:六本木駅)

旨みが凝縮されたこだわりの肉料理はウイスキーと最高の相性

 六本木のなかでも比較的落ちついたエリアの、ビルの2階にバー「ケージュレップ」はある。旬の果物を使ったカクテルや世界各地のワインなど、アルコールの豊富さもさることながら、常連客の心を掴んで離さないのが満足度の高い肉料理の数々だ。 なかでも「厚切りカツサンド」は、これだけを食べに訪れる人がいるほどの大人気メニュー。ふんわりとした自家製パンに挟まれているのは、厚さ3・5センチの国産豚ロース。低温でじっくり揚げたあとに一度休ませ、さらに揚げることで肉はしっとりとやわらかく、衣はカリッとした食感に。口中をすっきりとリセットしてくれる、爽やかな「グレンモーレンジィ」のソーダ割りとの相性も抜群である。 神秘的なオレンジ色の光が灯された店内は、やや暗めで心落ち着く雰囲気。腹ごしらえの1軒目にも、〆の一杯を味わう店としても使える貴重な店だ。

厚切りカツサンド
1600円

3.5cmもの厚みがありながら、簡単に噛み切れる国産豚ロースのやわらかさに驚愕。ボリュームもあるが、持ち帰り可能なので安心だ

グレンモーレンジィのソーダ割り
1200円

肉料理の盛り合わせ
3800円〜

「肉料理の盛り合わせ」は、いわて門崎丑の赤身のシンシンと程よく脂ののったイチボを使用。中心が64度になるように火を入れ、旨みを最大限に引き出している。「知多」ハーフロックと

「知多」ハーフロック
1300円

「ジョシュア・ブルックス」
1300円(ショット価格)

左から「ジョシュア・ブルックス」、「タリスカー」、「マッカラン1982年」など多数揃う

「タリスカー」
1300円(ショット価格)

「マッカラン1982年」
5000円(ショット価格)

ケージュレップ

写真:ケージュレップの店内

[住所]東京都港区六本木4-12-2 佐々木ビル2F ☎03-6804-1204 [営]18時〜翌3時 [休]日・祝(不定休) [席]カウンター6席、テーブル16席、計22席/喫煙可/予約可/カード可/チャージ1000円 [交]都営大江戸線六本木駅7番出口から徒歩2分

電話番号 03-6804-1204
2015年11月号発売時点の情報です。
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
このグルメ記事のライター
関連記事
コロナ禍のステイホームで、家で食事をする時間が増えましたね。ですが、マンネリになりがち。そして晩酌のお酒も……。そこで日本人には馴染みが薄い「シェリー」に注目。それに合うタパス(スペイン風つまみ)を「カルディ」の商品を使って考えてみました。
ジャパニーズモルトをメインに据えたバーだ。店主・高橋さんが国産にこだわる理由は至ってシンプル。ここが日本だからだ。
この店に行くと決めれば、普段よりもちょっとだけおしゃれをしようと思う。キッチン一体型のカウンター席に座ると、センスのいいBGMに混じって食材を切る音、炒める音が心地よく響いてくる。
店主・谷嶋さんは早大理工学部から大学院に進んで高分子化学を修め、化粧品会社の研究所に勤めた後、ウイスキー愛が高じてバーを開いた異色のバーテンダー。そんな香りのプロが日本ウイスキーの最高峰として推すのが「サントリーウイスキー 響21年」だ。
ウイスキーの新しい可能性を探るカクテル、“ウイスクテイル”を広めているのが、店主の静谷さん。日本に9人しかいないマスター・オブ・ウイスキーのひとりだ。
最新記事
みなさんは“チャーラー”をご存じでしょうか。チャーハンとラーメンのセットの略語なのです。愛知で親しまれるこのセットメニューを愛してやまない現地在住のライター・永谷正樹が、地元はもちろん、全国各地で出合ったチャーラーをご紹介します!
築約70年の木造日本家屋で営業を続けるお好み焼き屋。芸人で染太郎の妻・崎本はるが、戦争で染太郎を亡くしたあとに始めたお店で、屋号は後から付けたもの。
リモートワークで毎朝通勤しなくていいのはうれしいけれど、どうも気持ちが仕事モードに切り替わらない。そんな時は甘いものを食べて脳に糖分を注入! 実際に食べて美味しかった朝スイーツをご紹介します。
コロナ禍のステイホームで、家で食事をする時間が増えましたね。ですが、マンネリになりがち。そして晩酌のお酒も……。そこで日本人には馴染みが薄い「シェリー」に注目。それに合うタパス(スペイン風つまみ)を「カルディ」の商品を使って考えてみました。
持ち帰り専門の「ちよだ鮨」が手がけている立ち喰い寿司屋で、握りたての新鮮な生ウニや活貝、江戸前の各種ネタをお手頃価格で味わえる。シャリは精米したての米を使用し、店内で炊き上げている。
get_app
ダウンロードする
キャンセル