MENU
ログイン
新規登録
カテゴリから絞り込む
すべての記事
本誌紹介
お取り寄せ
まとめ記事
まとメシ オリジナルコンテンツ
居酒屋・ダイニングバー
カフェ・喫茶店・スイーツ
カレー
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
アジア・エスニック料理
中華料理
テイクアウト・手土産
バル・バー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ラーメン・つけ麺
弁当
和食
コラム
覆面取材で見つけた間違いない店だけを掲載しているグルメ専門誌『おとなの週末』
炬屋 本店|都内屈指の獺祭の品揃えを誇る。蔵元の酒造りにもたずさわる(焼き鳥/赤坂)

炬屋 本店|都内屈指の獺祭の品揃えを誇る。蔵元の酒造りにもたずさわる(焼き鳥/赤坂)

炬屋 本店 (カガリヤ)の看板料理は秋田比内地鶏の「焼鳥」。絶妙な歯応えと程良い脂身が特徴の雌のみを丸鶏で仕入れ、店でさばいて串打ちしている。高知直送の鮮魚や有機野菜を使った日替わりの料理も秀逸だ。獺祭の品揃えを誇る。定番と限定酒は19種類。[交]地下鉄千代田線赤坂駅1番出口から徒歩3分

炬屋 本店(最寄駅:赤坂駅)

都内屈指の獺祭の品揃えを誇る。定番と限定酒は19種類、普段は手に入らない貴重な非売品も扱っている。「酒造りの現場を知りたい」と、年2回ほどスタッフ8人全員が山口県の蔵元に出向き、仕込みの作業を手伝うこともあるというこだわりようだ。客が注文した料理に合わせて獺祭各種の飲み方を提案する「獺祭6種コース」(6杯6800円)は好きな人にはたまらないだろう。メニューにないが、隠れた人気の「獺祭50」の炭酸割りも頼めば作ってくれる。

秋田比内地鶏 焼鳥
1本260円~

焼き鳥には秋田比内地鶏を使う。炭火で焼いた「ねぎ間」(370円)など人気の串。「獺祭50」(1000円)に合う

ウニホーレン
1200円

ほうれん草に生ウニをのせてホイル焼きにした「ウニホーレン」と、炭火焼きの「皮付新レンコン」

チーズ味噌漬け
680円

京都の西京味噌にクリームチーズを漬けたつまみ。酒が進む

炬屋 本店

[住所]東京都港区赤坂4-3-4 アソルティー赤坂一ツ木stビル地下1階 [TEL]03-6459-1205 [営]17時半〜23時半(22時半LO)[休]日・祝 [席]カウンター8席、テーブル2席×1、4席×2卓、6席×1、計24席/禁煙席なし/カード可/予約可/サなし、お通し580円別 [交]地下鉄千代田線赤坂駅1番出口から徒歩3分

電話番号 03-6459-1205
2015年9月号発売時点の情報です。
このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
比内地鶏と名古屋コーチン。日本を代表するふたつの地鶏を澄んだ鶏スープに入れ、中火で炊くこと90秒。
都内を中心に店舗展開する「鳥元」だが、立ち飲みスペースがあるのはここだけ。電車に乗る前でも後でも、サクッと寄れる気軽さが駅直結ならではの魅力だ。
東京駅丸の内駅舎内に位置する名門ホテルの地下1階。中に入れば駅の喧噪とは無縁の世界。
最高級比内地鶏の串焼きに、銚子港から届く地魚、70種類も揃える日本酒と、店の自慢は数多い。この「鳥すき焼」もそのひとつ。
「うちのタレは、関東大震災も戦争からも逃げ延びたんです」と語る、三代目の小川右二さん。空襲の際は先代が壺ごと持ち出して守り、その後も注ぎ足しながら受け継いでいるという。
ユーグレナ(ミドリムシ)を配合した緑麺が代名詞の『麺屋 六感堂』がセカンドブランドを開業。“化学調味料を使わない体にやさしいラーメン”という本店のコンセプトは崩さず、新店舗では郷愁漂う懐かしい中華そばを提供する。
爽やかながら甘みもある日本生まれならではのバランスのよさはこれぞ洋食系の味わい!
吉祥寺の焼き鳥屋といえば『 I 』である。 吉祥寺通りの総本店、井の頭公園の入り口の公園口店は、みんな知ってるよね。 しかし実はもう一店舗あるんですよ。吉祥寺北口店が! ここは、意外に知られてないんだよね……。
いま思い出してもあの衝撃は記憶に残る……。 「なにこれ⁉ 美味い!」と思わず声を張りあげてしまったほど。 この素敵な出会いは、ディナーに誘われて迷い込んだお店で始まった。それが、内外観には草木の緑とレンガで彩られ、入った瞬間、なんとも言えない温かい空気を感じる「ONZORO.」というビストロだった。
お茶割り好きならすでにご存知であろう学芸大学の『茶割』。その新店として今年3月に登場したのが『茶割 目黒』。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt