MENU
覆面調査で見つけた本当に旨い店が載る「元気が出る食の情報誌」

本誌紹介(最新号)

  • 東京 小さな繁盛店
  • 焼鳥新時代
  • いま食べたい、チーズケーキ
まとメシ オリジナルコンテンツ

まとメシ オリジナルコンテンツ

まとメシ記者たちによるオリジナルコンテンツ。 趣味の域を超えた、『食』に関するこだわりのアレコレをご堪能ください!

まとメシ オリジナルコンテンツのグルメ記事一覧

表示順:
吉祥寺って、ザックリいうと女子向けの街である。 まず美容室、オシャレカフェ、雑貨屋……。さらに飲食店も、とにかく年齢問わず、女子のハートをつかむことに熱心な街なのである。 しかしそんな女子マインドの街にも、男性客狙いの店もある。今回は、吉祥寺の男メシの店をご紹介だ!
汁というより、うま味といったうま味を凝縮させた濃厚カレー。この日出合った「カレー中華そば」は、まさに“衝撃的”だった。 知る人ぞ知る、恵美須町の秘境にある隠れた名店「千匹屋」にこのメニューがある。
愛知県西部にある津島市。ここで約80年にわたって地元の人々に愛されている寿司店がある。 都心の寿司店と比べて敷居が低くて入りやすいのが街場の寿司店の魅力。 それが津島神社からほど近い『末廣寿司』だ。 出前の注文も多い、町場にある昔ながらの寿司店である……。
全国にたくさんあるローカル私鉄、そのなかでもローカル指数一番!といえば銚子電鉄でしょう。 銚子駅から関東の東端の岬、犬吠埼(いぬぼうさき)の近くを通って終点の外川駅まで、全長6.4Kmの小さな路線。 決してラクではないといわれる銚子電鉄の経営難を支えているのが「おいしくて楽しいもの」……なんです。
調味料などのビンについている、樹脂キャップ。このキャップがなかなか外せないので、ゴミを捨てるときにいつも困っていたところで、ダイソーの『キャップはずし』を発見! 表示通り「スパッと外せる」なら便利やけん、さっそく使い心地を試してみたばい……。
吉祥寺のお花見シーズンに、毎年警告を出しているおっさん女子。 というのも、後を絶たないのが、井の頭公園にお花見に来てお店に入れず、路頭に迷う人々。 そこで吉祥寺に並ばずに、しかも美味しいテイクアウトができる店をご紹介しましょう!
創業約60年の寿司屋で、昔ながらの1階が店舗、2階が自宅という造り。 西成の“歴史”を見続けてきた人物でもある3代目の大将、太田恵さんが握る寿司は、西成らしく手頃な価格。 だが、ネタは新鮮。舌が肥えた常連客に加えて新しいお客が交差するように訪れる店なのだ。
今回は、東京ドームで開催されたテーブルウェアフェスティバルで見つけた、玉子1個分にちょうどうよい大きさの鍋「竹政製陶 萬古焼き 目玉焼き鍋」で、究極の目玉焼きにチャレンジ!
食後の糖の吸収を穏やかにしたり、便通を良くしたりとダイエットに良い効果がたくさんあるといわれる食物繊維。 セブンイレブンの「カラダへの想いこの手から」の対象商品には、野菜てんこ盛りで食物繊維たっぷりな商品があるので、今回は2品紹介します!
1055views 脱メタボ
最近、吉祥寺で新しい店がオープンすると、それはコンビニか、タピオカティーか、ドラッグストアである。あと飲食店はチェーン店ね……。 やっぱり「吉祥寺ならでは」っていうのがほしいよね、と思っているおっさん女子は、いい感じに勢力を拡大している『M食堂』が気になっているのである……。
1 2 3 4 最後

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt