MENU
覆面調査で見つけた本当に旨い店が載る「元気が出る食の情報誌」
炬屋 本店|都内屈指の獺祭の品揃えを誇る。蔵元の酒造りにもたずさわる(焼き鳥/赤坂)

炬屋 本店|都内屈指の獺祭の品揃えを誇る。蔵元の酒造りにもたずさわる(焼き鳥/赤坂)

炬屋 本店 (カガリヤ)の看板料理は秋田比内地鶏の「焼鳥」。絶妙な歯応えと程良い脂身が特徴の雌のみを丸鶏で仕入れ、店でさばいて串打ちしている。高知直送の鮮魚や有機野菜を使った日替わりの料理も秀逸だ。獺祭の品揃えを誇る。定番と限定酒は19種類。[交]地下鉄千代田線赤坂駅1番出口から徒歩3分

炬屋 本店(最寄駅:赤坂駅)

都内屈指の獺祭の品揃えを誇る。定番と限定酒は19種類、普段は手に入らない貴重な非売品も扱っている。「酒造りの現場を知りたい」と、年2回ほどスタッフ8人全員が山口県の蔵元に出向き、仕込みの作業を手伝うこともあるというこだわりようだ。客が注文した料理に合わせて獺祭各種の飲み方を提案する「獺祭6種コース」(6杯6800円)は好きな人にはたまらないだろう。メニューにないが、隠れた人気の「獺祭50」の炭酸割りも頼めば作ってくれる。

秋田比内地鶏 焼鳥
1本260円~

焼き鳥には秋田比内地鶏を使う。炭火で焼いた「ねぎ間」(370円)など人気の串。「獺祭50」(1000円)に合う

ウニホーレン
1200円

ほうれん草に生ウニをのせてホイル焼きにした「ウニホーレン」と、炭火焼きの「皮付新レンコン」

チーズ味噌漬け
680円

京都の西京味噌にクリームチーズを漬けたつまみ。酒が進む

炬屋 本店

[住所]東京都港区赤坂4-3-4 アソルティー赤坂一ツ木stビル地下1階 [TEL]03-6459-1205 [営]17時半〜23時半(22時半LO)[休]日・祝 [席]カウンター8席、テーブル2席×1、4席×2卓、6席×1、計24席/禁煙席なし/カード可/予約可/サなし、お通し580円別 [交]地下鉄千代田線赤坂駅1番出口から徒歩3分

電話番号 03-6459-1205
2015年9月号発売時点の情報です。
このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
最高級比内地鶏の串焼きに、銚子港から届く地魚、70種類も揃える日本酒と、店の自慢は数多い。この「鳥すき焼」もそのひとつ。
「うちのタレは、関東大震災も戦争からも逃げ延びたんです」と語る、三代目の小川右二さん。空襲の際は先代が壺ごと持ち出して守り、その後も注ぎ足しながら受け継いでいるという。
久我山にある名居酒屋『器楽亭』が昨年オープンさせた博多水炊きの専門店。鶏ガラをずんどう鍋で7~8時間かけて強火で炊いた濃厚スープを、まずはひと口。
 大将が炭火を微調整しながら焼き上げる姿に見惚れてしまった。コースでオーダーした焼鳥の「ささみ」や「砂肝」の絶妙な塩気、「もも肉」や「ねぎ巻」などはしっかりめの焼き具合で供され、熱々を頬張ればあふれ出てくる旨さに感動。
この店の真骨頂を知るならば、まずはコースを注文したい。和食で経験を積んだ店長が腕によりをかけた前菜や一品料理は、食材の滋味を引き出した繊細な味わい。
キッチングッズ屋さんで、白髪ネギカッターを発見! 料理に白髪ねぎがのっていると美味しいのになぁ~と思うけど、白髪ねぎを作るのは面倒だなぁ~って、けっきょく、やらないわたし。 たまたま、100均のダイソーでも白髪ネギカッターを見つけたので、今回は「DAISO」と「下村工業」の商品を使い比べてみました。
場所は御徒町のガード下。がらりと戸を開けると、いきなり活気ある厨房の風景が目に飛び込んでくる。
地元鎌倉の人が通う、古本屋にして立ち飲みバー。役者やバンド活動をするスタッフが日替わりで店に立ち、ホワイトボードのメニューも人により日ごと変わる。
JR天満駅から徒歩で約10分。住宅街にある和食「瑞」は、料理通なら心躍らせる食のテーマパークだ。 和食が素材にこだわるのは当然といえば当然。ええもんを、いかにひと手間加えて提供するのか、これが料理人の見せ所だ……。
店主は、千葉県で多店舗展開する『まるは』グループと蔵前の人気店『改』で修業を積んだ経歴の持ち主。「ラーメンは麺を食べるための料理だから」と、開業前から「麺は自家製麺」と決めていたという。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt