MENU
カテゴリから絞り込む
すべての記事
おとなの週末 オリジナルコンテンツ
まとめ記事
お取り寄せ
本誌紹介
ラーメン・つけ麺
カレー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
和食
鍋料理(すき焼き・しゃぶしゃぶ)
ニュース
中華料理
洋食・西洋料理
アジア・エスニック料理
居酒屋・ダイニングバー
バル・バー
カフェ・喫茶店・スイーツ
テイクアウト・手土産
弁当
ファーストフード
おいしくて、ためになる食のニュースサイト
炬屋 本店|都内屈指の獺祭の品揃えを誇る。蔵元の酒造りにもたずさわる(焼き鳥/赤坂)

炬屋 本店|都内屈指の獺祭の品揃えを誇る。蔵元の酒造りにもたずさわる(焼き鳥/赤坂)

炬屋 本店 (カガリヤ)の看板料理は秋田比内地鶏の「焼鳥」。絶妙な歯応えと程良い脂身が特徴の雌のみを丸鶏で仕入れ、店でさばいて串打ちしている。高知直送の鮮魚や有機野菜を使った日替わりの料理も秀逸だ。獺祭の品揃えを誇る。定番と限定酒は19種類。[交]地下鉄千代田線赤坂駅1番出口から徒歩3分

perm_media 《画像ギャラリー》炬屋 本店|都内屈指の獺祭の品揃えを誇る。蔵元の酒造りにもたずさわる(焼き鳥/赤坂)の画像をチェック! navigate_next

炬屋 本店(最寄駅:赤坂駅)

都内屈指の獺祭の品揃えを誇る。定番と限定酒は19種類、普段は手に入らない貴重な非売品も扱っている。「酒造りの現場を知りたい」と、年2回ほどスタッフ8人全員が山口県の蔵元に出向き、仕込みの作業を手伝うこともあるというこだわりようだ。客が注文した料理に合わせて獺祭各種の飲み方を提案する「獺祭6種コース」(6杯6800円)は好きな人にはたまらないだろう。メニューにないが、隠れた人気の「獺祭50」の炭酸割りも頼めば作ってくれる。

秋田比内地鶏 焼鳥
1本260円~

焼き鳥には秋田比内地鶏を使う。炭火で焼いた「ねぎ間」(370円)など人気の串。「獺祭50」(1000円)に合う

ウニホーレン
1200円

ほうれん草に生ウニをのせてホイル焼きにした「ウニホーレン」と、炭火焼きの「皮付新レンコン」

チーズ味噌漬け
680円

京都の西京味噌にクリームチーズを漬けたつまみ。酒が進む

炬屋 本店

[住所]東京都港区赤坂4-3-4 アソルティー赤坂一ツ木stビル地下1階 [TEL]03-6459-1205 [営]17時半〜23時半(22時半LO)[休]日・祝 [席]カウンター8席、テーブル2席×1、4席×2卓、6席×1、計24席/禁煙席なし/カード可/予約可/サなし、お通し580円別 [交]地下鉄千代田線赤坂駅1番出口から徒歩3分

電話番号 03-6459-1205
2015年9月号発売時点の情報です。
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
このグルメ記事のライター
関連記事
岩手県産みちのく鶏のみずみずしさを活かし、備長炭の遠赤効果で均等に加熱して、ジューシーに焼き上げた串が名物。肉の仕入れに強いこだわりがあり、近江牛のもつ鍋、宮崎産妻地鶏のたたきなども評判だ。
揚げたてを積んだ唐揚げの山。これぞパワフルランチ!と絶叫したくなるボリュームだ。それもこれも「界隈で働くビジネスマンはもちろん、体力勝負のガテン系の職人さんも、気取らずお腹いっぱい食べてほしい」という社長の粋な心意気ゆえ。
西日暮里にある鶏料理の名店「鳥のぶ」から独立して3年。もはや根岸を代表する居酒屋と言っていい。
有名店や老舗をはじめ、焼鳥店が山のようにある銀座でも、ここは通いたくなる店の筆頭格だ。まずはもちろん大将の熟練の技が光る串物を。
世は低糖質が花盛り。でも……、いやだからこそ、炭水化物という名の背徳の美味に、より心惹かれてしまうのだ(と思う)。
最新記事
店主・岸本香奈子さんが以前働いていたイタリアンレストランのデザートで人気だったチーズケーキ。レストラン閉店に伴い、岸本さんはこのケーキを引き継ぎたい、とこの店をオープンした。
月刊誌『おとなの週末』で好評連載中の「口福三昧(こうふくざんまい)」は、漫画家のラズウェル細木さんが、試行錯誤を繰り返しながら食を楽しむ様子を描いた漫画エッセイです。連載をまとめた単行本『ラズウェル細木の漫画エッセイ グルメ宝島 美味しい食の探検へ』(講談社ビーシー/講談社)から収録作品を公開します。ラズウェルさんの“自作解説”とともに、お楽しみください。
1977年開業のカジュアルイタリアン。一度聞いたら忘れられない店名は、オランダにある実在の地名である。
5回に渡って愛知からお伝えしてきた、この夏おすすめの極上の“冷んやり体験”。最後は、豊田市の山間部、旭地区に位置する『カントリーレストラン 渓流荘』を紹介しよう。
名古屋めしで欠かせないもののひとつといえば、きしめん。中でも暑い夏には、地元の人が“きしころ”と呼ぶ、冷やしきしめんがおすすめだ。大正12年創業。数々ある店の中でも美味しさに定評のある『宮きしめん』で味わうべく、店舗のある熱田神宮を訪れた。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
get_app
ダウンロードする
キャンセル